×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画
通販

横浜にあった遊廓・港崎は庶民だけでなく武士までもが憧れた【横浜・港崎遊郭】

全国津々浦々 遊郭巡り─東西南北で男たちを魅了した女たち─第4回(横浜・港崎/みよざき 後編)


江戸時代の遊郭といえば、華やかで男たちが集まった魅惑の場所であり、「吉原」をイメージする人も多い。しかし、花街と呼ばれる街は全国各地に存在。今や未来的な建物が立ち並ぶ横浜にも「港崎」という遊郭があったという。本記事では、この町に残された花街の逸話を紹介する。


異人との情交を拒んだ大和撫子の逸話

図5『横浜港崎廊岩亀楼異人遊興之図』(一川芳員、文久元年) 国会図書館蔵

 横浜の開港と遊廓について、哀話がある。

 

 岩亀楼(がんきろう)の遊女喜遊(きゆう)は楼主からアメリカ人の客を取るよう迫られても、異人に肌を許すのを拒み続け、ついには、

 

 露をだにいとう大和の女郎花ふるあめりかに袖は濡らさじ

 

 という辞世の歌を残し、懐剣(かいけん)で喉を衝いて自害したという。

 

 遊女でさえ大和なでしこの操を守ったというこの哀話は、小説や芝居にもなって有名だが、まったくのフィクションであり、史実ではない。

 

 港崎のガイドブックともいうべき『港崎細見』を見ても、岩亀楼に喜遊という遊女はいない。

 

 さて、遊女が異人を敬遠したと先述したが、これは初めのうちだけだった。やがて、遊女は異人を歓迎するようになった。

 

 その理由は、なんといっても異人の客は気前がよかったからである。

 

 当時の通貨の関係から異人、とくに欧米人には日本の物価も人件費も格安に感じられた。そのため、妓楼でも散財したのである。

 

 図5は、岩亀楼で異人客がどんちゃん騒ぎを演じているところである。まさに、豪遊していた。

 

図6『横浜文庫』(橋本玉蘭斎編、慶応元年) 国会図書館蔵

 

 図6は、画中に「本町南横通り異人港崎皈り」とあり、馬車に乗った異人は港崎から帰るところである。

港崎に馬車で乗りつけたことになろうか。

 

 紀州藩の下級藩士である酒井伴四郎は万延元年(1860)、江戸勤番を命じられた。伴四郎は江戸に着くと、赤坂にある紀州藩の中屋敷内の長屋に住んだ。

 

 同年の十月二十七日、伴四郎は藩士ら合わせて五人で、横浜見物に出かけた。前年、横浜が開港し、話題の観光地になっていたのだ。

 

 半四郎の日記(『酒井伴四郎日記』として知られる)によると、次の通りである。

 

 八ツ半(午前三時頃)に起床し、支度をして屋敷を出発。一行は東海道を進む。

 

 鈴ヶ森で夜が明け、六郷の渡しで渡し舟に乗り、六郷川(多摩川)を越えた。

 

 川崎宿(神奈川県川崎市)で小休止したあと、ふたたび歩いて、四ツ半(午前十一時頃)に神奈川宿に着き、昼食。

 

 埋め立てが進んだ現在では想像もできないが、当時、神奈川宿は海に面していた。

 

 神奈川宿の渡船場から渡し舟に乗り、横浜の渡船場で下船。

 

 伴四郎ら五人は、呉服・両替商の三井(越後屋)の横浜支店に行き、紹介状を見せた。紀州藩は三井にとって得意先だったのだ。

 

 三井の番頭の案内で、伴四郎らは異人館を見物して回った。

 

 その後、最も楽しみにしていた港崎に向かう。

 

 港崎で、三井の番頭が言った。

 

「これが有名な岩亀楼でございますが、妓楼の中を見学し、料理と酒を味わうこともできます。ご案内しましょうか」

 

 もちろん、三井の接待である。

 

 喜んで岩亀楼にあがった伴四郎らは、建物の造りや調度の豪華さに、まさに度肝を抜かれた。見学後は、座敷で酒と料理を楽しんだ。

 

 港崎を出たあと、三井で馳走を受け、渡し舟で神奈川宿に戻る。その夜は、旅籠屋に泊まった。

 

 この伴四郎の体験からも、庶民だけでなく、武士までもが横浜と港崎遊廓にあこがれていたことがわかろう。

 

『幕末明治女百話』は、港崎の終わりについて――

 

 慶応二年十月二十日の朝、辰の中刻(午前八時)土堤道の豚切売業鉄五郎方から、火事を出したのが、風が強く、夜の八時まで焼けて、関内をおおよそ焼払い、さしもの岩亀楼、神風楼、金石楼、岩里楼その他ことごとく焼けてしまったのは、惜しいものでした。この火事を、「豚屋火事」といって、横浜では名代の火事なんです。

――と述べている。

 

 港崎の終焉はあっけなかった。

 

 港崎は慶応二年(1866)の豚屋火事で全焼し、その後は再建されることはなかった。遊廓はほかに移り、跡地は公園となったのである。

 

 港崎遊廓の繁栄はおよそ七年間に過ぎなかった。幕末に咲いたあだ花と言おうか。

 

 

 

 

 

[『歴史人』電子版]
歴史人 大人の歴史学び直しシリーズvol.4
永井義男著 「江戸の遊郭」

現代でも地名として残る吉原を中心に、江戸時代の性風俗を紹介。町のラブホテルとして機能した「出合茶屋」や、非合法の風俗として人気を集めた「岡場所」などを現代に換算した料金相場とともに解説する。

Amazon

KEYWORDS:

過去記事

永井 義男ながい よしお

1997年『算学奇人伝』で開高健賞受賞。時代小説のほか、江戸文化に関する評論も数多い。著書に『江戸の糞尿学』(作品社)、図説吉原事典(朝日新聞出版)、江戸の性語辞典(朝日新聞出版)など。

最新号案内

歴史人 2021年10月号

秘密のしきたり、序列、給料、床入り、事件…徹底解明

江戸時代の象徴であった「江戸城」と「大奥」とは何だったのか─ 徳川家康から15代続いた江戸幕府。その象徴は江戸城であった。そこは将軍が大名と謁見する「表」、将軍の生活の場であり、多数の役人たちが公務を行う「中奥」、将軍の正室が居住する「大奥」が存在した。今回の特集は、知られざる将軍の日常生活、諸大名との公式行事から、大奥女性の生活、さらに幻の4代目江戸城天守の実態まで、最新研究でわかった江戸城、将軍、大奥のすべてを明らかにする。