×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画
通販

広敷向から出入りし大奥に詰めた「将軍の犬」 --「徳川将軍15代と大奥」こぼれ話

「歴史人」こぼれ話・第16回

御庭番(おにわばん)は下級武士ながらも将軍に目通りする機会から出世

御庭番の制度を作った徳川吉宗 都立中央図書館特別文庫室蔵

 大奥とは女性ばかりの園と思われがちだが、意外なことに、その実務全般をつかさどる男性職員も数多く詰めていたのをご存知だろうか?

 

 大奥の通用口から入ってすぐのところにある広敷向がその詰所。隣接する御殿向(将軍の寝所など)との間の御錠口の出入りを管理することはもとより、出入りの商人(御用達)とのやり取りや警備なども、重要な役割として行っていたようである。

 

 ここで働く職員は広敷(ひろしき)役人と呼ばれるが、彼らの中には、普段の仕事以外に、特殊な任務を負う者がいた。それが御庭番という名の職員であった。その任務とは、将軍の命を受けて、隠密裏(おんみつり)に諜報(ちょうほう)活動を行うこと。将軍直属の監察官で、ひとたび命を受けるや、町人に変装して諸国を巡って情報収拾にあたるというものであった。まさに隠密、つまりスパイ行為が彼らの任務である。言い方は悪いが、「将軍の犬」として、危険な職務に奮闘したのである。

 

 ただし、下級武士ながらも、将軍に目通りする機会もあったため、出世の道が開けた。旗本になるケースも少なくなかったから、命じられるまま、少々の危険など顧みなかったに違いない。旗本という大きな餌をぶら下げられれば、尻尾を降りたくなるのも人情というものだろう。

 

 代々御庭番の家系に生まれた村垣範正(むらがきのりまさ)などは、松前奉行を経て勘定奉行にまで昇進。遣米使節団の副使まで拝命するほどの出世ぶりであった。

 

紀州流忍者(根来衆)を引き連れて御庭番の制度を作る

 

 この御庭番は、もともと8代将軍・徳川吉宗が、紀州藩主時代に薬込役と呼ばれていた隠密17名を幕府制度に導入したのがはじまり。紀州流忍者(根来衆/ねごろしゅう)を引き連れて御庭番の制度を作り、諸大名の動向を探ろうとしたのである。吉宗の頃には伊賀や甲賀の忍者衆たちの需要も減って、すでに忍者集団としての機能は果たしていなかった。そのため、鉄砲で武装した傭兵集団として知られた根来衆を母体とする御庭番が、その代役を務めたというわけである。

 

KEYWORDS:

過去記事

藤井勝彦ふじい かつひこ

1955年大阪生まれ。歴史紀行作家・写真家。『日本神話の迷宮』『日本神話の謎を歩く』(天夢人)、『邪馬台国』『三国志合戰事典』『図解三国志』『図解ダーティヒロイン』(新紀元社)、『神々が宿る絶景100』(宝島社)、『写真で見る三国志』『世界遺産 富士山を行く!』『世界の国ぐに ビジュアル事典』(メイツ出版)、『中国の世界遺産』(JTBパブリッシング)など、日本および中国の古代史関連等の書籍を多数出版している。

最新号案内

歴史人 2021年10月号

秘密のしきたり、序列、給料、床入り、事件…徹底解明

江戸時代の象徴であった「江戸城」と「大奥」とは何だったのか─ 徳川家康から15代続いた江戸幕府。その象徴は江戸城であった。そこは将軍が大名と謁見する「表」、将軍の生活の場であり、多数の役人たちが公務を行う「中奥」、将軍の正室が居住する「大奥」が存在した。今回の特集は、知られざる将軍の日常生活、諸大名との公式行事から、大奥女性の生活、さらに幻の4代目江戸城天守の実態まで、最新研究でわかった江戸城、将軍、大奥のすべてを明らかにする。