×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

朽木、小川の裏切りを目の当たりにし、自らの進退を決めた「赤座直保」(西軍)

「関ヶ原の戦い」参戦武将たちの本音! 第9回 


天下分け目の大戦・関ヶ原合戦には、取り上げられることが稀なマイナーな武将たちも参戦していた。それらの中から東西両軍武将たちをフォーカスし、なぜ東軍(西軍)に加わったのか、合戦での役割はどんなものであったのか、さらには戦後の動向など、その武将たちの動きと心の裡(うら)を読み解く。


赤座直保 あかざ・なおやす
所領/越前今庄2万石、動員兵力/600人(推定)
布陣場所/松尾山麓、合戦での動向/戦闘後半に東軍に寝返る   
戦後の処遇/改易

 あっ!と儂(わし)は思った。とうとう、松尾山(まつおやま)の小早川秀秋(こばやかわひであき)が1万5千600という全軍を動かしたからだ。この全軍が麓にいる東軍に襲い掛かれば、間違いなく東軍は総崩れになる。それでなくとも西軍は強い。数の上では勝る東軍を良く防ぎ、どれどころか逆に攻勢を掛けている。これならば、西軍の勝利は間違いあるまい。そう、儂は思った。思わず采配を握り締めて麾下(きか)の将兵600に、突撃を命じる姿勢を取った。

 

 あっ! さらに儂は驚かされた。東軍の先鋒・藤堂・京極隊に突っ込むばかりと見た小早川勢が、何と味方の西軍・大谷勢の横合いに鑓を入れたのだ!どうするべきか。儂らは、この小早川の変心に備えて松尾山の麓に陣立てしていたのだから……。それにしてもあの小早川勢の勢いの凄さよ。まるで松尾山そのものが崩れ落ちるかのような勢いではないか。何と恐ろしい。1万の大軍が一塊りじゃ。

 

 儂は越前・今庄2万石だが、儂と同じように麓に位置されたのは脇坂安治(わきざかやすはる)・朽木元綱(くつきもとつな)・小川祐忠(おがわすけただ)の3武将。いずれも大谷吉継(おおたによしつぐ)殿の与力として配された小大名ばかりだった。他にもいた。平塚為広(ひらつかためひろ)・戸田重政(とだしげまさ)も同じ小大名であり、大谷殿に従って転戦してきた。

 

 大谷殿は、越前・敦賀5万石ではあるが昔、太閤殿下(秀吉)が「大谷刑部に100万の兵を与えて思うままに戦さをさせてみたい」と語ったというが、その通り素晴らしい采配を示す戦いぶりを見せた。さすが、と儂も思いながら従ってきたが。

 

 おお!大谷隊の伏兵が小早川に鉄砲を撃ちかける。見よ。バタバタ、小早川勢は倒れていくぞ。大谷隊が小早川勢を押しているわ。さ、頃合いじゃ。我らも大谷隊の支援に向かわねば。

 

 と、何じゃあれは!。横一線に並んでいた

 

 守備隊から脇坂勢が、何と大谷隊に鉄砲を撃ちかけたぞ。寝返りか。ええ、待てよ。確かに昨夜来、藤堂高虎(とうどうたかとら)自らが我らに寝返りを要請してきたが、まさか脇坂が応じるとは!

 

 だが、藤堂の陣営から振られる旗は、この戦さの最中にしては異様に過ぎる。あれが、藤堂の言った合図の旗か。

 

 おお!脇坂に続いて朽木も大谷隊に向けて攻撃開始じゃ。あっ!小川までが彼らに続いたぞ。このままでは、我らも大谷隊同様に味方から撃たれてしまう。何とかしなければ。この状況を、立て直すためには。さて……。家臣団も動揺し始めた。よし、決断の時じゃ。我らも、脇坂・小川に続くしかあるまい。者ども、「相手は大谷勢じゃ。相手は戦さ上手である。心して掛かれ!」。儂はそう叫んで采配を振るうと、脇坂隊の後に続いた。やがて、目の端に大谷隊の退却が見えた。「申し訳ない。大谷殿。許されい」。儂は、崩れ行く大谷隊に向かって、詫びの言葉を呟きながらなおも前に前に進んだ。

 

         ◇ 

 

 大谷軍壊滅の一端を担った赤座直保であったが、自発的な寝返りではないとして功績は認められず、合戦後は改易となった。後に前田利長の家臣として7千石を与えられた。

KEYWORDS:

過去記事

江宮 隆之えみや たかゆき

1948年生まれ、山梨県出身。中央大学法学部卒業後、山梨日日新聞入社。編制局長・論説委員長などを経て歴史作家として活躍。1989年『経清記』(新人物往来社)で第13回歴史文学賞、1995年『白磁の人』(河出書房新社)で第8回中村星湖文学賞を受賞。著書には『7人の主君を渡り歩いた男藤堂高虎という生き方』(KADOKAWA)、『昭和まで生きた「最後のお殿様」浅野長勲』(パンダ・パブリッシング)など多数ある。

最新号案内

歴史人 2022年10月号

戦国大名の勢力変遷マップ

応仁の乱から大坂の陣まで、戦国武将の勢力変遷を「戦国変遷マップ」で読み解く一冊。約150年にもわたる戦国時代には、明応の政変や三方ヶ原合戦など、節目となった合戦や出来事があった。それらを交えながら、北条早雲や織田信長、武田信玄、豊臣秀吉、伊達政宗、そして徳川家康らがしのぎを削った時代の勢力図を分かりやすく解説。特別企画では、「早わかり日本史」などの書籍で知られる歴史作家の河合敦氏が、戦国時代の魅力について新しい視点で語ってくれる。人気の戦国時代を頭から終わりまで見通せる、保存版の一冊。