×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

家康の「食」と「健康法」

学び直す「家康」⑤

薬の知識に基づき、自ら薬の調合を行った家康

鷹狩り姿の家康
家康が隠居後を過ごした駿府城の本丸跡には、鷹狩りの姿を模した家康の銅像が建てられている。死ぬ直前まで鷹狩りを楽しんだという。

 家康は粗食で長寿を保ちえたが、薬マニアで有名だった。中国の薬学書の『本草綱目(ほんぞうこうもく)』や『和剤局方(わざいきょくほう)』を読むなど、和漢の薬に詳しかった。『本草綱目』は林羅山が手に入れ、家康に献上したものである。

 

 家康は豊富な薬の知識に基づき、自ら薬の調合を行い、八味地黄丸(はちみじおうがん)という漢方薬を処方して日常的に服用していた。家康が調合のときに使った小刀、青磁鉢(せいじばち)、乳棒(にゅうぼう)は、今も残っている。

 

 慶長15年(1610)と同17年、松前藩の松前慶広(よしひろ)はオットセイを家康に贈った。家康はオットセイを精力剤とすべく、自ら調合したといわれている。

 

 家康の薬の知識は浩瀚(こうかん)なもので、当時の医者も驚いたという。家康の学問好きはここでも活かされたのだ。

 

腫れ物に悩まされた家康

 

 天正13年(1585)、家康が44歳のとき、背中にこぶし大の腫れ物ができ、高熱で一睡も出来ない日が続いた。腫物は、顔やうなじにも広がっていた。

 

 家康は小姓に命じて、ハマグリの貝で腫れ物の膿(うみ)を絞らせるという荒療治を行った。しかし、かえって腫物が大きくなってしまい。家康は死を覚悟して重臣を呼び寄せたといわれている。

 

 そのとき家臣の本多重次(ほんだしげつぐ)が家康のもとにやって来て、糟屋長閑(かすやちょうかん)という医師に診察してもらうよう勧めた。長閑は塗り薬を背中に塗り、大きなお灸を背に据え、内服薬の服用を指示すると、たちまち腫物はなくなったという。

 

 69歳のときも同じ腫れ物ができたが、このときは軽症だった。

 

粗食を好んだ理由

 

 家康は粗食を好み、麦飯を日常的に食していた。あるとき、家臣が気を利かせて白飯を用意したところ、怒鳴りつけたという逸話があるくらいだ。

 

 おかずも魚、納豆、野菜の煮物など、健康的なものを好んだ。また、食べ過ぎないように気を付け、常に体調を整えることに留意していた。健康に気を使い、粗食を好んだ家康らしいといえる。

 

 なかでも八丁味噌は、質素倹約を旨とした徳川家康の大好物であったという。大豆には、貴重なタンパク質が含まれており、携行食としても好まれた。家康は八丁味噌を丸めてこんがりと焼き目を付け、その焼き味噌とともに麦飯をかき込んだ。家康の長寿のカギは、粗食だったのだ。

 

三度の飯より鷹狩りが好き?

 

 鷹狩りとは、鷹を飼いならし、山野で野鳥を捕獲する一種の狩猟法である。鷹狩りはかなりの運動量を要したので、体力を付けるのに最適だったという。

 

 家康は鷹狩りを単なる娯楽としてではなく、健康法の一つとして重視していた。早起きして食事がうまく感じる、よく眠れるなどの効能を説いた。人質時代の若き家康を教育した太原雪斎(たいげんせっさい)は「鷹狩り好きの元気な性格で、鷹狩りがしたいと言いだすとなだめるのが大変だった」と語っている。

 

 晩年に駿府に移った家康は、近くの田中(静岡県藤枝市)へ頻繁に鷹狩りに出掛けた。江戸に行く際には、道中で鷹狩りを楽しんだという。今でも平塚などに家康が鷹狩をした場所が伝わっている。

 

監修・文/渡邊大門

(『歴史人』2022年8月号「徳川家康 天下人への決断」より

KEYWORDS:

過去記事

最新号案内

歴史人2023年2月号

徳川家康の真実

いよいよスタートする大河ドラマ「どうする家康」に合わせて、徳川家康の生涯を徹底検証!タヌキオヤジ、我慢強い、などと言われてきた家康ですが、じつは最新研究で家康の評価や人物像が大きく変わっています。本特集では、その新しい歴史や人物像もふまえて、人質時代から織田信長との同盟、本能寺の変、秀吉時代、関ケ原の戦い、征夷大将軍と秀頼、そして大坂の陣まで、ドラマチックな一生を最新バージョンにアップデートして解説していきます。大河ドラマ時代考証担当の小和田哲男氏と平山優氏の特別寄稿も掲載!知っているようで知らない現在の家康がわかる1冊です。