×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画
通販

行商人を装った私娼「提重(さげじゅう)」 というお仕事 ~ 後編 ~

江戸の性職業 #035

■寛政の改革以前は“提重”を手にしていなかった

図1)『米饅頭始』(山東京伝著、安永9年)、国会図書館蔵

 提重を描いた戯作(小説)に、『米饅頭始』(山東京伝著、安永九年)がある。それによると、幸吉・お米夫婦は生活に困窮し――

 

 是非なく渡世のために、お米を提重というものに出しけり。

 

 といういきさつで、ついに幸吉は、女房のお米に提重をさせ、生活費を得ることにした。

 

 図1は、亭主の幸吉が着替えを背負って、女房のお米を送っていくところである――

 

 幸「俺ゆえ、そなたは憂き苦労をするの」

 

 米「おまえのためじゃもの、何の苦労でござんしょ」

 

 女房が提重をするのは不貞でも堕落でもなく、あくまでセックスワーカーの仕事という認識だった。

 

 これは、当時の社会の認識でもあった。

 

 現代で言えば、夫が失業したので、それまで専業主婦だった妻が性風俗店で働くことになった。夫は納得し、妻に感謝している――こういう状況になろうか。

 

 ところで、図1の安永九年(1780)は、寛政の改革以前で、しかも、お米は提重を手にさげていない。

 

 近世風俗の基礎文献『守貞謾稿』(喜多川守貞著、幕末期)には――

 

 このさげぢうと云ふ売女は、いづれの比にや不詳。……(中略)……提重、筥(はこ)に食類を納れて歩行けるを矯けて売色せしなり。かの綿摘と同意なり。愚按ずるに、これは自家に客を迎ふは稀にて、多くは寡夫、独身者等の家にて買ふなるべし。

 

 とあり、もともと提重と呼ばれるデリヘル業態のセックスワーカーがいたようだ。

 

「売色」は売春のこと。

 

「愚按ずるに」の愚は、著者の喜多川守貞のこと。著者が思うに、ということである。

 

 男やもめや、独身の男の家に行き、そこで性行為をするシステムだった。

 

 寛政の改革で私娼の取り締まりがきびしくなったため、菓子などを入れた提重を手にさげ、行商人をよそおうようになったのかもしれない。

 

 なお、「綿摘(わたつみ)」もデリヘル形式のセックスワーカーである。

 

『米饅頭始』のなかで、著者の山東京伝は――

 

 此時分は提重というもの殊の外はやりて、多く類が出で来けり。これ今はやる地獄の類いなるべし。

 

 と述べている。

 

 同書の刊行年が安永九年だから、提重が大流行したのは明和期(176472)、地獄がはやっている今は安永期(177281)ということになろうか。

 

地獄」もセックスワーカーの一種だが、これについては別項で述べた。

 

KEYWORDS:

過去記事

永井 義男ながい よしお

1997年『算学奇人伝』で開高健賞受賞。時代小説のほか、江戸文化に関する評論も数多い。著書に『江戸の糞尿学』(作品社)、図説吉原事典(朝日新聞出版)、江戸の性語辞典(朝日新聞出版)など。

最新号案内

歴史人 2021年11月号

日本の仏像 基本の「き」

お寺や仏様に参拝して心の安らぎを得るだけでなく、その歴史や造形の意味を探りたい。という読者は多いことだろう。そんな方のために、知っておきたい国宝の仏像や、歴史的に意味を持つ仏像や戦国武将が心の支えとした念持仏の数々を写真でご紹介。さらにそのような仏像の見分け方、造形の鑑賞ポイントなど、豊富なイラストで徹底図解する。これで眼前の世界の奥行きが増すに違いない。