×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画
通販

永遠の相思相愛!武田信玄公と山梨県民~想い続けた〝甲斐〟あった♡~

桂紗綾の歴史・寄席あつめ 第10回


名産品、野球チームなどなど、誰にでもひとつはある“地元びいき”。その中でも根強いのが、“武将”びいきだ。大阪・朝日放送のアナウンサーとして活躍しながら、社会人落語家としても活動する桂紗綾さんが感じている、山梨県民の武田信玄へのひいきぶりとは、一体どのようなものなのだろうか?


山梨県の県庁所在地・甲府の駅前に立つ武田信玄像戦国の世にその名を轟かせた信玄。現在も山梨県民は地元の英雄として尊敬し、信玄公を愛してやまない。

 私、大阪の朝日放送アナウンサー・桂紗綾と申します。普段、アナウンサーとして働いている私ですが、もう一つの肩書が社会人落語家です。30歳を過ぎた頃からのめり込み、気付けば自分でも高座に上がるようになりました。落語は戦国時代から続く(諸説あり)話芸であり、民衆にも親しまれ、時代を反映した大衆芸能です。その他の伝統芸能(講談や浪曲・文楽・歌舞伎等)にも影響を受け、もちろん歴史とは切っても切れない関係なのです。

 

 今回のテーマである戦国の英傑、武田信玄公を語る前に、まずはこの話でお付き合い下さい。

 

〝始末する〟という言葉にはいくつかの意味があります。一つは時代劇でよく出てくる「こやつを始末しちまえ!」という、跡片付けとか処理という意味。もう一つは時代劇でよく出てくる「てえへんだ、何しろこの始末だ…」という悪い結果を表す意味。今一つは時代劇によく出てくる「大五郎、何事も始末して暮らせ…」という倹約の意味です。あらま、〝始末〟という言葉は時代劇によく出てくるんですね。

 

 さて、『始末の極意』という上方落語がございます。倹約の意味での〝始末〟の達人がその極意を若い衆に教えてあげる噺です。しかしその始末は、上杉鷹山公でも思いつかなかった倹約方でして…。以下、真似をしたいと思われた方は是非どうぞ(笑)

 

 字を書いた後に捨ててしまう紙は、三回使う。最初は、白い部分が無くなり真っ黒になるまで字を書く。その紙で鼻をかむ。その裏表を日に当てて乾かし、お便所で落とし紙に使う。

 

 大体三、四年使えばダメになる扇子は、孫子の代までもたせる。その秘技とは…扇子の前で自分の顔を動かす。

 

 梅干しの食べ方。若い衆は、一個を一日三食に分けて食べると言います。朝に皮、昼は実をおかずにし、夜は残った種を塩気が無くなるまでしゃぶる。最後には二つに割って中の天神さんまで出して食べるのだと。

 

梅干し戦国時代に貴重な保存食として活用された梅干し。戦の際は携帯し、ノドの渇きなどを癒した。江戸時代にはますます需要が高まり、庶民の食卓に並ぶようになったという。

 私はこれでもストイックだと思いますが、達人はこれを「贅沢すぎる!バチが当たるよ!」と、たしなめます。梅干しは食べるものではなく、見るものだと言うのです。梅干しをグッと眺め、酸っぱさを想像しながら、ご飯をかき込む。IKKOさんならきっと「どんだけ〜」と言ってくれるでしょうね。

 

「どんだけ〜」と言うと、私は以前から思っていたことがあります。それは山梨県民における、武田信玄公への愛の深さです。山梨に遊びにいって体感してみてください。お土産物屋さんには右も左も〝信玄ほにゃらら〟だらけ!

 

 一番有名なのは〝信玄餅〟ですね。

 

桂アナウンサーと『信玄餅』山梨の銘菓として今も人気を集める。山梨県内での信玄愛は未だに大きな影響があり、お土産品の名称に信玄の名が使われることが多くある。

 

 風呂敷を模した包みをほどくと、求肥(ぎゅうひ)にきな粉がまぶしてあり、その上に黒蜜をかけていただく。きな粉と黒蜜の上品な香りに優しい甘さ、お餅の程良い弾力…美味しいですよねぇ。

 

 他にも信玄アイスに信玄プリン、信玄の陣中食だったほうとう、信玄Tシャツ、信玄タオル、信玄キーホルダー、信玄手ぬぐい……どんだけ〜()。武田信玄公を名誉知事にしても良いのではないかと思うほどです。

 

 この現象は各地方でもよく見られます。宮城県仙台における伊達政宗公推し、鹿児島県における西郷隆盛公推し、中には邪馬台国はウチにあったのだ!と、九州と近畿畿内で卑弥呼さまを推し合ったり…(知らんけど)。さりながら、山梨県における信玄公に対する愛は無類です。レベルが違う。県民の皆さんは今でも〝お館様〟と呼んでいらっしゃるのではないかと思うほどです。

 

 信玄公は「人は石垣、人は城、人は堀」を座右の銘にされていた。流石は信玄公人を大切にする心がしっかり県民に届き、その想いは悠久の時を超え繋がっている。国を大切にしてきた〝甲斐〟があったというものです。

 

 ああ、こんな話をしてたら、信玄餅食べたくなってきちゃったー!()

KEYWORDS:

過去記事

桂 紗綾()
桂 紗綾

ABCアナウンサー。2008年入社。女子アナという枠に納まりきらない言動や笑いのためならどんな事にでも挑む姿勢が幅広い年齢層の支持を得ている。演芸番組をきっかけに落語に傾倒。高座にも上がり、第十回社会人落語日本一決定戦で市長賞受賞。『朝も早よから桂紗綾です』(毎週金曜4:506:30)に出演。和歌山県みなべ町出身、ふるさと大使を務める。

 

『朝も早よから桂紗綾です』 https://www.abc1008.com/asamo/
※毎月第2金曜日は、番組内コーナー「朝も早よから歴史人」に歴史人編集長が出演中。

最新号案内

歴史人 2021年12月号

武田三代 栄華と滅亡の真相

戦国最強騎馬軍団を率いた甲斐源氏・名門武田家はなぜ滅亡したのか? 甲斐統一から甲州征伐まで、その全軌跡を追う。 甲斐統一を成し遂げた武田信虎、戦国の世にその名を轟かせた武田信玄、父の名声と戦い続けた武田勝頼。甲斐武田家に隆盛をもたらした三代に改めて迫る。信玄の天才ぶり、君主を支えた家臣団の実力、武田家にかかわった女性たち…など、武田家にまつわるすべてを徹底解説する。