×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画
通販

過激すぎる“わいせつ”ショー「見世物」興行 ~名古屋編~

江戸の性職業 #030

■金玉娘、馬と女の交接… いずれも短期間で禁止に

豊年武都英

図1『豊年武都英』(手前翰謂喜著、天保10年)国会図書館蔵

 江戸では、盛り場や神社仏閣の境内などには、多くの見世物小屋があった。

 

 図1は、見世物小屋の入口の光景。入口で、呼び込みの男が口上を述べている。木戸銭は十三文のようだ。

 

 見世物には他愛ないものや、いかさままがいのものもあったが、中には、猥褻(わいせつ)ショーもあった。近代のストリップショーに近い。

 

 こうした猥褻ショーに出演していた女も、セックスワーカーと言えるであろう。

 

 名古屋における見世物の数々を編年体で記した『見世物雑志』(小寺玉晁著)によると、次のような猥褻ショーがあった。

 

・文政五年(1822)三月

 女のむき出しにした陰部を、客の男に火吹竹で吹かせる見世物が出た。木戸銭は四文。

 真顔で吹き、笑わなかったら、景品が出た。

 三味線でお囃子弾き、

「やれ吹く、やれ吹く、それ吹く、それ吹く、それ吹く、どしこ、どしこ、どしこ」

 と、はやし立てた。

 しばらくして、禁止となった。

 

・文政六年十一月

 金玉娘という見世物が出た。

 女が裾を広げ、股をひらいて見物人に見せた。

 垂れ下がった睾丸の後ろに、玉門(陰部)があった。

 

・天保三年(1832)七月二十四日

「みゐれ駒」と名付け、馬が女にのしかかって交接する様子を見せる見世物が出た。

 まず、女が先に登場し、続いて馬が出てくる。

 女が馬のまわりを一、二度まわり、

「これ、お駒さん」

 と言うと、馬はひひんと、いなないた。

 女が言う。

「おまえ、したいか」

 馬はひひんと、いななき、体をかがめた女の背後からのしかかり、陰茎の先から淫水をしたたらせた。

 九月二日、興行は禁止された。

 

 以上は、名古屋の興行事情だが、江戸も負けてはいない。

 

 江戸でも、同様な猥褻ショーはおこなわれていた。

 

(続く)

KEYWORDS:

過去記事

永井 義男ながい よしお

1997年『算学奇人伝』で開高健賞受賞。時代小説のほか、江戸文化に関する評論も数多い。著書に『江戸の糞尿学』(作品社)、図説吉原事典(朝日新聞出版)、江戸の性語辞典(朝日新聞出版)など。

最新号案内

歴史人 2021年11月号

日本の仏像 基本の「き」

お寺や仏様に参拝して心の安らぎを得るだけでなく、その歴史や造形の意味を探りたい。という読者は多いことだろう。そんな方のために、知っておきたい国宝の仏像や、歴史的に意味を持つ仏像や戦国武将が心の支えとした念持仏の数々を写真でご紹介。さらにそのような仏像の見分け方、造形の鑑賞ポイントなど、豊富なイラストで徹底図解する。これで眼前の世界の奥行きが増すに違いない。