×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画
通販

敗者の大坂の陣 大野治長・治房兄弟は豊臣家のガンだったのか?(後編)

歴史研究最前線!#033

淀殿との密通による悪評や豊臣家滅亡の戦犯扱いも、実のところは豊臣家の忠臣だった⁉

大野治長が普請に携わった伏見城。当時の城は慶長伏見地震によって倒壊し、その後何度かの廃城を経て、現在は昭和39年(1964)に建設された模擬天守が残る。

 前回の続きである。ところで、後世にわたって、治長(はるなが)には悪い評価がされてきた。

 

 絶えず治長と淀殿(よどどの)との間には、不穏なが噂が流れた。たとえば、慶長4年(1614)には、治長は淀殿と密通している風聞が広まっている(『萩藩閥閲録』)。同じような話は、『多聞院日記』や『看羊録』にも書かれており、かなり話題になっていたようだ。

 

 『明良洪範』には、秀頼は治長と淀殿の子であると記されている。おそらく、治長と淀殿との密通が根拠となったのだろう。秀頼が秀吉と淀殿との実子であるか否かは、現在も真偽をめぐって論争がある。

 

 治長は大坂の陣に際して、軍議で真田信繁(さなだのぶしげ)ら牢人衆らの献策を拒否し、徳川方を討つ絶好のチャンスを失った。治長の反対により、牢人衆は涙を飲んだ。こうしたことがあったので、治長は豊臣家を滅亡に追い込んだ戦犯と思われている。

 

 現在、治長の評価は変わっていないだろうか。治長は、基本的に豊臣家存続のために奔走しており、徳川家との和睦(わぼく)締結にも心血を注いだ。当時、京都所司代(しょしだい)を務めた板倉勝重(いたくらかつしげ)は、書状の中で治長を次のように評価している。

 

 勝重は治長が粘り強く事に当たり、秀頼の為なら悪事を働くことも辞さなかったと記している。悪事とは徳川方からの意見であり、逆に豊臣方から見れば、秀頼のためということになろう。治長は豊臣家の忠臣だったのである。

 

 慶長19年(1614)の大坂冬の陣で治長は、織田有楽(おだうらく)とともに徳川方と和睦交渉を行い、締結後は人質として子の治徳を徳川方に送った。しかし、盟友である織田有楽は、講和後に大坂城を退城し、治長は苦境に立たされる。

 

 和睦締結後、大坂城の惣構(そうがまえ)や堀などが埋め立てられ、周囲は丸裸になった。慶長20年(1615)に大坂夏の陣がはじまるが、豊臣方はすぐに劣勢に追い込まれた。

 

 治長は秀頼・淀殿の助命に奔走するが、秀頼の妻・千姫(せんひめ)を逃がすのが精一杯であった。同年5月8日、治長は秀頼らとともに大坂城で運命をともにした。

 

 弟・治房(はるふさ)は主戦派であり、和睦を主張する治長と対立した。夏の陣では筒井氏の居城・大和郡山(やまとこおりやま)城を落とし、弟・治胤(はるたね)に命じて和泉国堺へ兵を送り、市街を焼き払わせた。

 

 その後、河内方面に向かったが、樫井(かしい)の戦いで浅野氏の軍勢に惨敗した。同年5月7日、治房は大坂城を脱出したが、京都市中で捕縛され斬首されたのである。

 

 治長・治房は茶人の古田織部(ふるたおりべ)と親交があり、ともに風流を解する人物であったといわれている。

 

(完)

 

KEYWORDS:

過去記事

渡邊 大門わたなべ だいもん

1967年生。佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。現在、株式会社歴史と文化の研究所代表取締役。『本能寺の変に謎はあるのか? 史料から読み解く、光秀・謀反の真相』(晶文社)、『清須会議 秀吉天下取りのスイッチはいつ入ったのか?』(朝日新書)『真田幸村と大坂夏の陣の虚像と実像』(河出ブックス)など、著書多数。

最新号案内

歴史人 2021年11月号

日本の仏像 基本の「き」

お寺や仏様に参拝して心の安らぎを得るだけでなく、その歴史や造形の意味を探りたい。という読者は多いことだろう。そんな方のために、知っておきたい国宝の仏像や、歴史的に意味を持つ仏像や戦国武将が心の支えとした念持仏の数々を写真でご紹介。さらにそのような仏像の見分け方、造形の鑑賞ポイントなど、豊富なイラストで徹底図解する。これで眼前の世界の奥行きが増すに違いない。