×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

ティーガーI[独軍]vs.KV(カーヴェー)[ソ軍]<重戦車対決>【独ソ兵器対決】

独ソ戦で戦った戦車から拳銃まで ~その評価は~ 第5回


独ソ戦では攻撃力、防御力、希望力にすぐれた優秀な戦車が多数出現した。今回は独ソ両軍が開発した重戦車をとりあげ、その性能、戦歴を徹底比較!


 

ティーガーIは、その登場した時期にも恵まれて「最強戦車」の名をほしいままにした。しかし大戦後期に至ってソ連側にT-34の火力強化型T-34/85やスターリン重戦車が登場すると、本車の優位もかすんでくることになる。

 ドイツ陸軍は第二次世界大戦勃発前、III号戦車とIV号戦車という「主力戦車と支援戦車」のコンビの上位に、より強力な突破重戦車を配することを考えていた。そこで1937年初頭、ヘンシェル社にDW1重戦車の試作を発注。ちなみにDWとはドイツ語のDurchwagen、つまり突破車の頭文字であり、1号突破重戦車ということである。そしてDW1の完成前にDW2の試作も進められたが、これらが進化発展してティーガーIの原点となった。

 

 つまりドイツ軍の重戦車としてあまりに有名なティーガーIは、独ソ戦開戦後に起こった「T-34ショック」よりも先に計画され、開発された戦車であった。当時としては分厚い装甲に、高射砲から発達した装甲貫徹力に優れる8.8cm砲を備え、出現当初は無敵とされた強力な重戦車である。

 

 一方、KV(「カーヴェー」と読む)は1939年に登場したソ連の重戦車で、重装甲にT-34/76戦車と同じ76.2mm戦車砲、または152mm榴弾砲を搭載した(これはKV-2)型があり、独ソ戦開戦時に起きた「T-34ショック」と同様に「KVショック」をドイツ軍に引き起こした。同車の重装甲は、T-34以上に当時のドイツ軍の戦車砲や対戦車砲では貫徹困難で、8.8cm高射砲の水平射撃でやっと撃破できるほどだったからだ。

 

 しかも8.8cm砲弾数発に貫徹されてもKVの乗員は生存しており、ドイツ軍側が撃破したものと思って安心していると、車内に残った負傷した乗員が、個人装備の拳銃や短機関銃で反撃してくることも稀ではなかった。

 

 ところが、ティーガーIの登場で状況は一変する。同車の8.8cm戦車砲で撃たれると、さすがのKVも重装甲をたやすく貫かれてしまうのだ。

 

 その一方、KV76.2mm戦車砲では、背後から至近距離で撃たない限りティーガーIの撃破は難しかった。とはいえ、稀には車長キューポラへの命中弾や砲塔リング部への命中弾によって、一時的に戦闘能力を奪うこともあったようだ。

 

 また、KV-2152mm榴弾砲は、口径こそ大きいものの発射速度も砲弾の初速も遅いので、ごく至近距離でティーガーIに撃ち込めるという幸運でもない限り、撃破は困難だった。それも一時的に戦闘能力を奪うのが関の山で、修理すれば戦線に復帰できる程度の損傷しか与えられなかった。

 

 かような次第で、ティーガーIにはまるでかたなしのKVだったが、パンター中戦車が登場する前のIV号戦車以下のドイツ戦車にとっては、やはりKVは危険きわまりない強敵だった。

KEYWORDS:

過去記事

白石 光しらいし ひかる

1969年、東京都生まれ。戦車、航空機、艦船などの兵器をはじめ、戦術、作戦に関する造詣も深い。主な著書に『図解マスター・戦車』(学研パブリック)、『真珠湾奇襲1941.12.8』(大日本絵画)など。

最新号案内

歴史人 2022年10月号

戦国大名の勢力変遷マップ

応仁の乱から大坂の陣まで、戦国武将の勢力変遷を「戦国変遷マップ」で読み解く一冊。約150年にもわたる戦国時代には、明応の政変や三方ヶ原合戦など、節目となった合戦や出来事があった。それらを交えながら、北条早雲や織田信長、武田信玄、豊臣秀吉、伊達政宗、そして徳川家康らがしのぎを削った時代の勢力図を分かりやすく解説。特別企画では、「早わかり日本史」などの書籍で知られる歴史作家の河合敦氏が、戦国時代の魅力について新しい視点で語ってくれる。人気の戦国時代を頭から終わりまで見通せる、保存版の一冊。