×
日本史
世界史
連載
エンタメ
誌面連動企画
通販

敗者の大坂の陣 大坂の陣を彩った真田信繁㉑

歴史研究最前線!#055

家康を身震いさせた“信繁入城”の報せ

秀忠に将軍職を譲った後、家康が居城とした駿府城(静岡県静岡市)。現在では、本丸と二の丸の城跡が「駿府城公園」として整備されている。

 前回の続きである。

 

 真田信繁の大坂城入城は、単に豊臣方に歓迎されたに止まらず、徳川方を恐怖のどん底に陥れた。いうまでもなく、徳川家康・秀忠父子は第2次上田城合戦などで、昌幸・信繁父子に散々苦しめられたからだ。

 

 家康が昌幸・信繁父子を憎んでいたのは事実であろうが、恐れたというのはいかがなものか。また、両者の間には、どのようなエピソードが残っているのだろうか。そのエピソードとは信繁が九度山を脱出し、大坂城に入城した際のものである。

 

 『幸村君伝記』によると、家康は真田(信繁とは書いていない)が大坂城に入城したという情報を知ると同時に、はっと驚いてそのまま報告した者のところまで近づいていった。家康が非常に狼狽した様子がうかがえる。

 

 そして、家康は戸に手を掛けたまま「真田が籠城したというのか。それは親(昌幸)か子(信繁)か」と質問したのである。その間、家康が手を掛けた戸がガタガタ鳴るほど震えていたという。真田に対する恐怖心があったゆえであろう。このように家康は真田を恐れ、大変驚いたと伝わる。

 

 報告した者が畏まって「『昌幸は去年の夏に病死し(3年前の間違い)、子の信繁が籠城しました」と答えた。すると家康はほっと息をついて、少しばかり安堵したというのである。昌幸ならばどうしようかと悩んだことであろうが、信繁ならばまだマシだと思ったのか、途端に安心したのである。

 

 ところが、家康は自身の恐怖に怯えた姿に恥ずかしさを感じたのだろう。何といっても秀忠に将軍職を譲ったとはいえ、天下人であるのには変わりがない。家康は身震いした理由について、「身震いしたのは、真田に恐怖したのではない」と弁解したのだ。

 

 関ヶ原合戦後、心の広い家康は、昌幸・信繁父子を処刑しようとした。ところが、昌幸の子・信之が助命を訴えてきたことを認め、その恩賞に代えて、2人を助命したのである。これが家康にとって仇になった。

 

 しかし、真田はそのときの恩義を忘れて再び大坂城に籠城したので、家康は怒りに打ち震えたのだと理由を説明した。家康は真田を恐れたから震えたのではないと言ったものの、苦しい言い訳であるのは誰の目にも明らかだった。

 

(続く)

KEYWORDS:

過去記事

渡邊 大門わたなべ だいもん

1967年生。佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。現在、株式会社歴史と文化の研究所代表取締役。『本能寺の変に謎はあるのか? 史料から読み解く、光秀・謀反の真相』(晶文社)、『清須会議 秀吉天下取りのスイッチはいつ入ったのか?』(朝日新書)『真田幸村と大坂夏の陣の虚像と実像』(河出ブックス)など、著書多数。

最新号案内

歴史人 7月号

なぜ頼朝は武家中心の幕府創設に至ったのか?

源頼朝と鎌倉幕府の真実