×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画
通販

徳川四天王 外交に長けた譜代最古参の忠臣・酒井忠次 (さかいただつぐ)

徳川家康・その一族と家臣団 第6回

先陣として柴田勝家を敗走させた功績から家康の信頼を得る

 

家康の父・広忠の家臣でもあり、家康の側近としては最古参の武将だ。イラスト/さとうただし

 徳川家にとって累代譜代家臣を「三河譜代(草創期の松平家臣)」という。諸説はあるが、忠次の酒井家は家康の松平家と同祖といわれている。それだけに徳川家において酒井家は代々重職にあった。酒井家は「左衛門尉(さえもんのじょう)」系と「雅楽頭(うたのかみ)」系に分かれていて、徳川家の歴史を見ると、雅楽頭系は後に「下馬将軍」の異名を取るような忠清や忠勝・忠利(老中)・忠恭・忠寄・忠進(老中)などを輩出するが、忠次の左衛門尉系からは何故か出世する人間は出てこない。それでも「徳川四天王」の1人として誉め讃えられている。

 

 忠次は大永7年(1527)生まれ。家康よりも15歳の年長である。忠次は、家康の父・広忠に仕え、その後、家康が今川家の人質として駿府にあった間も、ずっと家康のお守り役として傍にいた。元服したばかりの家康(松平元康・15歳)が織田軍と戦った際に、忠次は岡崎城に攻めてきた敵将・柴田勝家を負傷させ、敗走させるのに先陣として奮闘した。これ以来、家康は出兵に当たっては忠次を必ず先陣(先駆け)させるのが先例となったという。この辺りに「四天王」面目躍如の忠次の姿が見える。

 

 永禄7年(1564)の三河・一向一揆を制圧した家康は、東三河の残存していた今川氏真(うじざね)の勢力を一掃し、忠次を吉田城主とした。そして東三河の松平庶家・諸氏を忠次の配下に置いて東三河のトップに据えた。今川氏の隣接地である東三河を預けられたのは、忠次どれほど家康から信頼されていたか、を示すものであろう。なお、この時家康は西三河を石川家(最初は家成、後に数正)に任せた。

 

 忠次の軍団は「白地に日の丸」の旗を靡かせて進んだ。元亀元年(1570)、姉川合戦でも忠次は徳川軍第1陣として1千の兵を率いて先陣を戦った。

 

 忠次の外交能力も高く、家康が越後・上杉謙信(当時は輝虎)と同盟する際の工作は全て忠次が関わっている。

 

 元亀3年12月の三方ヶ原合戦で武田信玄に惨敗した家康は、浜松城に逃げ帰ると城門を開いてしまった。追撃してきた武田軍は「何か策あり」として引き上げたが、その時に忠次は太鼓打ち鳴らし、城兵を鼓舞したという。後には「酒井の太鼓」として芝居などにもなる名場面である。

 

 これほどに家康の信頼が厚かった忠次だが家康の嫡男・信康切腹事件では、安土城に信長を訪問した時に信長から12ヶ条の詰問をされ、10ヶ条を認めてしまうという失態を演じた。これが信長の(難題を吹っかけるという)罠だったが、家康は信長の命令で信康と正室・築山殿(つきやまどの)を殺す結果になった。後のことだが、酒井家の新旧交代の際に嗣子(しし)・家次の家督が低いことを家康に訴えると、家康には「おまえも子は可愛いか」と皮肉られる。信康切腹に絡んでいた忠次へのしっぺ返しでもあった。隠居した忠次は、70年を生きて慶長元年(1596)京都で死去した。

KEYWORDS:

過去記事

江宮 隆之えみや たかゆき

1948年生まれ、山梨県出身。中央大学法学部卒業後、山梨日日新聞入社。編制局長・論説委員長などを経て歴史作家として活躍。1989年『経清記』(新人物往来社)で第13回歴史文学賞、1995年『白磁の人』(河出書房新社)で第8回中村星湖文学賞を受賞。著書には『7人の主君を渡り歩いた男藤堂高虎という生き方』(KADOKAWA)、『昭和まで生きた「最後のお殿様」浅野長勲』(パンダ・パブリッシング)など多数ある。

最新号案内

歴史人 2021年11月号

日本の仏像 基本の「き」

お寺や仏様に参拝して心の安らぎを得るだけでなく、その歴史や造形の意味を探りたい。という読者は多いことだろう。そんな方のために、知っておきたい国宝の仏像や、歴史的に意味を持つ仏像や戦国武将が心の支えとした念持仏の数々を写真でご紹介。さらにそのような仏像の見分け方、造形の鑑賞ポイントなど、豊富なイラストで徹底図解する。これで眼前の世界の奥行きが増すに違いない。