×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

病と貧困に苦しむ真田昌幸が晩年に信之へ送った書状

歴史研究最前線!#044 敗者の大坂の陣 大坂の陣を彩った真田信繁⑩

九度山での幽閉生活11年 貧困と病に苦しんだ晩年

昌幸の父・幸隆が開山した長谷寺(長野県上田市)は真田氏の菩提寺。春先は枝垂れ桜の名所として賑わう。

 

 昌幸には多額の借金があり、返済に困っていたため、すぐに残りの20両の送金を依頼した。とにかく準備ができ次第送金して欲しいと言うのだから、かなり経済的に困窮していたようだ。昌幸の生活は経済的に厳しく、とても「打倒家康」を考えるゆとりはなかったと考えられる。

 

 昌幸の晩年は、病気との闘いであったといえる。年未詳(慶長15年・1610頃)3月25日付の昌幸書状(信之宛)には、昌幸が病に苦しんでいた様子が克明に書かれている(「真田家文書」)。以下、概要に触れておこう。

 

 昌幸は国許の状況を知るため、配下の青木半左衛門を遣わした。昌幸は信之が病気と知ると、こちらは変わりないので心配しないようにと言いつつも、加齢により気力・体力ともに衰えたと述べている。

 

 そして、自身の状況(貧困、病気)を悟って欲しいと述べ、追伸の部分では田舎のことなので、何かと不自由なことを推察して欲しいとし、とにかく大変疲れたと書いている。信之に心配を掛けないようにしているが、病気になった昌幸は心身ともにすっかり弱っていたようだ。

 

 別の年未詳の昌幸の書状(信之宛)には、自身の病気が長引いていること、信之に会いたいと思っているが、それが叶いそうにないことを書き綴っている(「真田家文書」)。もし、病気が治った場合は、信之に会いたいと書いているので、相当体が弱っていたのではないだろうか。

 

 慶長16年6月4日、昌幸は65歳で真田庵で病没した。九度山での幽閉生活は11年にも及んだ。ここまで記したとおり、昌幸の晩年は通説と大きく異なり、病と貧困に苦しんでいた。

 

 法名は、龍花院殿一翁殿干雪大居士という。九度山の真田庵には宝塔があり、昌幸の墓所とされている。『先公実録』によると、昌幸の火葬後の慶長17年8月、河野清右衛門幸壽が分骨を持ち出し、長谷寺(長野県上田市)に納骨したといわれている。そのため、墓は長谷寺にもある。

 

 

KEYWORDS:

過去記事

渡邊 大門わたなべ だいもん

1967年生。佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。現在、株式会社歴史と文化の研究所代表取締役。『本能寺の変に謎はあるのか? 史料から読み解く、光秀・謀反の真相』(晶文社)、『清須会議 秀吉天下取りのスイッチはいつ入ったのか?』(朝日新書)『真田幸村と大坂夏の陣の虚像と実像』(河出ブックス)など、著書多数。

最新号案内

歴史人 2022年9月号

連合艦隊の真実

世界の列強と互角の軍事力を有するため、日本海軍が明治27年に設立した「連合艦隊」は、優れた機動力と策略で、清国やロシアを圧倒する。しかし「大艦の時代」から「航空機の時代」へ移り変わるなかで、その威容は徐々に衰えを見せ始める。かつて世界有数の軍事力を誇りながら、太平洋戦争で最期を迎えた連合艦隊の軌跡を追う。