×
日本史
世界史
連載
エンタメ
誌面連動企画

歌舞伎役者だけではなく相撲力士も?「男妾」というお仕事 第1回 ~女は若い男を自分好みに仕込む~

江戸の性職業 #026

■歌舞伎役者だけではなく、相撲力士も男妾に

図1『万福和合神』(葛飾北斎、文政4年)、国際日本文化研究センター蔵

 三十歳の裕福な後家が、十七歳の奉公人に目を付け、性の手ほどきをした。その後は男妾(おとこめかけ)にして、思うがままに性を享楽している様子が図1である。

 

 女にしてみれば、年若い男を自分好みに仕込み、性の奉仕をさせるわけで、至高の悦楽であろう。

 

 男にしてみれば、女に性の奉仕をするのが仕事である。男妾はセックスワーカーと言ってよかろう。

 

 春本『艶本葉男婦舞喜』(喜多川歌麿、享和2年)に、炬燵(こたつ)のそばで後家が男妾と情交している場面がある――

 

「さあさあ、早く早く、ぐっと入れて。ああ、もうもう、入れぬ先から気が生き続けだ。ああああ」

 

「男妾もつらいものだ」

 

 悦楽の追求に貪婪(どんらん)な後家の相手をしながら、男は内心で「男妾もつらい」と愚痴っている。

雇い主である後家の要求が強すぎるようだ。

 

 戯作『東海道中膝栗毛』(十返舎一九・じっぺんしゃいっく 著)の大坂の場面で、次のような話がある。

 

 船場の大きな商家に、三十四、五歳の後家がいた。番頭がこぼす――

 

「どうも役者買うて、金使うてならんさかい、厄介のない男妾、抱えたい」

 

 番頭は、後家が役者に入れあげて金を浪費するのが心配だった。下手をすると、家産を傾けてしまう。そこで、後家のために、もっと安上がりな男妾を抱えたい、と。

 

 これを聞き、弥次郎兵衛と喜多八は目の色を変えて男妾を志願するのだが、もちろん、ふたりともあっさり断られてしまう。

 

 ともあれ、女が金を出して歌舞伎役者と性を享楽するのを「役者買い」と言った。それにしても、男妾より役者買いの方がはるかに大金がかかったのがわかる。

 

 この役者買いは、大坂に限らず、江戸でもおこなわれていた。

 

 春本『馬鹿本草』(磯田湖龍斎・いそだこりゅうさい 安永7年)に、かなり高齢の女が役者買いをしている場面が描かれている。

 

 若い役者が老婆に重なり、情交しながら、ねだるーー

 

「このじゅう、お約束の羽織をおこしておくれ」

 

「おおおお、呑み込みました」

 

 役者の方は女に買われるのに慣れていた。状況を見て、羽織をねだっている。いっぽうの老婆は、快感にあえぎながら、了承している。

 

 もちろん、当時の女は経済力がなかった。役者買いができるのは、金を自由に使える豪商の後家、大奥の奥女中(おくじょちゅう)くらいだったろう。

 

 一部の若手の歌舞伎役者は、セックスワーカーだったといってよい。

 

 そのほか、「相撲買い」もおこなわれていた。女が小遣いをあたえ、若い相撲取りを男妾にする。一部の力士もセックスワーカーだったといえよう。

KEYWORDS:

過去記事

永井 義男ながい よしお

1997年『算学奇人伝』で開高健賞受賞。時代小説のほか、江戸文化に関する評論も数多い。著書に『江戸の糞尿学』(作品社)、図説吉原事典(朝日新聞出版)、江戸の性語辞典(朝日新聞出版)など。

最新号案内

歴史人 12月号

大図解!戦国武将の戦時と平時

知られざる「陣中暮らし」から「衣・食・住」まで