×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画
通販

【江戸の性語辞典】情事、男女関係、愛人などを意味した「いろ」

江戸時代の性語①


「言葉」は時代とともに常に変化するもの──。
 現代と昔で大きく意味が異なる言葉、または表現する言葉が変わったものなど様々。
 性に関する言葉もしかり。江戸時代の性に関する言葉は、現代まで使われているもの、意味が変化したもの、まったく使われなくなったものがあるようだ。本稿では「江戸時代の性語」について、春本や戯作から採取した用例を入れて、現代語に照らし合わせ解説。江戸の言葉の文化を改めて体感してみよう。


 

■色(いろ)

 

 話し言葉では同じ「いろ」でも、多種多様な意味があった。

 

 男にとって「いろ」は、情婦、愛人、恋人、さらに情事や色事である。

 

 いっぽう、女からすれば「いろ」は、恋人、愛人、浮気の相手、さらに情事や色事である。

 

 また、遊女や芸者などの玄人の女にとって「いろ」は、客の中の真に惚れた男、恋人や、商売を抜きにした色事や浮気を意味した。

 

 これほど多種多様な意味があれば、当事者以外の人間が耳で聞いても区別が困難である。そのため、戯作や春本、春画の書入れなどでは漢字の熟語に「いろ」と読み仮名をつけ、読者にわかる工夫をした。

春色辰巳園

『春色辰巳園』国立国会図書館蔵

【用例】

①戯作『春色辰巳園』(為永春水著、天保六年)

 深川の芸者同士が話をしている場面。

 

「おめえなり、わたいなり、こういう商売をしているからにゃあ、ちっとやそっとの、ちょい色ぐれえは、当たり前なわけだわね」

 

 この「色」はセックスの意味である。「ちょい色」は、その場限りの情事、浮気のことであろう。芸者稼業に浮気や情事は付き物と述べている。

 

 

②戯作『春色恵の花』(為永春水著、天保七年)

 男がひとりではなく、誰かと一緒に食事をしたいと言ったのに対し、女が言う。

 

「おまえさんの好女(いろ)とかえ」

 

 この「好女(いろ)」は、思いを寄せている女の意味であろう。女がちょっとすねている場面である。

 

 

③春本『開談夜之殿』(歌川国貞、天保九年)

 亭主が留守の夜、女のもとに男が訪ねてきた。男に口説かれ、女が言う。

 

「おまえさんに初めてお目にかかった時分から、あんなお方とどうかしたら、死んでもよいと思っていましたが、おまえさんには惚れ手が多し、万一、色になりおおせたところが、苦労を求めるようなもの、またわたくしも道ならぬことだと、今の今まで思いあきらめておりましたが……」

 

 この「色」は愛人、不倫の相手の意味であろう。
 亭主がいる身でありながら、けっきょく女は男を受け入れる。

 

 

④戯作『英対暖語』(為永春水著、天保九年)

 女が、自分の考えを述べる場面。

 

「よく、まあ、よその人は情人(いろ)に切れたの、やめたのと言っていられるものだ。一度でも情人(いろ)になったらば、もうもう、どんなに苦労をしても……」

 

 この情人(いろ)は、恋人の意味である。自分はいったん惚れた合った恋人とは、どんなことがあっても別れないと述べている。

 

 

⑤戯作『春色恋白波』(為永春水著、天保十二年)

 病の床に伏している男のところに、かつて浅からぬ仲だった芸者が見舞に来た。

 

「おやまあ、たいそうお痩せだねえ。いつかじゅう、便りを寄こした時、いつでも内においででないというから、また安楽寺の茶店の情女(いろ)の方へばかり行っておいでだろうと思っていたのに」

 

 この情女(いろ)は、恋人や愛人の意味であろう。
 同じく「いろ」と発音しても、情人なら男、情女なら女である。

 

 

⑥春本『花の雫』(歌川国盛、幕末期)

 男と女がセックスをしながら、話をしている。

 

女「おまいとこんなことをしたら、おっ母ぁに叱られるだろうねえ。おまいと、おっ母ぁと、色だから」
男「馬鹿ぁ言いねえ。おいらぁ、とうから、おまえに惚れているから、おっ母ぁの機嫌をとっておくのだ」

 

 女の言う「色」は、愛人関係の意味であろう。男が自分の母親と関係しているのを知っていた。

 

 さて、この男はかなりの女たらしのようだ。もともと年増の女と性的な関係があったが、ついにはその娘にも手を出したのである。口もなかなかうまい。

KEYWORDS:

過去記事

永井 義男ながい よしお

1997年『算学奇人伝』で開高健賞受賞。時代小説のほか、江戸文化に関する評論も数多い。著書に『江戸の糞尿学』(作品社)、図説吉原事典(朝日新聞出版)、江戸の性語辞典(朝日新聞出版)など。

最新号案内

歴史人 2021年11月号

日本の仏像 基本の「き」

お寺や仏様に参拝して心の安らぎを得るだけでなく、その歴史や造形の意味を探りたい。という読者は多いことだろう。そんな方のために、知っておきたい国宝の仏像や、歴史的に意味を持つ仏像や戦国武将が心の支えとした念持仏の数々を写真でご紹介。さらにそのような仏像の見分け方、造形の鑑賞ポイントなど、豊富なイラストで徹底図解する。これで眼前の世界の奥行きが増すに違いない。