×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

一ノ谷の戦いにおける多田行綱の活躍

勝利の立役者は義経ではなく多田行綱(ただゆきつな)

一ノ谷の戦いの地として知られる須磨浦公園(兵庫県神戸市須磨区)には、「戦の濱」と刻まれた石碑が立つ。「戦の濱」は当時、一ノ谷の激戦ぶりから名付けられた呼称。

 寿永2年(1183)6月の篠原の戦いで大敗した平家軍は、同7月に都落ちする。政権交代を成し遂げた義仲も、平家追討の停滞、後白河上皇との対立など悪手が重なり、翌元暦元年正月、源頼朝の弟範頼・義経を大将軍とする上洛軍に近江粟津(あわつ)で討たれた。こうした源氏方の混乱に乗じて、平家は勢力を盛り返し福原に布陣していた。

 

 政権を確保した源氏軍の次なる課題は、復活しつつある平家との対決であった。朝廷では平家との和平も模索されたが、後白河上皇の強い意志もあり、追討の方針が確認され、寿永3年2月1日、源氏軍は大手範頼軍が山陽道を南下し生田口を、搦手義経軍は丹波道を西に進み一ノ谷口を目指し出陣した。

 

 平家が一ノ谷に構えた城郭について『平家物語』では、東の木戸口を生田、西の木戸口を一ノ谷とし、堀・逆茂木(さかもぎ)・乱杭(らんぐい)を設け、櫓(やぐら)を構えた強固なものとする。ただし現実には、一ノ谷と生田は東西に10㎞以上も離れており、とてもひとつの城郭とはいえない。東西の両木戸により山陽道を遮断し、その中央に位置する福原・大輪田泊(おおわだのとまり)を防御するための備えであろう。

 

『平家物語』では、一ノ谷に安徳天皇の御所があり、そこに義経の逆落としが仕掛けられ、この奇襲攻撃により勝利したかのように描くが、これは合戦をより劇的に描くためのフィクションである。

 

 上皇への範頼・義経らの報告によると、合戦は7日朝より開始され、わずか2時間ほどで勝敗は決した。多田行綱が山方から攻め寄せて、真っ先に山手を陥落させ、平家の城郭を完全に制圧した。

 

 ただし、大輪田泊に停泊していた4050艘に乗船したままの人々がおり、彼らは出港することができずに自ら火を放って自害した。その中には平家の棟梁宗盛もいたと思われ、また三種の神器の安否も不明だという。神器の安否が不明であるという説明は、暗に安徳天皇が亡くなったことへの言及である。もちろん、これは誤報で天皇も宗盛も無事に脱出している。リアルな情報だからこその誤りといえよう。

 

 平家の陣を東西から挟撃し、停泊中の船ごと2時間で壊滅させた現実の一ノ谷の戦いからすると、まず源平両軍の兵力には、大きな差があったと考えざるを得ない。もし兵力が拮抗しているならば、兵力を二分して強固な城郭に突入させるような作戦自体、無謀である。また挟撃して退路を断ち、短時間で決着をつけたのは、平家の殲滅を目的とした攻撃だったからであろう。だからこそ、上皇への報告では、宗盛と天皇の死に言及しているのである。

 

 この現実の一ノ谷の戦いにおいて際立った活躍をみせたのが、「山方」より「山手」の守備を突破した多田行綱である。この山方・山手はおそらく、福原の北側、つまり鵯越(ひよどりごえ)の道を通じて平地へ抜けた辺りで、平家はこの本陣背後の守備を突破される。

 

 源氏の平家殲滅作戦において、行綱の功績は絶大といえよう。しかし行綱自体は、あまり評判の良い人物ではない。鹿ヶ谷(ししがたに)の変において平家打倒の大将と期待されながら、平清盛に恐怖して密告するなど、変わり身の早い狡猾な人物とみなされている。平家の都落ちの際には、平家を裏切って摂津・河内でゲリラ戦を展開するなど功績があったにもかかわらず、いつしか源頼朝から「奇怪な人物」と勘当され没落する。

 

 しかし摂津多田院を所領とし、地の利があったこともあろうが、平家軍の弱点である「山手」を突破して致命傷を負わせたことは、行綱の才覚のなせるところであった。

 

監修・文/菱沼一憲

『歴史人』2月号「鎌倉殿と北条義時の真実」より)

KEYWORDS:

過去記事

歴史人編集部れきしじんへんしゅうぶ

最新号案内

歴史人 2022年10月号

戦国大名の勢力変遷マップ

応仁の乱から大坂の陣まで、戦国武将の勢力変遷を「戦国変遷マップ」で読み解く一冊。約150年にもわたる戦国時代には、明応の政変や三方ヶ原合戦など、節目となった合戦や出来事があった。それらを交えながら、北条早雲や織田信長、武田信玄、豊臣秀吉、伊達政宗、そして徳川家康らがしのぎを削った時代の勢力図を分かりやすく解説。特別企画では、「早わかり日本史」などの書籍で知られる歴史作家の河合敦氏が、戦国時代の魅力について新しい視点で語ってくれる。人気の戦国時代を頭から終わりまで見通せる、保存版の一冊。