×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画
通販

戦国の名将に学ぶ‟リーダーとしての姿勢″ ~北条早雲の1日から読み取る指導者としての心得~

歴史の偉人から学ぶリーダーの心得


組織の発展に必要な要素としてリーダーの素質がある。現在のビジネスシーンにおいても命題とされるこのテーマは、戦国時代においても同様。そこで、ここでは 小田原北条氏の始祖であり、戦国時代の火蓋をきったとも言われる猛将・北条早雲のリーダーとしての姿勢をその生活ぶりから読み取り、紹介したい。実際に戦国武将は、戦の無い平和な一日をどのように過ごしていたのか? 北条家の礎を築いた、北条早雲が書き残した史料をもとに、当時のリアルな生活について検証していく。そこからは戦国時代を生き抜いた名将としてのリーダーシップが垣間見える。(『歴史人』2020年12月号「戦国武将の戦時と平時」より


 

東国に北条5代の礎を築いた名将・北条早雲の教え
─自身の生活ぶりで示したリーダーとしての姿勢─

北条早雲

戦国武将の先駆けとして、伊豆を拠点に勢力を拡大。室町将軍足利義澄の威光を背景として、関東の有力武将であった山内・扇谷両上杉氏の戦いに介入し、のちの氏綱・氏康らへと続く、北条5代の礎を築いた。

 

北条早雲による武士の心得が書かれた『早雲寺殿廿一箇条』

『早雲寺殿廿一箇条』国立公文書館蔵


『早雲寺殿廿一箇条』国立公文書館蔵

武士の心得を21ヶ条にわたって記載。仏神の信仰から早寝早起き・掃除・防犯・火の用心などの家政上の注意、出仕時の主君への応対・立ち居振る舞いなどについて説かれている。

 

【北条早雲の1日】
午前4時〜午前6時[寅(とら)の刻〜卯(う)の刻]

<午前4時 起床>
まだ日が昇らない早朝のうちに起床する。主君が寝坊すると家来の気が緩み、信頼を失う。

<午前4時30分 庭の見回り>
屋敷の庭や門外などを見回り、掃除すべきところなどを確認。その後、手水で顔を洗う。

<午前5時 妻や家来に用事を申し付ける>
邸内で掃除すべきところやその日の雑務、留守中の申し付けなどを、妻や家来に伝える。

<午前5時30分 出仕>
出仕は卯の正刻(午前6時)前までに。日の出前には、主君のもとへ出仕するようにする。
〔出仕した時は状況を見てから主君の前に参上する〕
出仕した際は、まず次の間にひかえ、その日の状況を見てから午前に参上する。

午前6時〜午後2時30分[卯(う)の刻〜未(ひつじ)の刻]
出仕して政務を行う

<午前6時 政務>
家臣数名とともに、領国内における政務や決済、外交関係の業務などの政務を執り行う。

<午前8時 朝食>
出仕から2時間ほど経ったら、持参した弁当で朝食をとる。当時は1日2食が通例だった。

<午後1時 政務の合間に乗馬の稽古を積む>
武術の稽古はもちろん、政務の合間をみて乗馬の稽古にも励むことが望ましい。文武弓馬は武士の常道として勧められた。

<午後2時 仕事を終えて帰宅>
約8時間の政務を終えて帰宅。残業などの例外もあったが、ほぼこの時間が標準だった。

<午後2時30分 屋敷まわりの点検>
帰宅したらまずは屋敷の内外を確認。家の垣根などを点検し、必要な修繕を家来へ指示する。

<午後3時 夕食>
だいたい14時から15時が、当時の夕食の時間。家族との貴重な団欒の時間でもあった。

<午後5時 読書>
少しでも暇があれば書を読む。文字を忘れてしまわないように、日頃から目にする機会を作る。

<午後6時 閉門>
夜盗などの災難が降りかからないように、夕方6時には門を閉じる。人の出入りの時だけ開ける。

<午後8時 就寝>
翌日を有効に使うため、20時ごろまでには就寝。無駄な夜更かしは、灯し油も無駄にしてしまう。

北条早雲は早寝早起きが基本で、睡眠時間は8時間ほど取っていた。政務中の空いた時間や、在宅時に書を読み、武芸の稽古に励むなど、文武両道を徹底した時間の有効な使い方に着目したい。

KEYWORDS:

過去記事

歴史人編集部れきしじんへんしゅうぶ

最新号案内

歴史人 2021年10月号

秘密のしきたり、序列、給料、床入り、事件…徹底解明

江戸時代の象徴であった「江戸城」と「大奥」とは何だったのか─ 徳川家康から15代続いた江戸幕府。その象徴は江戸城であった。そこは将軍が大名と謁見する「表」、将軍の生活の場であり、多数の役人たちが公務を行う「中奥」、将軍の正室が居住する「大奥」が存在した。今回の特集は、知られざる将軍の日常生活、諸大名との公式行事から、大奥女性の生活、さらに幻の4代目江戸城天守の実態まで、最新研究でわかった江戸城、将軍、大奥のすべてを明らかにする。