×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

家康の政略に命運を左右された「娘と養女たち」

学び直す「家康」⑩

■婚家の命運とともに明暗が分かれた娘たちの生涯

伊達政宗
家康にもっとも警戒されたという政宗は当時、東北に大勢力を誇った。家康は伊達家にも政略結婚を仕掛け、自身の6男・忠輝と政宗の長女・五郎八姫を結婚させている。

 家康は多くの子に恵まれ、娘は他家に嫁がせることで、大名や家臣と強い関係を築いた。それは実子だけでなく、養女を迎えて、他家に輿入れさせることもあった。ここでは、政略結婚の観点から、家康の娘や養女について、考えることにしよう。

 

 天正4年(1576)、家康は長女の亀姫(かめひめ)を奥平信昌(おくだいらのぶまさ)に輿入れさせた。信昌は新城城(しんしろじょう/愛知県新城市)主だった。のちに、奥平氏は徳川家の譜代大名になったが、家康の婚姻政略はこれを嚆矢(こうし)とする。

 

 天正11年、家康は次女の督姫(とくひめ)を相模の北条氏直(ほうじょううじなお/氏政/うじまさの子)に嫁がせた。2人の結婚により、徳川氏と北条氏の同盟が結ばれ、和平が実現したのである。天正18年に北条氏が豊臣秀吉に滅ぼされたが、氏直は徳川氏との関係を考慮され、生き永らえることになった。

 

 翌年、河内で1万石の大名となった氏直が亡くなったので、督姫は文禄3年(1594)に播磨を治める池田輝政(いけだてるまさ)と再婚した。その後、2人の間には、5人の男子が誕生した。輝政の父・恒興(つねおき)は、天正12年の小牧・長久手の戦いで、家康の軍勢によって討たれた。しかし、この婚姻により、両者は固い絆で結ばれたのである。

 

 慶長5年(1600)の関ヶ原合戦で、輝政は大いに軍功を挙げ、播磨姫路52万石の大名になった。その5年後、家康は秀忠の養女(榊原康政/さかきばらやすまさ/の娘)を利隆(としたか/輝政の長男)のもとに嫁がせた。こうして両家は、さらに強い関係を結んだのである。

 

 秀吉死後の慶長3年、家康は、秀吉が定めた「掟(特に無断で婚姻を進めてはならないこと)」を破り、私婚を進めた。家康は、秀頼の後見人である五大老・五奉行を無視し、ほかの大名家との婚姻を行ったのだ。その婚姻相手(家康の養女に限る)は、次のとおりである。

 

①氏姫(うじひめ/小笠原秀政/おがさわらひでまさ/の娘)と蜂須賀至鎮(はちすかよししげ/蜂須賀家政/いえまさ/の嫡子)

 

②満天姫(まてひめ/松平康元/まつだいらやすもと/の娘)と福島正之(ふくしままさゆき/福島正則/ふくしままさのり/の養子)

 

 蜂須賀氏、福島氏は秀吉に早くから従っており、「秀吉子飼いの大名」だった。家康は婚姻関係を通して、その縁故の鎖を断ち切りたかったのであろう。2人と良好な関係を保つことには、大きな意味があった。

 

 また、家康は石田三成に対抗すべく、黒田長政(くろだながまさ/官兵衛/かんべえ/の子)を味方に引き入れようとした。もともと長政の妻は、糸姫(いとひめ/蜂須賀正勝/まさかつ/の娘)だった。しかし、家康は栄姫(えいひめ/保科正直/ほしなまさなお/の娘)を養女に迎えると、慶長5年6月に長政に輿入れさせた。その際、長政は糸姫と離縁したという。

KEYWORDS:

過去記事

最新号案内

歴史人2023年2月号

徳川家康の真実

いよいよスタートする大河ドラマ「どうする家康」に合わせて、徳川家康の生涯を徹底検証!タヌキオヤジ、我慢強い、などと言われてきた家康ですが、じつは最新研究で家康の評価や人物像が大きく変わっています。本特集では、その新しい歴史や人物像もふまえて、人質時代から織田信長との同盟、本能寺の変、秀吉時代、関ケ原の戦い、征夷大将軍と秀頼、そして大坂の陣まで、ドラマチックな一生を最新バージョンにアップデートして解説していきます。大河ドラマ時代考証担当の小和田哲男氏と平山優氏の特別寄稿も掲載!知っているようで知らない現在の家康がわかる1冊です。