×
日本史
世界史
連載
エンタメ
誌面連動企画

歴史上の人物を四柱推命で鑑定!第76回~上杉景勝~

寡黙なイメージで描かれる景勝、知性は謙信の5倍! 遊び心もあり霊感に助けられたラッキー人生

個性を胸の内に秘めて寡黙な主君を演じる二代目

 

 今回は、戦のカリスマ・上杉謙信を継いだ二代目、上杉景勝を四柱推命で鑑定する。寡黙な人物と伝わる景勝だが、鑑定の結果、それは作り上げられた性格である可能性が浮かび上がった。

上杉景勝

上杉景勝_上杉神社蔵

上杉景勝(うえすぎかげかつ)
生年月日:弘治元年11月27日(1556年1月18日)

上杉景勝の命式表

上杉景勝の命式表

 景勝の生年月日から命式表を割り出すと上記のようになる。この中で、性格を表す、通変星・蔵干通変星をわかりやすく円グラフに表すと下記のようになる。

上杉景勝の性格

上杉景勝の性格

知性…様々な分野の知識が豊富で、何かを学ぶことに喜びを感じる。頭の回転が速く、物事を論理的に捉えることが上手

 

行動力…頭で考えるよりも行動で結果を出す。未知の分野に挑戦する意欲が強く、交渉力や営業力を磨けば成功できる

 

人脈…さりげない気配りができて誰とでも仲良くなれる。サービス精神が旺盛でコミュニケーション能力も高く人を動かせる。

 

自立心…他人に依存することなく、自分が信じた道を突き進む強い精神性。リーダーシップを発揮しフリーで活躍できる。

 

遊び心…楽しいことを企画する等、生活に遊びを取り入れることが自然とできる。芸術面の才能があり、表現力が豊富。

 

 これらを見ながら、景勝の特徴を考察していく。

 

〇霊感を持っていた!?

 

 景勝は日柱の干支に「丁亥(ひのとい)」を持っている。これは異常干支と言い、精神面で他人と異なる個性を持つと言われる。中でも「丁亥」は霊感ナンバー1の星。景勝は霊感を持つスピリチュアルな人物だったのだろうか。

 

 もちろん、景勝の霊感に関する記録は残っていないが、何かとラッキーが多いのが景勝である。当時の天下人・織田信長は、謙信から手取川で煮え湯を飲まされた経験があり、家臣の柴田勝家を差し向け、着々と北陸の攻略を進めていた。勝家のもとには、前田利家、佐々成政等有力武将もおり、景勝はいきなり越後国主として正念場を迎えたのである。

 

 いよいよ形勢が悪くなってきた、天正10年6月2日、世紀の大事件・本能寺の変が起きる。信長が滅んだことにより、景勝は何とか難を逃れることができた。幸運としか言いようがない。もしもう少し長く信長が生きていたら、上杉家も武田家のように滅亡していた可能性が非常に高い。景勝は、時を読むのがうまかったのだろうか、先祖からの助けがあったのだろうか、優れた感覚の持ち主だった可能性もある。

越後国上杉景勝家督争合戦

越後国上杉景勝家督争合戦_東京大学史料編纂所所蔵

〇知性50%!頭がよすぎた!

 

 知性は、知識が豊富で論理的な思考が得意という星であるが、これを50%持っていた景勝は、非常に頭がよかったのだろう。しかも、景勝は性格に「行動力」の星を持っていないため、考えるだけ考える、石橋をたたくタイプだったと考えられる。

 

 以前、ここで上杉謙信を鑑定したことがあるが、謙信の知性はわずか10%。頭のよさというよりはカリスマ性が目についた。戦国時代でも屈指の戦上手と称賛される謙信。謙信が思い付きで行動するタイプだとすると、景勝はよく考えて、考えた末に動くタイプだ。両者は全く違う統率者であったと考えられる。

 

 謙信の急死から、戦国時代終焉にかけての重責を担うことになった景勝。常に頭の痛い問題を抱え、思い悩んだ人生だっただろう。

 

 謙信は跡継ぎを定めていなかったことから、死後、謙信の養子・景虎との間で後継者問題が勃発。他藩を巻き込んでの壮大なお家騒動(御館の乱)の後、景勝が跡継ぎとなった。しかし、その後、家臣の新発田重家(しばたしげいえ)が御館の乱の恩賞に不満をもち、信長の誘いに応じて謀叛を起こした。当時、景勝の家臣団は近道を通るよう景勝に進言したが、「兵法に『迂を以て直と為すと云うことあり、危うき道に不意の患あり』がある。険阻な道を行けば不測の事態が起こる恐れがある」といって遠回りをした。現代のことわざで言う、「急がば回れ」である。案の定、新発田勢は近道に待ち伏せしていた。景勝は考えて考えた末に冷静な判断を下したのだ。考えすぎるのもよくないが、石橋をたたく慎重さも必要である。

KEYWORDS:

過去記事

妃萃(本名:油川さゆり)(ひすい)
妃萃(本名:油川さゆり)ひすい

青森県八戸市出身。慶應義塾大学 社会学研究科 教育学専攻 修士課程修了、同研究科 同専攻 後期博士課程在学中。2013年鳥海流・鳥海伯萃より四柱推命の指南を受ける。これまで500人以上を鑑定。多数の弟子を輩出。

元放送局報道記者。フリーアナウンサーとして、BS11の番組にレギュラー出演しているほか、ナレーターや司会として活動中。日本の歴史、伝統芸能を伝えるため、歴史勉強会、その他イベントを主宰。自身も大和言葉、辞世の句、武田氏と油川氏等について講演活動を行う。合同会社真己、共同代表。また、2016年6月から「カミムスヒ」というソングユニットで歌手活動を開始。手話検定3級、ホームヘルパー、視覚障害者ガイドヘルパーの資格を持ち、社会福祉活動に積極的に携わる。

最新号案内

歴史人 8月号

江戸庶民の衣食住

天下泰平を謳歌した庶民の「暮らし」と「仕事」を図解解説!