×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画
通販

幕府公認の遊郭「吉原」は流行の発信地だった?─意外な実像に迫る─

江戸の遊郭「吉原」の歴史を学び直す

江戸幕府公認の遊郭吉原。そこは現在の風俗街とは異なり、富裕層が集う一大社交場であり、全国の男女が訪れたいと願う観光名所でもあり、流行の発信地だった。実は、遊郭という遊び場のイメージがある「吉原」は、江戸文化の中心として栄えていた。ここでは、その実像に迫る。([『歴史人』電子版] 大人の歴史学び直しシリーズvol.4 「江戸の遊郭」より)

 

 

たんなる売春街ではなく流行の発信地であり観光地

 

妓楼の内部を描いた絵。豪華絢爛な遊女の姿が優美である。『古代江戸繪集』国立国会図書館蔵

 

 吉原は幕府の認可を受けた遊郭(ゆうかく)だった。露骨な表現をすれば、幕府公認の売春街だった。

 

 ただし、吉原は、現在の意味での「売春街」とは、かなり意味合いが違っていた。

 

 たんなる売春街ではなく、江戸文化の中心のひとつであり、武士や庶民、男女を問わず訪れたいと願った、江戸最大の観光地でもあった、といったほうが適切であろう。

 

 遊女の髪形や衣装は、当時の女性のあこがれであり、芝居と並んで、吉原は流行の発信地だった。

 

 さらに、吉原の遊女は多くの浮世絵に描かれたし、戯作(小説)や芝居、音曲(おんぎょく)の題材にもなり、吉原を舞台に華麗な遊里文化が花開いた。

 

 藩主の参勤交代に従って初めて江戸に出てきた勤番武士は、なにはさておき、吉原に行きたがった。彼らは金銭的な余裕がなかったので、たいていは見物だけだったが、それでも国元に帰れば、

 

「お江戸の吉原は華やかだぞ」

 

 と、自慢できた。

 

 江戸見物に来た老若男女にとっても、浅草の観音様(浅草寺)に参詣したあと、足をのばして吉原見物をするのは、定番の観光コースになっていた。

 

 吉原人気は全国規模だったといえよう。

 

 吉原はもともと、二代将軍・徳川秀忠(とくがわひでただ)の時代、現在の中央区日本橋人形町のあたりに開業した。

 

 ところが、江戸の中心部に遊郭があるのは不適当として、幕府は移転を命じ、明暦3年(1657)、千束村(現在の台東区千束四丁目で、浅草の浅草寺の裏手にあたる)の地に移って営業を再開した。四代将軍・徳川家綱(いえつな)の時代である。

 

 正式には、移転前の吉原は元吉原、移転後の吉原は新吉原だが、吉原の歴史300年を通じ、元吉原はわずか40年でしかない。

 

 そのため、吉原といえば普通、移転後の新吉原をさす。本稿でも新吉原を吉原という。

 

 吉原の区画は二町(約220㍍)×三町(約330㍍)の長方形で、総坪数は約2万2000坪。周囲は板塀と堀で囲まれていた。

 

 周囲は「吉原田圃(たんぼ)」と呼ばれた田園地帯で、江戸市中からは遠い、辺鄙(へんぴ)な地だった。

 

 吉原へは江戸のどこから来るにしても、最後は日本堤(にほんづつみ)という一本道を、駕籠(かご)か徒歩でいかねばならない。日本堤から五十間道をくだると、唯一の出入り口である大門があった。

 

 大門をくぐると、別世界である。中央をつらぬいているのは“仲の町”と呼ばれる大通りで、ここは華麗なイベント広場でもあった。

 

 仲の町の両側には引手茶屋が軒を連ねている。

 

 

1万人以上が暮らしたまさに「遊女城下町」

 

当時の吉原の「案内書」(パンフレット)である『吉原細見』。国立国会図書館蔵

 

 仲の町から奥に入ると、大小の壮麗な妓楼(ぎろう)が立ち並び、時代により変遷があるが、3000人以上の遊女が生活していた。そのため、俗に「遊女三千」といわれた。

 

 また、妓楼には多くの奉公人が生活している。大きな妓楼では、遊女と奉公人を合わせて、およそ100人を抱えていた。

 

 そのほか、茶屋や料理屋、湯屋、各種商店もあり、裏長屋には芸人や職人も住んでいた。吉原の区画内でほとんどの用が足せたのである。

 

 そのため、吉原の定住人口はおよそ1万人におよんだ。

 

 そこに日夜、多くの人々が、遊興、見物、商売のためにやってきたのである。

 

 いかに吉原が活気に満ち、繁栄していたかがわかろう。

 

 現在、「企業城下町」という言い方があるが、吉原はまさに「遊女城下町」だった。

 

 吉原は江戸町一丁目、江戸町二丁目、揚屋町(あげやちょう)、角町(すみちょう)、京町(きょうまち)一丁目、京町二丁目、伏ふし見み 町ちょうに分かれていた。この呼び名は、現在の吉原にも残っている。

 

[『歴史人』電子版]
歴史人 大人の歴史学び直しシリーズvol.4
永井義男著 「江戸の遊郭」

現代でも地名として残る吉原を中心に、江戸時代の性風俗を紹介。町のラブホテルとして機能した「出合茶屋」や、非合法の風俗として人気を集めた「岡場所」などを現代に換算した料金相場とともに解説する。

Amazon

KEYWORDS:

過去記事

歴史人編集部れきしじんへんしゅうぶ

最新号案内

歴史人 2021年11月号

日本の仏像 基本の「き」

お寺や仏様に参拝して心の安らぎを得るだけでなく、その歴史や造形の意味を探りたい。という読者は多いことだろう。そんな方のために、知っておきたい国宝の仏像や、歴史的に意味を持つ仏像や戦国武将が心の支えとした念持仏の数々を写真でご紹介。さらにそのような仏像の見分け方、造形の鑑賞ポイントなど、豊富なイラストで徹底図解する。これで眼前の世界の奥行きが増すに違いない。