×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画
通販

敗者の大坂の陣 明石掃部とはいかなる人物だったのか?(後編)

歴史研究最前線!#031

大坂冬の陣の直前に約4千500の兵を率いて大坂城に入城

 

全登が参戦した、大坂夏の陣道明寺合戦の史実を伝えるために建立された慰霊碑(大阪府藤井寺市)

 前回の続きである。実は黒田長政(ながまさ)もキリシタンであり、明石掃部(あかしかもん)以外にも、多くのキリシタン牢人を招いていたという。しかし、筑前での掃部の動向は不明であり、禁教が徹底される中で、厳しい状況にあったのは確かなようだ。

 

 似たような状況は、ほかの宇喜多氏のキリシタン関係者にも及んでいた。『越登賀三州志』によると、慶長19年(1614)3月に加賀藩前田家から追放されたキリシタン武士の中には、宇喜多休閑(きゅうかん)の名前がある。

 

 休閑は、おそらく宇喜多氏の縁者であろう。秀家の妻・豪姫(ごうひめ)が前田利家(としいえ)の娘だったので、その縁を頼ったと考えられる。同じ頃、秀家に仕えたグュザ(Guiuzza)なる人物と3人の子が前田家を追放され、津軽に送られた。前田家の対応は、禁教令を受けたものであった。休閑とグュザは、同一人物である可能性が高い。

 

 宇喜多氏配下の明石掃部らは、キリスト教関係者や姻戚関係を頼りにして、有力者に庇護(ひご)を求めた。関ヶ原合戦直後は、まだキリスト教に寛容なところがあり、彼らを受け入れるキリシタン大名も存在した。

 

 ところが、慶長14年に岡本大八(おかもとだいはち)事件が起こると、禁教がさらに徹底され状況は一変した。こうしたキリシタン牢人は、大坂の陣で豊臣方に与することになる。

 

 『大坂陣山口休庵咄』によると、慶長19年の大坂冬の陣の直前、明石掃部は約4千500の兵を率いて大坂城に入城した。それらの兵については、「出所を知らず」とあるので、多くは入城に際して急遽集められたのだろう。

 

 『土屋知貞私記』によると、掃部は「播磨者」とされており、秀吉直参で10万石を知行していたというが、この記述は事実と異なっており問題がある。

 

 関ヶ原合戦で敗北後、掃部は長宗我部盛親(ちょうそかべもりちか)と同じく秀頼から扶持(ふち)を受け籠城したという。つまり、掃部は豊臣方から、大きな期待をもって迎えられた。年齢は60歳ぐらいであったと伝わる。掃部は大坂の陣で活躍したが、戦後の行方は不明である。

 

(完)

KEYWORDS:

過去記事

渡邊 大門わたなべ だいもん

1967年生。佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。現在、株式会社歴史と文化の研究所代表取締役。『本能寺の変に謎はあるのか? 史料から読み解く、光秀・謀反の真相』(晶文社)、『清須会議 秀吉天下取りのスイッチはいつ入ったのか?』(朝日新書)『真田幸村と大坂夏の陣の虚像と実像』(河出ブックス)など、著書多数。

最新号案内

歴史人 2021年8月号

保存版特集【日米開戦80年目の真実】

建艦競争から軍縮会議、そして日米開戦…なぜ太平洋戦争は回避できなかったのか? ――米英ソが描いた世界大戦への謀略―― 真珠湾奇襲攻撃から米軍に反攻を許したミッドウェー海戦・インパール作戦、 日本軍最後の決戦硫黄島・沖縄戦、そして本土空爆・ポツダム宣言・玉音放送まで 太平洋戦争のすべてがわかる一冊!