×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

壇ノ浦の陰で繰り広げられた頼朝の謀略とは?

西国で戦闘が展開する一方、頼朝は着々と独裁を進める

源義経
福原で勢力を盛り返しつつあった平家だが、義経が戦線に加わると状況が一変する。周到な軍略の前に一ノ谷が落ちると、連戦連敗を重ねることになる。『前賢故実』国立国会図書館蔵

 富士川の戦いで平家軍を追い返し、北へ転じて常陸佐竹氏を討った頼朝は鎌倉へ帰還、ここに関東の軍事制圧は一応達成された。同12月、頼朝の新造御所が完成し、その移徙(いし)の儀が大々的に挙行される。300人もの御家人が大規模に造営された侍所(さむらいどころ)に参上し、侍所別当(べっとう)・和田義盛(よしもり)がその着到(ちゃくとう/点呼)を付した。

 

 武家政権、鎌倉殿の誕生である。天武天皇が壬申(じんしん)の乱を制して飛鳥に王権を打ち立てたように、頼朝は関東を統一し、辺鄙(へんび)な田舎に輝かしい武家の都を創り上げた。『吾妻鏡(あずまかがみ)』はそのように頼朝を讃える。しかし雇われマダムのような状況が変化したわけではない。頼朝の戦いはここから本格化する。外には平家・木曾義仲・後白河上皇、内には絶対的権力者への道のりである。

 

 義仲は平家を追い落とし頼朝に先んじて上洛を果たす。晴れて官軍となった義仲であったが、京都では無骨で無教養な振る舞いが嘲笑され、皇位継承に口出しして後白河上皇から不興をこうむる。自慢の武力も水島の戦いで平家に敗北するなどはかばかしくない。上皇は早々に義仲を見限り、頼朝の取り込みを画策する。寿永2年10月、東国における頼朝の軍事行動を朝敵平家追討と正当化し、さらに宣旨(せんじ)を発給して東海・東山道の戦時統治を委ねた。

 

 この間、上皇に平家追討を遂行せよと出京させられていた義仲は、裏切られたことを知り激怒して帰京する。政略では上皇が一枚上手のようだ。西からは平家が、東からは頼朝が迫るなか、平家との和平は決裂。上皇を連れて北陸へ逃れる算段も、頼朝軍の電撃上洛作戦に阻まれる。近江へ逃れたところで、追撃してきた義経配下の石田為久(ためひさ)に討たれた。

 

 源範頼(のりより)・義経を大将軍とする頼朝軍は、引き続き旧都福原(ふくはら)の平家に襲いかかる。元暦元年(1184)2月7日、東の生田口(いくたぐち)へは大手範頼軍、西の一ノ谷口には搦手(からめて)義経軍が殺到した。早朝から開始された攻撃はわずか2時間ほどで終了する。短時間で終わったこと、東西から挟撃していることから、もとより兵力差は歴然であったのだろう。この後、範頼は鎌倉へ帰還、義経は京都に留まり、頼朝腹心の土肥実平(どひさねひら)・梶原景時(かじわらかげとき)を伴って在京代官の職務を担う。

 

 頼朝は同年8月、改めて鎌倉より範頼を大将軍とした追討軍を西国に下す。範頼軍は長駆(ちょうく)の行軍に疲弊しながらも、翌年正月には豊後に渡海し、筑前芦屋の戦いで平家勢力を駆逐し当座の目的を達成した。残るは瀬戸内海と四国のみとなり、同年2月に義経が阿波に渡海。阿波国府と讃岐屋島を陥落させ平家を西に逐(お)う。さらに紀伊熊野・伊予河野(こうの)氏ら西国の水軍勢力を味方にし、3月には平家を壇ノ浦に沈めた。

 

 頼朝の外の戦いは連戦連勝ではあったが、その華やかな場面に頼朝の姿はない。この間、頼朝は幕府内の戦いに力を注いでいた。まず挙兵成功の一番の功労者である上総広常を、寿永2年末、朝廷に背く無礼者として殺害。元暦元年6月には甲斐武田氏の一条忠頼(いちじょうただより)も謀反の疑いありとして暗殺した。ともに頼朝の御所内で暗殺されている。頼朝は戦時の緊張状態を利用して対抗勢力を排除し、独裁権力を創り上げていった。

 

 この陰湿な謀略で躍動したのが頼朝の側近たちである。頼朝は結城朝光(ゆうきともみつ)・梶原景季(かじわらかげすえ)・和田義茂(よしもち)など若手有力家人を一本釣りし、隔心なき面々として寝所近くに伺候(しこう)させていた。北条義時もそのひとりである。頼朝は彼らを手足として利用しつつ、自己の藩屛(はんぺい)となるよう有力御家人として育成していった。義経が外での戦いを終えて久しぶりに帰還した時には、その藩屛はほぼ完成し、すでに義経の居場所は失われていた。

 

監修・文/菱沼一憲

『歴史人』2月号「鎌倉殿と北条義時の真実」より)

KEYWORDS:

過去記事

歴史人編集部れきしじんへんしゅうぶ

最新号案内

歴史人 2022年10月号

戦国大名の勢力変遷マップ

応仁の乱から大坂の陣まで、戦国武将の勢力変遷を「戦国変遷マップ」で読み解く一冊。約150年にもわたる戦国時代には、明応の政変や三方ヶ原合戦など、節目となった合戦や出来事があった。それらを交えながら、北条早雲や織田信長、武田信玄、豊臣秀吉、伊達政宗、そして徳川家康らがしのぎを削った時代の勢力図を分かりやすく解説。特別企画では、「早わかり日本史」などの書籍で知られる歴史作家の河合敦氏が、戦国時代の魅力について新しい視点で語ってくれる。人気の戦国時代を頭から終わりまで見通せる、保存版の一冊。