×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

実は渋沢栄一が開業に関わっていた開拓使麦酒醸造所(現サッポロビール)

渋沢栄一の足跡


現在、日本中のみなさんが知っている、日本を代表するビールメーカー『サッポロビール』。渋沢栄一は生涯と通して様々な企業や事業にかかわってきたが、『サッポロビール』もそのひとつであった。


日本人の手によって本格的なドイツタイプのビールが造られた
いわゆる“日本のビール発祥の地”

開拓使麦酒醸造所現在、サッポロファクトリーとなり「札幌開拓使麦酒醸造所」はその一角で当時の製法にならったビール造りを続けている。

 明治2年(1869)7月、明治新政府は北海道開拓のため「開拓使」を設置し手事業を展開したが、その中にはビール醸造も含まれていた。実は、渋沢栄一は、ビール醸造事業にもかかわっていたのである。

 

 開拓使はビール醸造人・中川清兵衛を招いて、ビール醸造事業を開始した。中川は、日本人で最初の本場ドイツでビール醸造の修業をした人物として知られる。

 

 こうして、明治9年(1876)には開拓使麦酒醸造所が完成した。開拓使麦酒醸造所こそが、現在のサッポロビールの源流である。

 

 製造されたビールは、冷製「札幌ビール」と命名され、東京で翌年に販売された。「冷製」とは低温で発酵・熟成させたビールのことで、ドイツ醸造法によったものだ。

 

 明治15年(1882)3月に開拓使が廃止されると、開拓使麦酒醸造所は農商務省工務局の所管となり、さらに北海道庁に移管された。

 

 北海道庁の初代長官を務めた岩村通俊(1840~1915)は、北海道に本土から資本を導入するため、道庁所管の諸工場、農場を民間への払い下げ(または貸し下げ)を決定した。

 

 実業家の大倉喜八郎(1837~1928)は札幌麦酒醸造場の払下げを打診され、これを受諾。明治19年(1886)11月、「大倉組札幌麦酒醸造場」を発足したのである。

大倉喜八郎大倉財閥の創設者。大倉屋銃砲店を開業、戊辰戦争に際し官軍御用をつとめて巨利を得て、日本を代表する実業家に。帝国ホテルなども含め内外に多くの事業を展開し、大倉財閥を築いた。現在有名な「ホテルオークラ」は、大倉財閥の二代目である大倉喜七郎によって設立された。

 しかし翌年、大倉はビール事業をより確実なものにすべく、政財界に大きな影響力を及ぼしていた渋沢栄一、浅野財閥の浅野総一郎(1848~1930)らに事業を譲り渡した。

 

 明治20年(1887)12月、新会社「札幌麦酒会社」を設立し、大倉自身も経営に加わった。渋沢らが経営に関わり、札幌麦酒会社は発展する土台を確立したのである。

 

開拓使麦酒醸造所

北海道札幌市中央区北2条東4丁目

KEYWORDS:

過去記事

渡邊 大門わたなべ だいもん

1967年生。佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。現在、株式会社歴史と文化の研究所代表取締役。『本能寺の変に謎はあるのか? 史料から読み解く、光秀・謀反の真相』(晶文社)、『清須会議 秀吉天下取りのスイッチはいつ入ったのか?』(朝日新書)『真田幸村と大坂夏の陣の虚像と実像』(河出ブックス)など、著書多数。

最新号案内

歴史人 2022年10月号

戦国大名の勢力変遷マップ

応仁の乱から大坂の陣まで、戦国武将の勢力変遷を「戦国変遷マップ」で読み解く一冊。約150年にもわたる戦国時代には、明応の政変や三方ヶ原合戦など、節目となった合戦や出来事があった。それらを交えながら、北条早雲や織田信長、武田信玄、豊臣秀吉、伊達政宗、そして徳川家康らがしのぎを削った時代の勢力図を分かりやすく解説。特別企画では、「早わかり日本史」などの書籍で知られる歴史作家の河合敦氏が、戦国時代の魅力について新しい視点で語ってくれる。人気の戦国時代を頭から終わりまで見通せる、保存版の一冊。