×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

日中戦争から終戦まで戦い抜いた撃墜王「上坊良太郎」と二式戦闘機「鍾馗」(中島キ44)

祖国の栄光を担った「蒼空の武人」とその乗機 第9回


クセのある戦闘機ゆえ熟練パイロットでなければ、その性能を発揮できなかった二式(にしき)戦闘機「鍾馗(しょうき)」。ノモンハン空戦から終戦までを戦い抜いた陸軍エースパイロット上坊良太郎(じょうぼうりょうたろう)の戦技と、彼が搭乗した異能の戦闘機「鍾馗」の活躍に迫る!


 

二式戦二型乙。終戦時にフィリピンのクラーク・フィールドで撮影されたとされる機体。大直径の空冷星型エンジンであるハ109が搭載されているため機首部分が太く「頭でっかち」のシルエットを持つ。

 

 日本陸軍航空隊は、異なる三つのカテゴリーに属する戦闘機の研究と開発を開始した。時に欧米列強で新世代の戦闘機が次々と開発されていた、1937年から1938年にかけてのことである。

 

 この3機種のうちのひとつは、それまでの戦闘機の戦い方の主流だったドッグファイト(格闘戦)能力を重視した軽単座戦闘機。もうひとつは、重武装で高速のヒット・アンド・アウェー(一撃離脱戦)能力を重視した重単座戦闘機。最後が長距離双発戦闘機だ。

 

 軽単座戦闘機は、一式戦闘機「隼(はやぶさ)」として結実。続く重単座戦闘機も「隼」と同じ中島飛行機が手がけ、「隼」の「キ43」に対して一番違いの「キ44」とされ、ヒット・アンド・アウェー能力を重視したドイツのメッサーシュミットBf109など欧米列強の戦闘機事情も参考にした開発が進められた。

 

 結果、開発はやや遅れたが、増加試作機を太平洋戦争初期の実戦に投入し、得られた運用評価に基づいて、19422月に二式戦闘機「鍾馗」として採用された。ハ41空冷星型エンジンを搭載する二式戦闘機一型(キ44-I)と、ハ41を出力向上モデルのハ109へと換装し、性能が向上した二式戦闘機二型(キ44-II)に大別できる。

 

「鍾馗」は、それまでの日本製戦闘機と比べると、速度は速くなっているもののドッグファイト能力に劣り、着陸速度が速いうえに離着陸時の前方視界が悪いせいで、未熟なパイロットが着陸事故を起こすことがままあった。そしてこのような理由から、従来の機種に乗り慣れたパイロットの中には、当初、本機を敬遠する者も少なくなかったという。

 

 だが、本機に習熟したパイロットたちは、アメリカやイギリスの戦闘機が先に行うようになり、太平洋戦争中期頃からは常態化したヒット・アンド・アウェーの空戦に向いた機種として、「鍾馗」を高く評価している。

 

 とはいうものの、やはり「鍾馗」は従来の陸軍戦闘機とは戦闘機としての性格がかなり異なるため、「暴れ馬」などと呼んで未熟なパイロットを乗せるのを控えた時期もあった。

 

 なお、ヒット・アンド・アウェー向けに開発されたとはいっても、それは日本陸軍内での基準であり、外国での基準では、「鍾馗」の運動性能はかなり秀でたものと判断されていた。アメリカ軍が実施した戦後の鹵獲機(ろかくき)調査による本機の性能評価では、「第2次大戦の日本の陸海機の中で最良の迎撃戦闘機」と目されている。

 

 しかし「大東亜決戦機」と称された優秀な万能戦闘機「疾風(はやて)」が登場した結果、「鍾馗」の生産は1944年末に終了。とはいえ、残存機は終戦まで使われ続けた。なお、連合軍は本機を“Tojo”のコードネームで呼んだ。

 

 この「鍾馗」を駆って戦ったエースのひとりに、上坊良太郎がいる。1934年に滋賀県で生まれ、少年飛行兵となって訓練を受け、日中戦争で初撃墜を記録。ノモンハン事件では、ソ連機も多数撃墜した。

 

 太平洋戦争勃発後、「隼」に乗って中国方面で戦い、その後、スマトラ、シンガポール方面に転戦。「鍾馗」に乗るようになると対B-29用の空戦技を独自に編み出して戦果をあげ、口径40mmでロケット弾を連続的に発射する、ホ301自動噴進砲を左右の主翼に装備した二式戦闘機「鍾馗」二型乙改装機でのB-29撃墜も記録している。

 

 正確な記録が残されていないため確定はできないが、上坊の総撃墜機数は64機とも30機ともいわれる。

 

 終戦時の最終階級は大尉。戦後は航空自衛隊に勤務し、2012813日に96歳で逝去された。

 

KEYWORDS:

過去記事

白石 光しらいし ひかる

1969年、東京都生まれ。戦車、航空機、艦船などの兵器をはじめ、戦術、作戦に関する造詣も深い。主な著書に『図解マスター・戦車』(学研パブリック)、『真珠湾奇襲1941.12.8』(大日本絵画)など。

最新号案内

歴史人2023年2月号

徳川家康の真実

いよいよスタートする大河ドラマ「どうする家康」に合わせて、徳川家康の生涯を徹底検証!タヌキオヤジ、我慢強い、などと言われてきた家康ですが、じつは最新研究で家康の評価や人物像が大きく変わっています。本特集では、その新しい歴史や人物像もふまえて、人質時代から織田信長との同盟、本能寺の変、秀吉時代、関ケ原の戦い、征夷大将軍と秀頼、そして大坂の陣まで、ドラマチックな一生を最新バージョンにアップデートして解説していきます。大河ドラマ時代考証担当の小和田哲男氏と平山優氏の特別寄稿も掲載!知っているようで知らない現在の家康がわかる1冊です。