×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

北条泰時が推進した「徳政」と「御成敗式目」

「承久の乱」と鎌倉幕府の「その後」⑬

幕府の徳政でより強固になった北条政権

3代執権・北條泰時が制定した御成敗式目。制定は貞永元年(1232)。後年、有職故実(ゆうそくこじつ)の対象や手習いの手本にもなり、多くの写本が作られた。写真は江戸時代の写本。国立公文書館蔵

 天変地異は為政者に対する譴責(けんせき)または警告――。古代中国で生まれたこうした災異(さいい)説は日本でも受け入れられ、平安時代中頃までの朝廷では、深刻な飢饉に見舞われると大臣クラスを更迭(こうてつ)したが、次第に人事には手を付けず、除災(じょさい)の祈禱(きとう)を行わせるだけで済ますようになった。

 

 鎌倉幕府は、この点では朝廷に倣(なら)わず、天変地異を真摯に受け止め、陰陽道と密教の祈禱だけでなく、民を慰撫(いぶ)する徳政にも力を注いだ。

 

 安貞元年(1227)に始まる異常気象が激しさを増し、季節外れの降雪が報告された寛喜2年(1230)6月、北条泰時は徳政の実施を決定した。

 

 室町時代の徳政が債務の帳消しを主としたのに対し、泰時による徳政は、自ら率先しての倹約、行事の簡略化、利息の制限、挙米の奨励、炊き出しの実施、流民の留め置き、同居人を養えなくなった場合に限っての人身売買の容認など、その内容は非常に多岐にわたった。

 

 同時期の朝廷による徳政が、米価の高騰を防ぐための価格統制だけだったのとは好対照である。

 

 朝廷の政治は先例に倣うことを第一としたが、それは歳月の経過に伴い、形骸化と有名無実化に陥る危険と離れがたく、北条泰時(やすとき)はおそらく六波羅時代にその弊害を悟り、実効のある救済策を選んだのだろう。リアリストとするのは言い過ぎだが、北条泰時は血の通った政治を心掛けたと言っても過言ではない。貞永元年(1232)8月に制定した『御成敗式目』からも、その姿勢がありありと見て取れる。

 

 同式目は網羅的な法典ではなく、当面の課題を解決するにあたって留意すべき原則を列記したもの。目新しい法があるわけではなく、すでに存在する法の応用や例外に関する対応姿勢などについて、幕府としての見解が示されている。

 

 式目の制定が源頼朝(よりとも)でも北条義時(よしとき)でもなく、北条泰時の手で行われたのは、戦時から平時への体制変換が求められたからだろう。

 

 式目のなかでも目立つのは、土地をめぐる争いや私闘の禁止に関する規定の多さで、このことは公地公民の建前が完全に崩れ去ったこと、私闘を公平に裁ける絶対的な第三者を求めがたいがために、私闘の予防自体に重点が置かれたことを物語っている。

 

 律令(りつりょう/東アジアで見られる法体系)を知る朝廷の目には、『御成敗式目』は法と呼ぶに値しないと映ったかもしれないが、貴族と鎌倉武士の日常はまったく異なる。自分たちに合った決まりを確認し合うのは非常に合理的で、まったく恥じる必要はなかった。

KEYWORDS:

過去記事

最新号案内

歴史人2023年2月号

徳川家康の真実

いよいよスタートする大河ドラマ「どうする家康」に合わせて、徳川家康の生涯を徹底検証!タヌキオヤジ、我慢強い、などと言われてきた家康ですが、じつは最新研究で家康の評価や人物像が大きく変わっています。本特集では、その新しい歴史や人物像もふまえて、人質時代から織田信長との同盟、本能寺の変、秀吉時代、関ケ原の戦い、征夷大将軍と秀頼、そして大坂の陣まで、ドラマチックな一生を最新バージョンにアップデートして解説していきます。大河ドラマ時代考証担当の小和田哲男氏と平山優氏の特別寄稿も掲載!知っているようで知らない現在の家康がわかる1冊です。