×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

イギリスの注文で生まれた零戦の強敵:ノースアメリカンP-51マスタング

零戦と戦ったライバルたち 第3回 ~「驚異の戦闘機」零戦との死闘~


零戦をはるかに超える運動性能、速度、攻撃力をそなえたP -51マスタング。「第二次大戦で最も優れた戦闘機」とする戦史家、航空評論家も多い。その開発秘話を紹介する。


P-51D。本型以前のP-51シリーズは、コックピット後方に後部胴体が連なるファストバック型だったが、本型からは、きわめて視界に優れたバブル型キャノピーが用いられるようになった。

 

 ヨーロッパに戦雲が垂れ込めた1930年代後半のこと。世界情勢の変化が速すぎて、開戦に備えての兵器の生産が追い付かないイギリスは、アメリカから各種の兵器を購入することにした。特に航空機の生産に優れていたので、第二次大戦開戦後の1939年暮れにカーチスP-40の購入契約を締結した。

 

 ところがカーチス社はアメリカ国内の発注分の生産で手一杯で、1940年度中にイギリスがP-40を受領するのは難しそうだった。だがもう戦争は始まっており、イギリスは何としても、急いで戦闘機の増強を進めねばならなかった。そこで自国向けP-40をカーチス社以外の航空機製造会社に生産してもらおうと考え、イギリスはノースアメリカン社に話を持ちかけた。

 

 するとノースアメリカン社は「わが社では、P-40を生産するのと同じ時間内で、より高性能な戦闘機の開発・製造が可能です」とイギリス側に伝え、19405月に契約が成立した。

 

 ドイツ人亡命航空機設計技師シュミードが手がけ、ノースアメリカン社の社内番号NA-73Xを与えられた機体は、きわめて優秀な戦闘機として完成した。狂喜したイギリスは本機をマスタングと命名して制式採用。その後、アメリカも遅ればせながら、当初はA-36Aアパッチ急降下爆撃機として採用。さらに改良型をP-51として採用している。

 

 初期のマスタングはアリソンV-1710を搭載し、低空領域での性能に特化していたが、ロールスロイス・マーリンのアメリカ生産型であるパッカード・マーリンを搭載するようになると、全高度域で優れた性能を発揮。そのため、第二次大戦最強の戦闘機と称されることもある。

 

それまでのアメリカ製戦闘機は、エンジンの馬力や速度性能で零戦を上回っていても、運動性能ではかなわなかった。しかしP-51は、零戦に近い運動性能を備えており、しかも速度は上なので強敵となった。

 

 だがそれでも、ベテランパイロットが操る零戦は、しばしばP-51を撃墜している。

 

 

KEYWORDS:

過去記事

白石 光しらいし ひかる

1969年、東京都生まれ。戦車、航空機、艦船などの兵器をはじめ、戦術、作戦に関する造詣も深い。主な著書に『図解マスター・戦車』(学研パブリック)、『真珠湾奇襲1941.12.8』(大日本絵画)など。

最新号案内

歴史人 2022年10月号

戦国大名の勢力変遷マップ

応仁の乱から大坂の陣まで、戦国武将の勢力変遷を「戦国変遷マップ」で読み解く一冊。約150年にもわたる戦国時代には、明応の政変や三方ヶ原合戦など、節目となった合戦や出来事があった。それらを交えながら、北条早雲や織田信長、武田信玄、豊臣秀吉、伊達政宗、そして徳川家康らがしのぎを削った時代の勢力図を分かりやすく解説。特別企画では、「早わかり日本史」などの書籍で知られる歴史作家の河合敦氏が、戦国時代の魅力について新しい視点で語ってくれる。人気の戦国時代を頭から終わりまで見通せる、保存版の一冊。