×
日本史
世界史
連載
エンタメ
誌面連動企画

江戸時代の大坂の下水道 ――「大坂 庶民の暮らし」こぼれ話

「歴史人」こぼれ話・第9回

現在も利用される太閤(背割)下水は秀吉によって造られた

現在も大阪の下水道として利用される太閤背割(下水)/協力 大阪市建設局

 天正11年(1583)、羽柴(豊臣)秀吉は大坂城(大阪市中央区)を淀川・大和川のデルタ地帯に築城し、同時に大坂城下の整備を進めた。秀吉は道路整備を行うとともに、町家から排出される下水を排水する設備(下水溝)を造ったといわれている。都市計画の一環だった。

 

 下水路の幅は3~4尺(約90120cm)が標準で、1~2間(180360cm)という広いものもあった。下水路の両サイドは石垣でできており、下水路に挟まれた40間(約72m)四方の区画が町割りの基準となったのである。

 

 この下水路は秀吉によって造られたので「太閤下水(たいこうげすい)」といわれているが、「背割下水(せわりげすい)」とも称されてきた。「太閤下水」「背割下水」の名称が使われ出したのは、昭和40年(196574)代頃からであるといわれている。「背割下水」が「背割」と称する理由は、町が下水道を挟み背中合わせ(背割・町境)になっているからだという。

 

 「背割下水」は町境に造られた下水設備であるが、「太閤下水」は背割(町境)にあるものだけではない。実は、それら下水道が秀吉の時代まで遡るのか否かについては、大きな問題となっている。

 

 発掘調査などの結果、慶長3年(1598)に船場(大阪市中央区)で町割りが行われた際、「背割下水」が築かれた可能性は高いと指摘された。

下水道を挟み背中合わせとなっている太閤背割(下水)図/協力 大阪市建設局

 一方、上町(大阪市中央区)では秀吉の時代に下水道が造られた可能性は高いものの、今も残る「背割下水」は江戸時代に築かれたと想定されている。

 

 現在、大阪市中央区和泉町1丁目には、「背割下水」の見学施設がある。常時、窓越しに見学が可能なので、ぜひ行ってみてはいかがだろうか?

水は都市の重要課題だった。江戸の上水・目白下大洗堰『江戸名所図会』/国立国会図書館蔵

KEYWORDS:

過去記事

渡邊 大門わたなべ だいもん

1967年生。佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。現在、株式会社歴史と文化の研究所代表取締役。『本能寺の変に謎はあるのか? 史料から読み解く、光秀・謀反の真相』(晶文社)、『清須会議 秀吉天下取りのスイッチはいつ入ったのか?』(朝日新書)『真田幸村と大坂夏の陣の虚像と実像』(河出ブックス)など、著書多数。

最新号案内

歴史人 3月号

[古地図]と[現代地図]で歩く

江戸 京都 大坂 名所めぐりと庶民の暮らし