×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画
通販

維新の志士や貿易商が稼いだお金を使い果たすほど男を虜にした【長崎・丸山遊郭】

全国津々浦々 遊郭巡り─東西南北で男たちを魅了した女たち─第1回(長崎・丸山 前編)


西でも東でも男たちを魅了した花街の歴史を探訪─

 

古今東西、花街は男たちの心をつかんで離さなかった。女性たちの魅力に溺れ、夜を楽しむ遊郭は、どれだけ歴史を変えても、そのにぎわいがやむことはない。もちろん、全国各地に遊ぶ場所は存在し、名称やしきたりは違えど、遊女たちが集まる場所には、男たちも集まり、一つの歴史と文化を作り上げた。そんな全国各地にあった遊郭の歴史を本連載では紹介。第一回となる今回は、海外との交易でにぎわい、商人たちが全国から集まった長崎・丸山に存在した遊郭の様子を解説する。


坂本龍馬をはじめ、維新志士たちも通った長崎の遊郭

図1『肥前崎陽玉浦風景之図』(貞秀、元治2年) 国会図書館蔵

 丸山は、長崎市にあった遊廓で、図1に、その全容が描かれている。

 

 ただし、描かれた元治二年(1865)はすでに幕末である。図1は、坂本龍馬が遊んだころの丸山と思ってよかろう。

 

 江戸時代初期の寛永十九年(1642)、それまで市中に散在していた妓楼(ぎろう)を丸山の地に集めて、丸山町と改称した。さらに、妓楼が多かった寄合町が隣接地に移転してきた。

 

 こうして、丸山町と寄合町を合わせた地域が、丸山遊廓と呼ばれるようになった。

 

『諸国色里案内』(空色軒一夢著、貞享5年)に、「長崎丸山之事」として――

 

 ここのおこりは、筑前の博多より、わずかに移り来たりしよりこのかた、百年ばかりにもならんか。いにしえの女郎町は古町といえる所なり。その後、古町を今の丸山に移し給いぬ。そのほか、長崎の町々に忍びの抱え女を、ここへ一緒に集め給いて、今の寄合町、これなり。

 

 ――とあり、博多から来た遊女や、長崎各地にいた遊女を集めて、丸山遊廓が形成されたのがわかる。

 

『長崎土産』(延宝9年)によると、

 

 妓楼 三十軒

 

 遊女三百三十五人(太夫/たゆう 六十九人)

 

 である。

 

 高級遊女である太夫が六十九人もいることから、遊廓としての繁栄がわかろう。

 

図2『長崎土産』(延宝9年) 国会図書館蔵

 図2は、延宝九年(1681)頃の丸山の遊女の姿である。右に立っているのは、清(中国)人。長崎ならではの光景といえようか。この点は、後述する。

 

 戯作『好色一代男』(井原西鶴著、天和2年)では、主人公の世之介が丸山で遊んだのはもう晩年の、五十九歳の時だった――

 

 入口の桜町を見渡せば、はや面白うなってきて、宿に足も止めず、すぐに丸山に行きて見るに、女郎屋の有様、聞き及びしよりはまさりて、一軒に八、九十人も見せかけ姿、

 

 ――とあり、桜町は長崎の目抜き通りである。

 

 つまり世之介は長崎に到着するや、気もそぞろになり、すぐに丸山に足を運んだ。そして、妓楼や遊女の繁盛の様子は、想像以上だったようだ。

 

 一軒の妓楼に、八~九十人も遊女がいた。

 

図3『好色一代男』(井原西鶴著、貞享元年) 国会図書館蔵

 図3は、世之介がながめた遊女の姿。

 

 戯作『日本永代蔵』(井原西鶴著、貞享5年)は、長崎には上方の豪商が有能な手代などを派遣し、海外との取引で巨利を得ていると記したあと――

 

 長崎に丸山という所なくば、上方の金銀帰宅すべし。

 

 ――と慨嘆(がいたん)している。

 

 せっかく長崎で儲けた金を、上方の本店に送らず、丸山遊廓で使い果たしている手代がいたのだ。丸山がなければ、上方の本店にもっと送金されただろうに、と。

 

 戯作『けいせい色三味線』(江島其磧著、元禄14年)は、丸山遊廓を丸山町と寄合町に分け、妓楼や遊女の名を紹介している。

 

 最高位の太夫と、その下の天神がいて、揚代も異なっていた。揚代は銀である。

 

 太夫 六十三人 三十匁

 

 天神 十六人  二十匁

 

 合わせて七十九人だが、これ以外に下級の遊女がたくさんいた。おそらく五百人を超えていたろう。

 

図4『金草鞋』(十返舎一九著、文化10年)、国会図書館蔵

 図4は、丸山の遊興の様子である。

 

 当時、料理は銘々に膳で出すのが普通だった。食卓に料理が並んでいるのが、いかにも長崎らしい。

 料理は卓袱(しっぽく)料理だろうか。

 

(続く)

 

[『歴史人』電子版]
歴史人 大人の歴史学び直しシリーズvol.4
永井義男著 「江戸の遊郭」

現代でも地名として残る吉原を中心に、江戸時代の性風俗を紹介。町のラブホテルとして機能した「出合茶屋」や、非合法の風俗として人気を集めた「岡場所」などを現代に換算した料金相場とともに解説する。

Amazon

KEYWORDS:

過去記事

永井 義男ながい よしお

1997年『算学奇人伝』で開高健賞受賞。時代小説のほか、江戸文化に関する評論も数多い。著書に『江戸の糞尿学』(作品社)、図説吉原事典(朝日新聞出版)、江戸の性語辞典(朝日新聞出版)など。

最新号案内

歴史人 2021年11月号

日本の仏像 基本の「き」

お寺や仏様に参拝して心の安らぎを得るだけでなく、その歴史や造形の意味を探りたい。という読者は多いことだろう。そんな方のために、知っておきたい国宝の仏像や、歴史的に意味を持つ仏像や戦国武将が心の支えとした念持仏の数々を写真でご紹介。さらにそのような仏像の見分け方、造形の鑑賞ポイントなど、豊富なイラストで徹底図解する。これで眼前の世界の奥行きが増すに違いない。