×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画
通販

江戸時代の地者「地獄」というお仕事 後編 ~庶民の男には夢心地! 口コミで大流行~

江戸の性職業 #028

■秘密が守られる出合茶屋には御家人の妻や娘、後家などが登録していた

 

図1『江戸名所図会』(天保7年)、国会図書館蔵

『我衣』(加藤曳尾庵・かとうえびあん 著)の文政七年(1824)の項に、次のような内容の記述がある。

 

 転び芸者や地獄が横行して目に余るので、五月の初め、町奉行所は各所を摘発し、二百七十六人の女を召し取った。うち、百十二人が牢に入れられた。

 

 中橋や京橋がとくに多かった。

 

 転び芸者とは、客の男と寝て金を得ていた芸者である。

 

 当時、芸者と地獄がセックスワーカーとして人気があったことにほかなるまい。

 

『甲子夜話続編』(松浦静山 著)に、次のような事件が記されている。

 

 関口の目白不動(新長谷寺)の門前に、数軒の出合茶屋があった。

 

 出合茶屋の亭主たちは相談し、

 

「いまのままでは、たいして儲からない」

 

 と、近くに住む女と契約して地獄商売をするようになった。

 

 客はひとりで出合茶屋にあがる。客の好みに応じて、茶屋が女を呼び寄せるという仕組みだった。

 

 女のほうでも秘密をたもてるため、近所に屋敷のある御家人の妻や娘、後家などが登録するようになった。

 

 亭主が客にささやく。

 

「お武家のお内儀がいますよ。若いのがよければ、娘も。年増がよければ、後家さんも。いかがですか」

 

 庶民の男にとって、武士の妻や娘、後家と性行為ができるなど夢心地である。

 

 口コミで広がり、大いに流行ったが、そうなると町奉行所の耳にもはいる。

 

 文政十三年(1830)十月、南町奉行筒井和泉守(つついいずみのかみ)の命を受けて役人が出合茶屋に踏み込み、茶屋の亭主五人と、十六歳から三十五歳までの女十一人を召し捕った。

 

 事件の顛末を記したあと、著者の松浦静山は、奉行所は幕臣の体面をたもつため、女の身元はいっさい公表しなかった、と付け加えている。

 

 つまり、召し取った女はみな出合茶屋の雇われ女だったことにして、御家人の妻女がいたことは隠蔽したのである。

 

 図1は、目白不動が描かれている。この門前に出合茶屋があり、幕臣の妻女が地獄稼業をしていたことになろう。

 

 なお、目白不動は昭和二十四年(1949)、廃寺となった。

 

KEYWORDS:

過去記事

永井 義男ながい よしお

1997年『算学奇人伝』で開高健賞受賞。時代小説のほか、江戸文化に関する評論も数多い。著書に『江戸の糞尿学』(作品社)、図説吉原事典(朝日新聞出版)、江戸の性語辞典(朝日新聞出版)など。

最新号案内

歴史人 2021年8月号

保存版特集【日米開戦80年目の真実】

建艦競争から軍縮会議、そして日米開戦…なぜ太平洋戦争は回避できなかったのか? ――米英ソが描いた世界大戦への謀略―― 真珠湾奇襲攻撃から米軍に反攻を許したミッドウェー海戦・インパール作戦、 日本軍最後の決戦硫黄島・沖縄戦、そして本土空爆・ポツダム宣言・玉音放送まで 太平洋戦争のすべてがわかる一冊!