×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

後鳥羽上皇の翻意に三浦胤義らが憤慨「承久の乱」朝廷方最後の奮戦

「承久の乱」と鎌倉幕府の「その後」⑮

上皇は秀康や胤義を「徒党」扱いし「追討せしむべし」 と命じる

三浦義村
承久の乱後に評定衆・宿老として活躍。義村の子の泰村は烏帽子親である泰時の氏の一門衆となる。『鎌倉三代記』/都立中央図書館蔵

 宇治や瀬田で敗れた京方の武将たちが逃げ帰っていく中、京方の大将軍・藤原秀康と三浦胤義らが、6月15日の寅の刻(午前4時頃)、一条大路の北にあった御所・四辻殿に参上してきた。「官軍が敗北したため、まもなく(東軍が)京に入ろうとしています。たとえどのようなことがあっても、決して死を免れることはできないでしょう」と、口を揃えて後鳥羽上皇に奏聞(そうもん)したのである。

 

 そのわずか数時間後の辰の刻(午前8時頃)には、早くも大夫史(たいふし)小槻国宗宿禰(おづきのくにむねくすね)が勅使として、北条泰時の陣に遣わされている。舞台は、賀茂川沿いの樋口河原(六条河原だったとの説も)であった。

 

 この勅使に対して、泰時が「院宣を拝見しましょう」と言ったものの、それを読むことができなかったからか、院宣を読むことのできる者を勇者5千騎から探し求めている。岡村次郎兵衛尉を通して尋ねたところ、勅使河原小三郎則直が「武蔵国の藤田三郎能国が文章に通じています」と言う。

 

 早速藤田を召し出して、ようやく院宣を読むことができたとか。東国武士たちの識字率の低さが推し量られる逸話である。

 

 その内容は、「この度の合戦は、自身が起こしたものではなく、謀臣が行ったものである」というものであった。つまり、自身には非はなく、責任は全て臣下にあると、罪をなすりつけたのだ。

 

 そればかりか、秀康や胤義らを徒党呼ばわりした挙句、「追討せしむべし」 との命まで下した。もちろん、彼らが憤慨したことはいうまでもない。その上で「帝都での狼藉(ろうぜき)の禁止」を申し渡したというから、この頃はまだ、上皇としての威厳をかろうじて保っていたようである。ただし、三浦義村が、関東方の命として「宮中を守護」すると伝えて、源頼重らを派遣。表面的な威厳とは裏腹に、実質的には上皇側の降伏宣言を意味するものであった。

 

KEYWORDS:

過去記事

最新号案内

歴史人2023年3月号

戦国レジェンド

織田信長、伊達政宗、真田幸村ほか乱世を駆けた英雄たちの生き様を、功績や後世への影響力などの項目で採点したランキングを発表する。他にもレジスタンス部門・梟雄部門・軍師部門・二世部門など様々な角度のランキングを掲載し、読者人気がとりわけ高い戦国のレジェンドたちを徹底解剖する。また、 映画「レジェンド&バタフライ」で信長役を好演する木村拓哉が語る信長についてのインタビューを掲載。撮り下ろしの写真と共にお届けする。