×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

家康を支えた「ブレーン」とその変遷

学び直す「家康」⑧

■合戦、謀略、外交、内政などで多くのブレーンを登用

三河時代の拠点であった岡崎城
家康が三河を統治していた時代の岡崎城は。天守や石垣のない中世的な土の城であった。

 家康は、その生涯で必要に応じて様々なブレーン(軍師的存在)を重用した。弱小の戦国大名だった時代には、三河家臣団に支えられたが、三河統一後には東西(浜松城・岡崎城)に酒井忠次(さかいただつぐ)・石川数正(いしかわかずまさ/当初は叔父・石川家成)を置いて家臣団をまとめさせた。

 

 だが、家康自身の存在が大きくなり天下を視野に入れる頃には、それまでの「鑓一筋」の武功派に加えて、政治・行政・外交などに精通した頭脳派ブレーンが台頭する。そこには豪商・僧侶・儒者・技術者(経済官僚)・外国人まで幅広い層が加わってくる。

 

 政治面におけるブレーンの筆頭は、本多正信(まさのぶ)・正純(まさずみ)父子である。正信は下級の三河武士出身で一向一揆では一揆側に立ち、鎮定後は国を捨てて諸国を遍歴し元亀元年・姉川(あねがわ)合戦の折に帰参した。以後は家康の懐刀として、謀略などを含む政治的な諸問題を解決した。

 

 譜代の三河武士団からは嫌われたが、嫡男・正純ともども徳川将軍家の絶対的権威を確立するために尽くした。大御所(おおごしょ)・家康、将軍・秀忠という二元政治(前述)も正信・正純が軌道に乗せたのだった。

 

 異色のブレーンとしては、僧侶の南光坊天海(なんこうぼうてんかい/天台宗)・金地院祟伝(こんちいんすうでん/臨済宗)がいる。『徳川実記(とくがわじっき)』によれば天海は「常に(家康の)左右に侍して顧問に与り」とあるように家康の信頼第1の僧侶であった。

 

 祟伝は、外交文書・法律作り(武家諸法度/ぶけしょはっと・禁中並公家諸法度/きんちゅうならびぶけしょはっと・寺院諸法度)や政策決定にも参画して「黒衣(こくい)の宰相(さいしょう)」と呼ばれる存在であった。

 

 また財政面では、金座で小判鋳造に貢献した後藤庄三郎、豪商は浜松城時代からの京・大坂の商業と情報協力者であった茶屋四郎次郎(ちゃやしろうじろう)、富士川開削やベトナムなど海外貿易も行った角倉了以(すみのくらりょうい)がいた。儒学者・林羅山(はやしらざん)は、朱子学を徳川幕府の政治思想として導入して、その子孫まで「林家」と呼ばれて徳川幕府を思想面で支えた。

 

 家康が貿易経済面で外交顧問としたのは、イギリス人のウイリアム・アダムスとオランダ人のヤン・ヨーステンの2人であり、ヨーステンの名前は東京・八重洲として残る。

KEYWORDS:

過去記事

最新号案内

歴史人2023年2月号

徳川家康の真実

いよいよスタートする大河ドラマ「どうする家康」に合わせて、徳川家康の生涯を徹底検証!タヌキオヤジ、我慢強い、などと言われてきた家康ですが、じつは最新研究で家康の評価や人物像が大きく変わっています。本特集では、その新しい歴史や人物像もふまえて、人質時代から織田信長との同盟、本能寺の変、秀吉時代、関ケ原の戦い、征夷大将軍と秀頼、そして大坂の陣まで、ドラマチックな一生を最新バージョンにアップデートして解説していきます。大河ドラマ時代考証担当の小和田哲男氏と平山優氏の特別寄稿も掲載!知っているようで知らない現在の家康がわかる1冊です。