×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画
通販

1宿場150人…いやその倍はいた「飯盛女」は和歌になるほど人気者 ~ 後編 ~

江戸の性職業 #037

■『四谷新宿馬糞のなかに、あやめ(内藤新宿の飯盛女)咲くとはしほらしや』

図1『絵本時世粧』(歌川豊国、享和2年) 国会図書館蔵

 図1は、内藤新宿の女郎屋(飯盛女を置いた旅籠屋・はたごや)が描かれている。

 

 午前中の光景であろう。明るい場所に鏡台を置き、飯盛女が化粧をしている。

 

 建前はあくまで旅籠屋なのだが、女郎屋と変わらないのがわかろう。

 

 内藤新宿は道中奉行より、宿場全体で百五十人まで飯盛女を置くことを許されていた。しかし、実際には倍以上いるのは、これまた常識だった。

 

 揚代は、昼は六百文、夜は四百文が主流だったが、銀二朱の高級な飯盛女もいた。

 

図2『大通契語』(笹浦鈴成著、寛政12年) 国会図書館蔵

 

 図2に、飯盛女と客の男が描かれている。男は帰り支度をしているようだ。

 

 品川や内藤新宿は、他の宿場とくらべると、格が高かったといえよう。

 

 ただし、おたがいにライバル視していたようだ。

 

『譚嚢』(安永6年)に、次のような笑い話がある。

 

 新宿の女郎、品川の女郎をそしって曰(いわ)く、

 

「品川の女郎衆は総体、下卑さ。あれは船頭に付き合うからだのう、馬子どの」

 

 女郎は飯盛女のこと。

 

 品川の飯盛女は船頭の相手をするから下品になるというのだが、そう言う内藤新宿の飯盛女である自分は、馬方の相手をしている。

 

 海のそばの品川と、水路にめぐまれない内藤新宿の地理的条件もわかる笑い話である。

 

 甲州街道では物資の運搬にもっぱら馬が用いられたため、内藤新宿には馬方が多かったのだ。

 

「四谷新宿馬糞(まぐそ)のなかに、あやめ咲くとはしほらしや」

 

 は、潮来節(いたこぶし)の、

 

「潮来出島のまこもの中で、あやめ咲くとはしほらしや」

 

 をもじった替え歌である。

 

 馬糞の中に咲くあやめとは、内藤新宿の飯盛女をさしていた。

 

 馬鹿にしているかのようだが、歌にまでなったのは、やはりセックスワーカーとして人気があった証拠であろう。

 

[『歴史人』電子版]
歴史人 大人の歴史学び直しシリーズvol.4
永井義男著 「江戸の遊郭」

現代でも地名として残る吉原を中心に、江戸時代の性風俗を紹介。町のラブホテルとして機能した「出合茶屋」や、非合法の風俗として人気を集めた「岡場所」などを現代に換算した料金相場とともに解説する。

Amazon

 

 

 

KEYWORDS:

過去記事

永井 義男ながい よしお

1997年『算学奇人伝』で開高健賞受賞。時代小説のほか、江戸文化に関する評論も数多い。著書に『江戸の糞尿学』(作品社)、図説吉原事典(朝日新聞出版)、江戸の性語辞典(朝日新聞出版)など。

最新号案内

歴史人 2021年8月号

保存版特集【日米開戦80年目の真実】

建艦競争から軍縮会議、そして日米開戦…なぜ太平洋戦争は回避できなかったのか? ――米英ソが描いた世界大戦への謀略―― 真珠湾奇襲攻撃から米軍に反攻を許したミッドウェー海戦・インパール作戦、 日本軍最後の決戦硫黄島・沖縄戦、そして本土空爆・ポツダム宣言・玉音放送まで 太平洋戦争のすべてがわかる一冊!