×
日本史
世界史
連載
エンタメ
誌面連動企画

過激すぎる“わいせつ”ショー「見世物」興行 ~江戸編~

江戸の性職業 #031

■「おめこのさね(クリトリス)」で俵や半鐘を吊り上げる

図1『絵本江戸みやげ』(西村重長著)、国会図書館蔵

 両国広小路と山下は、江戸有数の盛り場で、見世物小屋や芝居小屋が建ち並んでいた。

 

 両国広小路は、両国橋西詰(西岸)の広場である。山下は、寛永寺のある上野の山のふもとにあたることから、こう呼ばれた。

 

 図1に、両国広小路のにぎわいが描かれている。

 

『わすれのこり』(安政元年)に、「恥ずべき見世物」として、次のような内容が記されている。

 

 両国広小路や山下に小屋を掛け、興行した。

 舞台にふたりの若い女が登場する。

 ひとりが着物の裾をはだけて、陰部をむき出しにした。

 もうひとりは、先に赤い布で作った陰茎を取り付けた竹棒を持っている。

 竹棒を持った女が、陰茎で陰部を突く真似をしながら、

「やれ突け、それ突け、やれ突け、それ突け」

 と言いながら踊る。

 陰部をむき出しにした女は、

「当ててみるなら、当ててんか」

 と言いながら、三味線のお囃子に合わせて、腰を動かした。

 

 紀州和歌山藩の下級藩士酒井伴四郎(さかいはんしろう)は万延元年(1860)、江戸詰となり、五月下旬、江戸に到着した。

 

 その日記(『酒井伴四郎日記』)によると、七月十六日、伴四郎は五人連れで藩邸を出た。

 

 みなで吉原を見物したあと、両国広小路に行き、見世物小屋にはいった。

 

 おこなわれていたショーは、「おめこのさね」で俵や半鐘を吊り上げるというものだった。

 

 さらに、二十歳くらいの女が陰部をあらわにし、男が張方(はりかた)を挿入すると、女があえぎながら腰を使う出し物もあった。

 

 伴四郎は、「いずれも面白し」と感想を記している。

 

 なお、「おめこのおさね」はクリトリスの意味だと思うが、はたして俵や半鐘を持ち上げることができるだろうか。

 

 おそらく俵や半鐘は張子に彩色したものだと思うが、クリトリスに糸を付けて持ち上げたのだろうか。

 

 もしかしたら、膣圧で持ち上げたのかもしれない。

 

 ともあれ、こんな卑猥なショーが両国広小路で堂々とおこなわれ、庶民のみならず、武士までもが見物していた。

KEYWORDS:

過去記事

永井 義男ながい よしお

1997年『算学奇人伝』で開高健賞受賞。時代小説のほか、江戸文化に関する評論も数多い。著書に『江戸の糞尿学』(作品社)、図説吉原事典(朝日新聞出版)、江戸の性語辞典(朝日新聞出版)など。

最新号案内

歴史人 4月号

全合戦の勝率から導き出された最強武将の称号は誰に!?

発表! 戦国武将最強ランキング