×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

現代への過渡期の暮らしを見ることができる 『昭和初期の練馬ライフ』展

編集部注目の歴史イベント


石神井公園ふるさと文化館2022年4月9日(土)~6月5日(日)の期間、『昭和初期の練馬ライフ』展を開催する。大正の終わり頃から、東京郊外へ移り住む人が増え、練馬区域でも住宅地の開発が進んだ。この頃には区域にも電気が通り、生活様式に変化がみられた一方、都心部とは違ってガスや水道の普及は進まず、昔ながらの暮らしが続いている側面もあった。本展では、大正末から昭和初期の、練馬区域における住まいと暮らしの様子を見ることができる。


 

今と昔をつなぐ『昭和初期の練馬ライフ』

 

 現在日本において、電気・ガス・水道などのインフラ設備が普及していない場所は限られる。しかし、多くの場所でインフラが普及しきってはいない「過渡期」が存在した。それが大正の終わりから昭和初期にかけての時代である。

 

『昭和初期の練馬ライフ』展では、こうした過渡期における練馬区域の人々の暮らしを紹介している。

 

武蔵野電車沿線整理地鳥瞰図(昭和13年)

 

【開催概要】

<展覧会名>企画展「昭和初期の練馬ライフ」
<開催期間> 2022年4月9日(土)~6月5日(日)
<開館時間>9:00〜18:00
<休館日>月曜日
<会場>石神井公園ふるさと文化館 2階 企画展示室
    〒177-0041 練馬区石神井町5丁目12番16号

 

<観覧料>

無料

 

主 催 練馬区立石神井公園ふるさと文化館(公益財団法人練馬区文化振興協会)

 

展覧会公式サイト
 https://www.neribun.or.jp/event/detail_f.cgi?id=202202171645080491

KEYWORDS:

過去記事

歴史人編集部れきしじんへんしゅうぶ

最新号案内

歴史人 2022年10月号

戦国大名の勢力変遷マップ

応仁の乱から大坂の陣まで、戦国武将の勢力変遷を「戦国変遷マップ」で読み解く一冊。約150年にもわたる戦国時代には、明応の政変や三方ヶ原合戦など、節目となった合戦や出来事があった。それらを交えながら、北条早雲や織田信長、武田信玄、豊臣秀吉、伊達政宗、そして徳川家康らがしのぎを削った時代の勢力図を分かりやすく解説。特別企画では、「早わかり日本史」などの書籍で知られる歴史作家の河合敦氏が、戦国時代の魅力について新しい視点で語ってくれる。人気の戦国時代を頭から終わりまで見通せる、保存版の一冊。