×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画
通販

日本列島に人が組織的に住み始めた頃はどんな風景だったのか? 

[入門]古墳と文献史学から読み解く!大王・豪族の古代史 #041

 


古来人々はどういう場所に、どういった理由で住み始めたのだろうか? 小さな集落が徐々にまとまって邑国(ゆうこく)へと発展していくのだが、具体的に、本州への入り口の一つ、山口県・土井ヶ浜遺跡を例にとって考えてみたい。豪族発生以前の列島の様子を考察する。


 

中国山東省に住んだ人たちの特徴と一致する山口県に出土する人骨

土井ヶ浜遺跡の砂丘墓 撮影柏木宏之

 本州の西の端に位置する山口県は特殊な地勢にあるといえるでしょう。日本海、響灘(ひびきなだ/玄界灘)、関門海峡、瀬戸内海に接し、陸路は青森まで続きます。また九州からは狭い海峡を渡るだけという指呼の間で、大陸や朝鮮半島には海を隔てて対面した位置に存在します。

 

 弥生時代の砂丘墓群で、状態の良い完全骨格が約300体発見された遺跡があります。下関市の北西部海岸沿いの「土井ヶ浜遺跡」です。

 

土井ヶ浜遺跡石碑 撮影柏木宏之

 ここには人類学ミュージアムという施設があり、本州の西の端に住み着いた人たちがどういう人たちだったのか? どんな暮らしをしていたのかを、考古資料をふんだんに展示しながら解説してくれます。

 

 九州北部と山口県は、気象や季節の変化が同一のエリアとされています。

 

 たとえば「梅雨入り、梅雨明け」なども「九州北部と山口県地方は・・・」と気象庁も発表します。こういった地勢は、自然環境に最も大きな影響を受けた古代人の生活には重要な要素です。土井ヶ浜遺跡の弥生集団墓から出土する人骨は、北九州に住んだ人たちとほぼ同じです。

土井ヶ浜遺骨パネル 撮影柏木宏之

 しかも近いはずの朝鮮半島南部の人たちではなく、中国山東省に住んだ人たちの特徴と一致するという

不思議さも特徴です。土井ヶ浜海岸に注ぐ川沿いに土井ヶ浜遺跡・土井ヶ浜南遺跡・片瀬遺跡・森広遺跡と寄り添うように4か所の遺跡があります。

 

土井ヶ浜遺跡説明パネル 撮影柏木宏之

 このうち、砂丘墓の中心が土井ヶ浜遺跡、若干の集落跡が発掘されているのが土井ヶ浜南遺跡、片瀬遺跡からは水田跡が検出されているそうで、紀元前200年ごろからの弥生遺跡だと推測されています。おそらく弥生時代全期を通じて、このような小さな集落は全国に何百何千とあったでしょう。

 

 そういった小さな集落が徐々にまとまって、邑国へと発展するのです。

 

 山口県は大陸や朝鮮半島とも近く、海流に乗ってストレートに渡来した人たちが住み着いたでしょうし、九州からもやって来て、そこからさらに陸路で日本列島に広がっていった可能性があります。

 

人類学ミュージアムのゴホウラ貝モニュメント 撮影柏木宏之

 

 日本列島は山の国だと思われていたようで、九州北部には「山門(やまと)」という地名がありますし、本州側の西の端が「山口」という名称であるのも面白い話ではないでしょうか?

 

 こうした人々の営みが徐々に広がり、やがて大和の地に王権が確立したのです。大和王権は各地の小支配者(=地方豪族)を組織に取り込んで、勢力を急速に拡大していきます。その魅力的なツールが、前方後円墳の築造許可だったと考えられるのです。

 

KEYWORDS:

過去記事

柏木 宏之(かしわぎ ひろゆき)
柏木 宏之かしわぎ ひろゆき

1958年生まれ。関西外国語大学スペイン語学科卒業。1983年から現在も毎日放送アナウンサー、ニュース、演芸、バラエティ、情報、ワイドショー、ラジオパーソナリティ、歴史番組を数多く担当。現在、アナウンサーを続けながら武庫川学院文学部非常勤講師、社会人歴史研究会「まほろば総研」を主宰。奈良大学通信教育部文化財歴史学科卒業学芸員資格取得。専門分野は古代史。奈良大学卒論は「日本列島における時刻の掌握と報知の変遷」

最新号案内

歴史人 2021年12月号

武田三代 栄華と滅亡の真相

戦国最強騎馬軍団を率いた甲斐源氏・名門武田家はなぜ滅亡したのか? 甲斐統一から甲州征伐まで、その全軌跡を追う。 甲斐統一を成し遂げた武田信虎、戦国の世にその名を轟かせた武田信玄、父の名声と戦い続けた武田勝頼。甲斐武田家に隆盛をもたらした三代に改めて迫る。信玄の天才ぶり、君主を支えた家臣団の実力、武田家にかかわった女性たち…など、武田家にまつわるすべてを徹底解説する。