×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

局部を掴み取られて悶絶死したという源頼家の祟りとは?

鬼滅の戦史86


源頼朝の嫡男として、2代将軍となった頼家。その就任後3カ月にも満たないうちに、実権を奪われ、挙句刺客に襲われて悶絶死をしたという。それはいったい、どういうことだったのだろうか? 


なんと残酷に殺されたものか、怨霊話が尽きない源頼家。
『武家百人一首』国文学研究資料館蔵

相続3カ月とたたず13人による合議制へ

 

 源頼家(よりいえ)とは、言わずと知れた鎌倉幕府2代将軍(鎌倉殿)のこと。頼朝の嫡男で、母は北条政子である。頼朝が謎の死を遂げたのが建久10(1199)年1月13日、同月26日には早くも頼家が家督を相続して、2代鎌倉殿になった。

 

 ところが、それから3カ月にも満たぬ4月12日、突如、有力御家人13人による合議制が敷かれることになってしまう。実質的に、政権の座から引き摺り下ろされてしまったようなものであった。ちろん、18歳という若輩者であったとはいえ、意気上がる頼家にとって納得できるものではなかったに違いない。

 

 理由は「頼家が若すぎる」あるいは「暗君(あんくん)だったから」といわれることもあるが、むしろ独自路線を強行しようとするその政治姿勢に、御家人たちが反発したからとみなすべきだろう。

 

 その後も政権に固執する頼家は、自身の乳母一族であった比企(ひき)氏を重用。その後押しを得て、何とか存在感を見せようとしたのである。比企能員(ひきよしかず)の娘・若狭局(わかさのつぼね)との間に生まれた一幡(いちまん)に家督を譲ろうともしている。それが実現すれば、比企氏は絶大な発言権を要することになるわけで、北条氏が危機感を覚えたことはいうまでもない。さらに、能員自身が頼家と計って北条氏排斥に動いたことで、時政(ときまさ)が激怒。先手を打って、比企一族ばかりか一幡まで殺害してしまったのだ。

 

 頼家はその時病床にあってこの事実を知らなかったが、病が回復して我が子・一幡が殺されたことを知って、怒り狂ったことはいうまでもない。太刀を手に立ち上がろうとしたところを、実の母である政子に抑えられている。そればかりか、政子は実家である北条氏を守るために、我が子・頼家を見捨て、修善寺に押し込めてしまったのである。母に見捨てられた頼家の心情やいかばかりか、計り知れないものがありそうだ。

 

刺客に襲われて惨殺

 

 そしてその翌年7月、ついに北条氏が送り込んだ刺客によって、頼家までもが殺されてしまうのである。僧・慈円(じえん)が著した『愚管抄(ぐかんしょう)』によれば、元久元年7月18日(『吾妻鏡』では19日)のこととして、修善寺に幽閉されていた頼家が、「首に紐を巻きつけられた上、ふぐり(陰嚢/いんのう)を取られて殺された」という。武芸の達人であった頼家に刀を振り回されることを恐れてか、おそらく入浴中を襲ったのだろう。ただ、なぜ陰嚢を取ったと記しているのかは計り知れないが、裸で暴れる男をおとなしくさせるには、それが最善の方法だったのかもしれない。

 

 一説によれば、陰嚢ばかりか陰茎(いんけい)まで切り落とされたとまでいわれることもあるが、真偽は不明だ。ともあれ、かつて将軍の座にあった御仁が、入浴中を襲われて陰嚢を掴み取られて悶絶死(あるいは刺し殺されたか)したというのだから、何ともショッキングである。これでは、化けて出ない方が不思議だ。

実朝ほか祟ったとしても不思議はない源頼家の墓 フォトライブラリー

 実朝が頼家の亡霊に殺された?

 

 そして当然のように、頼家が化けて出たとの風聞が飛び交うことになる。頼家の亡霊が公暁(くぎょう)に取り憑いて実朝を殺したというのだ。

 

 そればかりか、有力御家人たちが次々と粛清されていったことまで、頼家の祟(たた)りといわれたようである。もちろん、真偽は定かではない。それでも、『吾妻鏡』を見ても、頼家の死後、将軍家の屋敷に松明(たいまつ)のような光る物体などが現れたとの奇怪な現象がいくつか記録されるなど、不穏な空気が漂っていたことは間違いない。

 

 ちなみに、実朝(さねとも)が頼家の子・公暁の手にかかって殺されたのは、健保7(1219)年のこと。さらにその公暁もまた、義時(よしとき)の命によって殺されるという負の連鎖が起きている。結局、最後に権力を手中にしたのは義時。振り返ってみれば、いずれの騒動にも北条氏が絡んでいたことに思いが至る。その多くが、時政・義時親子が糸を引いていたように見えるのは、言い過ぎだろうか。

KEYWORDS:

過去記事

藤井勝彦ふじい かつひこ

1955年大阪生まれ。歴史紀行作家・写真家。『日本神話の迷宮』『日本神話の謎を歩く』(天夢人)、『邪馬台国』『三国志合戰事典』『図解三国志』『図解ダーティヒロイン』(新紀元社)、『神々が宿る絶景100』(宝島社)、『写真で見る三国志』『世界遺産 富士山を行く!』『世界の国ぐに ビジュアル事典』(メイツ出版)、『中国の世界遺産』(JTBパブリッシング)など、日本および中国の古代史関連等の書籍を多数出版している。

最新号案内

歴史人 2022年12月号

承久の乱のすべてがわかる! 歴史人編集部

いよいよ終盤に突入するNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。  12月号では「承久の乱」を徹底解説。なぜ後鳥羽上皇は、鎌倉幕府を討つことを決めたのか? また、北条義時はどう動いたのか? そして、この戦いの意義とはなんだったのか? その真実に迫る。また日本の2分したこの戦いの後、100年以上続く鎌倉幕府と北条家はその後どうなったのか? 13人の御家人たちの血脈はどうなったのか?「その後」を追う。  そのほか、北条氏と盟友だった三浦氏が戦った「宝治合戦」、北条家の内紛「二月騒動」、鎌倉最大の危機「蒙古襲来」、そして鎌倉幕府と北条家の終焉までを徹底解説する!