×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

市川團十郎家に最も近い歌舞伎の名家【松本幸四郎家】

江戸っ子が熱狂した歌舞伎役者たち【第2回】


市川團十朗家とともに現代歌舞伎界にもその名が轟いている「松本幸四郎(まつもとこうしろう)家」。初代から4代目までその芸歴と活躍を紹介する。


 

松本幸四郎

寛政6年、桐座(きりざ)の「敵討乗合話」に山谷の肴屋五郎兵衛役で登場した4代目松本幸四郎。親の敵・志賀大七を討たせる義侠の魚屋を演じた。

 

 初代松本幸四郎は、下総国小見川(千葉県香取郡)生まれ。元禄の始めに江戸に出て久松多四郎という役者の弟子になった。芸名を久松小四郎(松本小四郎ともいう)と名乗り、女方から立役(普通の男役)に転じた。敵役も引き受け「武道荒事(武芸を見せる荒武者)」にも力量を発揮し、「初代團十郎の面影がある」と絶賛されたという。この時代には、初代團十郎は伝説の役者に祭り上げられている。享保元年(1716)に、将軍家に男子が誕生し「小四郎」と命名されたことから、同じ名前をはばかって「幸四郎」と改名した。

 

ここで「松本幸四郎」が誕生したことになる。初代・幸四郎は、様々な芸風で卓越した技量を示したが、一方で江戸の芝居小屋・森田屋や市村座の座頭(一座のトップ役者)を勤め、2代團十郎と名声を分かち合うほどの名声を博した。

 

 2代目は、初代の養子として舞台に立ったが、実は2代・團十郎の隠し子であったという説もある。その説を地で行った訳でもあるまいが2代目は、3代目・幸四郎を実子・幸蔵に相続させて、自らは4代目・團十郎を襲名した。これには世間も「やはり、2代目幸四郎は團十郎(2代目)の御落胤であったか」と納得したという。この襲名を機会に、2代目・幸四郎(4代目・團十郎)は、これまでの芸風・実悪(現実にいる悪人の役柄)から「荒事」「実事(普通の常識的な男役)」などに転換した。『寺子屋(菅原伝授手習鑑)』の松王丸、さらには熊谷次郎直実(くまがいなおざね)、源頼朝(みなもとのよりとも)を狙う平家の景清などを演じて名声を得た。

 

 ところが襲名して16年後、4代目・團十郎は再び旧名の松本幸四郎に戻り、実子の3代目・幸四郎に「5代目・團十郎」を名乗らせた。さらにその2年後には、自らを3代目・海老蔵として、5年後に引退した。この幸四郎・團十郎は、江戸の木場に住んでいたことから「木場の親玉」と呼ばれ、門弟を集めて技芸研究会「木場講」を開いた。この研究会から、有名な初代・中村仲蔵の「忠臣蔵・5段目」の斧定九郎の演技に新しい工夫を凝らした演出・役柄が生まれた。

 

 3代目・幸四郎(5代目・團十郎)は、2代目の実子で、母親は2代目・團十郎の養女であった。歌舞伎評判記の芸位は「極上上大吉無類」という最高の位を極めた。人間的にも実直で穏やかな人柄から多くの人に信頼され、また文人との関わりも多く自らもいくつかの著書を残している。4代目・幸四郎は、京都生まれであったことから、松本幸四郎家に上方仕込みの和事味を持ち込み、柔らかみのある芸風を加味した。

 

 このように松本幸四郎家は、市川團十郎家と江戸時代から深い関係がある家柄・名跡であったことから、現在の市川宗家と松本家の間柄も血縁で結ばれている(現・白鸚は、故12代・團十郎と従兄弟であり、現・幸四郎は13代・團十郎と又従姉妹になる)。

KEYWORDS:

過去記事

江宮 隆之えみや たかゆき

1948年生まれ、山梨県出身。中央大学法学部卒業後、山梨日日新聞入社。編制局長・論説委員長などを経て歴史作家として活躍。1989年『経清記』(新人物往来社)で第13回歴史文学賞、1995年『白磁の人』(河出書房新社)で第8回中村星湖文学賞を受賞。著書には『7人の主君を渡り歩いた男藤堂高虎という生き方』(KADOKAWA)、『昭和まで生きた「最後のお殿様」浅野長勲』(パンダ・パブリッシング)など多数ある。

最新号案内

歴史人2023年2月号

徳川家康の真実

いよいよスタートする大河ドラマ「どうする家康」に合わせて、徳川家康の生涯を徹底検証!タヌキオヤジ、我慢強い、などと言われてきた家康ですが、じつは最新研究で家康の評価や人物像が大きく変わっています。本特集では、その新しい歴史や人物像もふまえて、人質時代から織田信長との同盟、本能寺の変、秀吉時代、関ケ原の戦い、征夷大将軍と秀頼、そして大坂の陣まで、ドラマチックな一生を最新バージョンにアップデートして解説していきます。大河ドラマ時代考証担当の小和田哲男氏と平山優氏の特別寄稿も掲載!知っているようで知らない現在の家康がわかる1冊です。