×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画
通販

知っているようで知らない閻魔(えんま)様の実像に迫る

今月の歴史人 Part1


だれもが知っている仏さまのひとりに「閻魔(えんま)」様がいる。実は閻魔様は元々はインドで生まれたヒンドゥー教の神様のひとりで、歴史を経て仏教の仏様とされている。今回はだれもにおなじみである「閻魔様」の実像に迫る。


 

死の神・十二天の焔摩天が中国で冥土の王・閻魔王に

『閻魔天曼荼羅図』インドのヴェーダでは死者の王でのちに死神と考えられやがて閻魔王に。忿怒の形相で地獄に落ちた亡者の罪状を厳しく裁く姿をしている。(京都国立博物館蔵)

出典:Colbase

 

 焔摩天は南方焔摩天とも呼ばれ、運命、死、冥界を司る。聖典(ヴェーダ)にあらわれるヤマは、恐ろしい死の神と考えられて、中国では冥土の王、閻魔王として登場する。そこでは中国の王侯の装束をまとい王冠をつけ、激しい怒りの忿怒相で表現され、死者を裁く。

 

密教で重視される十二天

『十二天像 閻魔天』 十二天の一尊。古代インド神話のヤマが仏教に取り入れられた。冥界への道を発見して死後の世界で長となり、天上世界の神となった。 (奈良国立博物館蔵)

出典:Colbase

 天はその姿形から、貴紳形、天女形、武将形、鬼神形、力士形、鳥獣形などに分けられる。

 

 貴紳形には、中国風の礼服を着た梵天と帝釈天などがある。天女形には吉祥天、弁才天などがあり、美しい女性の姿で、中国唐代以来の貴婦人の衣装を着ている。

 

 また、八方(東西南北の四方と東北・東南・西北・西南)を護る諸尊を八方天といい、さらに天地、日月を護る諸尊を加えて十二天という。

 

【密教で重視される十二天とは】

帝釈天(インドラ) 右手・独股杵(三股) 白象
東南 火天(アグニ) 遍身火焰四臂 左手・施無畏印, 念珠 右手・仙杖, 水瓶 青牛(青羊) 南焔摩天(ヤマ) 左手(焔摩)幢水牛 西南 羅刹天(ラクシァナ) 右手・剣白獅子
西 水天(ヴァルナ) 左手・蛇索(竜索) 右手・剣亀
西北 風天(ヴァーユ) 右手・幢幡
毘沙門天(ヴァイシュラヴァナ) 右手・棒 左手・宝塔 二鬼
東北 伊舎那天(イシァーナ) 三目忿怒相右手・三股叉(三戟創) 黄豊牛(または黒牛)
梵天(ブラフマン) 四面四臂 左手・股鉾, 水瓶 右手・蓮華
(プリトヴィ) 四臂像あり 雲
日天(スールヤ) 右手・日輪(日珠) 五赤馬
月天(チャンドラ) 左手・月輪(半月杖)

 

 武将形には仏法や仏教世界を守る護法神である四天王、十二神将などがあり、鎧を着け武器を持ち、複数で組みになっていることが多い。

 

 金剛杵を持つ執金剛神は、仏法を守護する武将形だが、のちに二体に分かれて寺門を守護する金剛力士となった。口を開ける「阿形」と、口を閉じる「吽形」の一対である。仁王として親しまれているものは上半身裸形の力士形だが、鎧を着ける武将形の金剛力士もある。そのほか、鬼神形、鳥獣形には八部衆のなかの夜叉、迦楼羅などがある。

 

監修/副島弘道、文/相田真理・花輪恵

『歴史人』11月号「日本の仏像基本のき」より

KEYWORDS:

過去記事

歴史人編集部れきしじんへんしゅうぶ

最新号案内

歴史人 2021年11月号

日本の仏像 基本の「き」

お寺や仏様に参拝して心の安らぎを得るだけでなく、その歴史や造形の意味を探りたい。という読者は多いことだろう。そんな方のために、知っておきたい国宝の仏像や、歴史的に意味を持つ仏像や戦国武将が心の支えとした念持仏の数々を写真でご紹介。さらにそのような仏像の見分け方、造形の鑑賞ポイントなど、豊富なイラストで徹底図解する。これで眼前の世界の奥行きが増すに違いない。