×
日本史
世界史
連載
エンタメ
誌面連動企画
通販

敗者の大坂の陣 大坂の陣を彩った真田信繁④

歴史研究最前線!#038

「勝っても負けても真田家は存続する」昌幸の合理的な策略

沼田城跡(群馬県沼田市西倉内町)にある、真田信之・小松姫の石像。

 前回の続きである。真田家では、親子が東軍(徳川方)、西軍(豊臣方)に与し、敵と味方に分かれて戦うという異常な事態になった。そのときの状況は、次のように狂句に詠まれた。

 

「東西に みごろを分ける 真田縞」

「たね銭(信之)が 関東方(徳川方)に 残るなり」

「銭つかひ 上手にしたは 安房守(昌幸)」

 

 では、なぜ昌幸はそのような選択をしたのだろうか。

 

 『滋野世紀』などによると、理由は「家のため」であったという。親子が敵と味方に分かれて戦っても、どちらかが勝つのは間違いない。戦いの結果がどうであれ、真田家は必ず存続する。苦渋の選択であったが、合理的な考え方であったといえよう。勝った方は、負けた方の赦免(しゃめん)をすることも計算済みだったに違いない。

 

 家康は信之を褒め称え、父・昌幸の上田(長野県上田市)領を与えることを約束した。『真田記』によると、家康は信之に対して「伊豆守(信之)が忠義の程山よりも高く、海よりも深し」と述べ、差していた脇差を与えたといわれている。

 

 ところで、その後の状況については、おもしろい逸話が残っている。昌幸は犬伏から上田城に戻る途中、孫の顔見たさに信之の居城・沼田城(群馬県沼田市)に立ち寄った。

 

 しかし、留守を預る小松姫は「義父とはいえ、敵味方に分かれた以上、城に入れるわけにはいきません」と昌幸の申し出を拒否し、さらに「私が自らわが子を刺し殺し、自分もまた自殺して城に火を掛けるつもりです」まで言った。

 

 仕方なく昌幸はその場を去ったが、正覚寺で休息していると、小松姫が昌幸のもとに子供を連れてやって来たという。これには異説もある。

 

 昌幸は門を打ち破って城に入ろうとすると、薙刀(なぎなた)を手にし甲冑(かっちゅう)に身を包んだ小松姫が門まで走ってきた。

 

 そして、「門を開けようとするものは何者か。殿(信之)が出陣中の留守のところに狼藉(ろうぜき)に及ぶのは曲事(くせごと)である。皆出て討ち取れ」と配下の者に命令じ、続けて「私は本多忠勝の娘であるとともに、家康公の養女で娘でもある」と述べた。

 

 昌幸は「武士の娘はかくありたいものだ」と言い残した。あくまで小松姫は、徳川方の女性だったのだ。

 

(続く)

KEYWORDS:

過去記事

渡邊 大門わたなべ だいもん

1967年生。佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。現在、株式会社歴史と文化の研究所代表取締役。『本能寺の変に謎はあるのか? 史料から読み解く、光秀・謀反の真相』(晶文社)、『清須会議 秀吉天下取りのスイッチはいつ入ったのか?』(朝日新書)『真田幸村と大坂夏の陣の虚像と実像』(河出ブックス)など、著書多数。

最新号案内

歴史人 6月号

おとなの歴史学び直し企画 いまさら聞けない!

古代天皇と古墳の謎