×
日本史
世界史
連載
エンタメ
誌面連動企画

敗者の大坂の陣 毛利勝永(もうり かつなが)はなぜ土佐藩を去ったのか?(前編)

歴史研究最前線!#025

関ヶ原合戦で敗北し、土佐の山内一豊の元に預けられたが…

 

清凉寺(京都市)にある、大坂の陣で亡くなった武将たちの供養碑と豊臣秀頼の首塚。

 

 大坂の陣で豊臣方に身を投じた牢人衆の中には、もともとは大名クラスの者も存在した。その1人として、毛利勝永(もうりかつなが)の名を挙げることができる。はたして勝永は、いかなる来歴を持つ人物なのであろうか。

 

 勝永は勝信の子として、天正5年(1577)に誕生した。勝永の父は勝信(吉成とも)といい、もともとは秀吉の配下にあって黄母衣衆(きほろしゅう)を務めた人物である。黄母衣衆とは、主君を守る親衛隊のようなものである。毛利氏の本姓は森であったが、中国地方の大名・毛利氏にならって毛利に改姓したという。

 

 勝信は秀吉のもとで九州平定に軍功を挙げ、天正15年に豊前小倉に6万石を与えられた。文禄元年(1592)の朝鮮出兵にも出陣し軍功を挙げた。ここまでの毛利氏は順調であったといえよう。

 

 ところが、慶長5年(1600)9月の関ヶ原合戦では西軍に属して敗北を喫した。そして、改易(かいえき)処分を受けると、肥後の加藤清正のもとに送られたが、やがて土佐の山内一豊(かずとよ)に預けられたのである。このように、改易された大名が他家に預けられる例は多い。

 

 このとき、勝永も父とともに山内家のもとに向かった。山内家では、意外なことに厚遇されたという。そもそも2人は仲が良かったようである。しかし、父の勝信は失意のうちに土佐で亡くなった。慶長16年のことである。

 

 その間、土佐に在国中の勝永自身は、二男、一女に恵まれたという。平凡ながらも、平穏無事な生活を送っていたようである。そうした状況下の慶長19年、大坂の陣が近くなると、思いがけず秀頼(ひでより)からの出陣命令が届いたのである。

 

 命令を受け取った勝永は、大いに悩んだことであろう。山内家の恩義を考えると、安易に秀頼のもとに馳せ参じるわけにはいかない。ただ、このまま山内家に居候のような形でいても、将来の展望は開けない。

 

 そのように考えに考えた末、本来、勝永は徳川方の山内家に従うべきところであるが、それを断って子の勝家と共に豊臣方へ身を投じたのである(『土屋知貞私記』)。勝永は4500人の軍勢を率いて、秀頼方に馳せ参じた。

 

 その背景には、いかなる事情があったのだろうか?

(続く)

KEYWORDS:

過去記事

渡邊 大門わたなべ だいもん

1967年生。佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。現在、株式会社歴史と文化の研究所代表取締役。『本能寺の変に謎はあるのか? 史料から読み解く、光秀・謀反の真相』(晶文社)、『清須会議 秀吉天下取りのスイッチはいつ入ったのか?』(朝日新書)『真田幸村と大坂夏の陣の虚像と実像』(河出ブックス)など、著書多数。

最新号案内

歴史人 12月号

大図解!戦国武将の戦時と平時

知られざる「陣中暮らし」から「衣・食・住」まで