×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

江戸時代の大坂の人びとの笑いを読み解く特別展『~浮世絵師たちが描く~絶景!滑稽!なにわ百景!』

編集部注目の歴史イベント


大阪歴史博物館2022年4月23日(土)~6月5日(日)の期間、特別展『~浮世絵師たちが描く~絶景!滑稽!なにわ百景!』を開催する。江戸時代には、版画、版本、絵画と、様々な媒体で名所が描かれ、大坂もその舞台のひとつであった。葛飾北斎は諸国名橋のひとつとして天満橋を取り上げ、歌川広重は堂島米市や雑喉場魚市の活況を描いている。また大坂では、精密な名所絵を背景にした珍騒動を描く「滑稽」シリーズも人気を博した。本展覧会では、それらの名所絵から、江戸時代の大坂の人びとが、日々何を眺め、何に笑い、大坂の町を歩いたのかを読み解くものとなっている。


 

~浮世絵師たちが描く~絶景!滑稽!なにわ百景!

 

 安政期頃、江戸・京都・大坂の名所を舞台に繰り広げられるドタバタ劇を描いた錦絵シリーズが相次いで制作された。大坂を描いた『滑稽浪花名所』は、歌川芳梅・歌川芳豊による五十景からなる。江戸・京都のシリーズと比較して、登場人物の動きがことさら面白おかしく描かれている。

 

『滑稽浪花名所』より「桜ノ宮」 歌川芳梅 大阪歴史博物館蔵

 

 また、歌川国員、芳雪、芳瀧らが描いた百景からなる名所絵の『浪花百景』も展示される。その中には、上町台地上の高台を活かした展望名所の数々や、大坂市中から遠望できた山並みなどの「絶景」が描かれている。当時の地誌である『浪華の賑ひ』にも、かつて生玉神社(生国魂神社)境内にあった絵馬堂からは、市中の家々は甍(いらか)の波のよう、河口の帆柱はたけのこが茂るようにみえたと記されている。

 

『浪花百景』より「生玉絵馬堂」 歌川国員 大阪歴史博物館蔵

 

【開催概要】

<展覧会名>特別展『~浮世絵師たちが描く~絶景!滑稽!なにわ百景!』
<開催期間> 2022年4月23日(土)~6月5日(日)※会期中、作品の一部展示替えがあります。
<開館時間>9:30〜17:00 (会期中の金曜日は20:00まで)
      ※ただし、入館は閉館の30分前まで
<休館日>火曜日休館
     ※ただし、5月3日(火・祝)、5月6日(金)は開館。
<会場>大阪歴史博物館 6階 特別展示室
    〒540-0008 大阪市中央区大手前4丁目1-32

 

<観覧料>

特別展のみ 大人1000円(900円) 高校生・大学生700円(630円)

常設展との共通券 大人1500円(1440円) 高校生・大学生1030円(990円)

※( )内は20名以上の団体料金

※中学生以下、大阪市内在住の65歳以上の方(要証明証提示)、障がい者手帳等をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料。

 

主 催 大阪歴史博物館

 

展覧会公式サイト
 http://www.mus-his.city.osaka.jp/news/2022/naniwa_hyakkei.html

KEYWORDS:

過去記事

歴史人編集部れきしじんへんしゅうぶ

最新号案内

歴史人 2022年10月号

戦国大名の勢力変遷マップ

応仁の乱から大坂の陣まで、戦国武将の勢力変遷を「戦国変遷マップ」で読み解く一冊。約150年にもわたる戦国時代には、明応の政変や三方ヶ原合戦など、節目となった合戦や出来事があった。それらを交えながら、北条早雲や織田信長、武田信玄、豊臣秀吉、伊達政宗、そして徳川家康らがしのぎを削った時代の勢力図を分かりやすく解説。特別企画では、「早わかり日本史」などの書籍で知られる歴史作家の河合敦氏が、戦国時代の魅力について新しい視点で語ってくれる。人気の戦国時代を頭から終わりまで見通せる、保存版の一冊。