×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画
通販

「国民」はいかにして生み出されるのか? 企画展示『学びの歴史像―わたりあう近代―』

国立歴史民俗博物館 企画展示「学びの歴史像―わたりあう近代―」


アメリカでのヘイトクライム問題やBLM運動など、今民族とは、国家とは、国民とは何かが問い直されている。国立歴史民俗博物館の企画展示『学びの歴史像―わたりあう近代―』は、幕末から明治という怒涛の流れの中にあった「学び」の姿を、対外関係史、文化史、経済史、医療・衛生史、アイヌ史などから読み解き、「国民」が生み出されていく過程を明らかにしていく。


 

幕末から明治という怒涛の流れの中にあった「学び」の姿を

地理全志  安政6年(1859) 国立歴史民俗博物館蔵

『地理全志』安政6年(1859) 国立歴史民俗博物館蔵安政6年(1859)5月刊、全10冊。イギリス人伝道師ミュアヘッド(中国名は慕維簾)が漢文で著した世界地理書を日本で翻刻したもので、出版者は幕臣 岩瀬忠震。同様に西洋の知識・情報が漢訳本を介して日本にもたらされた例は多かった。

 

 「人々は何を学んできたのか、なぜ学ぶのか」について、19世紀後半以降、日本列島に近代国民国家が成立していく様相とともに、「学び」という視点から紐解く。

 

 狭義の「教育史」ではなく、幕末維新期の世界認識と自国認識、明治社会における旧幕臣の役割、富国をめざした博覧会、衛生観念の導入と相克、アイヌにとっての近代、国民をつくるための学校教育のしくみなど、さまざまな切り口から展示を構成し、近代における「学び」の意義を考える。

 

 とりわけ、伝統と近代、欧米とアジア、中央と周縁、強者と弱者など、それぞれに緊張感をはらんだわたりあいを伴いつつ、教育や学知を通じて「国民」が生み出されていく過程を多面的に明らかにする企画だ。

 

 特に、アイヌ民族の歴史や言葉、首里や八重山の近代関係資料など、全国から多数資料を借用し、一堂に会する展示品たちは必見。「ブラントン日本図」や「元ト昌平阪聖堂ニ於テ博覧会図」など初公開の資料も含め、歴博の豊富な館蔵資料を最大限に紹介。私たちにはなじみのない、唱歌教科書初代の「君が代」のメロディなどの「聴く展示」も。

【会期】 2021年10月12日(火)〜2021年12月12日(日)
【会場】 国立歴史民俗博物館 展示室 企画展示室A・B(千葉県佐倉市城内町117)
【時間】 9:30〜16:30 (最終入館時間 16:00)※開館日・開館時間を変更する場合があります
【休館日】 月曜日 ※休日にあたる場合は開館し、翌日休館
【観覧料】 一般 1,000円 大学生 500円
※総合展示もあわせて観覧できます
※高校生以下は入館料無料です
※高校生及び大学生の方は、学生証等を要提示(専門学校生など高校生及び大学生に相当する生徒、学生も同様です)
※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介助者と共に入館が無料です
※会場の混雑防止のため、土・日・祝日、会期末(12月7日(火)から12月12日(日))は、すべてのお客様につきまして、オンラインによる入場日時の指定(事前予約)が必要です。平日は、会期末12月7日(火)から12月10日(金)をのぞき、事前予約は不要です。予約方法等の詳細は、後日、国立歴史民俗博物館公式サイトに掲載します。
【TEL】 050-5541-8600 (ハローダイヤル)
https://www.rekihaku.ac.jp

KEYWORDS:

過去記事

歴史人編集部れきしじんへんしゅうぶ

最新号案内

歴史人 2021年11月号

日本の仏像 基本の「き」

お寺や仏様に参拝して心の安らぎを得るだけでなく、その歴史や造形の意味を探りたい。という読者は多いことだろう。そんな方のために、知っておきたい国宝の仏像や、歴史的に意味を持つ仏像や戦国武将が心の支えとした念持仏の数々を写真でご紹介。さらにそのような仏像の見分け方、造形の鑑賞ポイントなど、豊富なイラストで徹底図解する。これで眼前の世界の奥行きが増すに違いない。