×
日本史
世界史
連載
エンタメ
誌面連動企画

漢の皇帝は、なぜ権力をなくしてしまったのか?

ここからはじめる! 三国志入門 第4回

王莽による「漢」の一時の断絶と遷都

後漢の都・洛陽(現在の河南省洛陽市)

 劉邦が建てた前漢は、紀元前206年から約200年続いた。だが紀元8年、王莽(おうもう)という人物の陰謀で滅ぼされてしまう。

 

 王莽は第11代皇帝・成帝の外戚(がいせき)にあたる。外戚とは、分かりやすくいえば皇后(皇帝の妃)の親族だ。とくに、その父や兄弟が朝廷に入り込むと、野心を発揮して政治に介入することが増えた。皇帝の義理の父や兄弟にあたる立場を利用し、どんどん権力を強めるようになるという寸法だ。

 

 その外戚のひとりである王莽が、13代目の皇帝・平帝を毒殺。2歳の子を無理やり14代目に据えて傀儡(かいらい)とした挙句、帝位を奪って「新」という国家を勝手に作ってしまった。

 

 だが、王莽の栄華は長く続かず、彼一代で滅びる。そして西暦25年、漢の皇室の血をひく光武帝・劉秀(りゅうしゅう)が、乱れた各地を平定して大陸を再統一。漢の再興を果たした。「後漢」の成立である。

 

中国では「前漢」「後漢」と呼ばない?

 

 それまでの漢を「前漢」と呼んで区別するが、当然この呼び方は便宜上のもので、当時は前も後もなく「漢」以外の呼び方はなかった。また中国の人は、西の長安に都をおいた前漢を「西漢」、東の洛陽に都をおいた後漢を「東漢」と呼び分ける。中国の地理がわかっていなければ、ちょっと難しいかもしれないが、三国志演義を読んだ人ならピンとくるだろう。

 

 さて、光武帝が再興した漢(後漢)は、それから約200年続く。しかし、そんな後漢も建国から50年ほどで早くも綻びが見え始める。2代目である明帝・劉荘(りゅうそう)48歳の短命で没したのだ。息子の章帝(しょうてい)は19歳で帝位を継いだが32歳で没し、次の和帝(わてい)は9歳で即位して27歳で没した。さらに次の殤帝(しょうてい)は生後100日余りで即位させられ、ほどなく落命した。

 

 皇帝は地上(天下)の支配者として天の命令を受けた存在とされた。つまり誰も逆らえない絶対的な存在でなければならない。しかし、赤子や子どもにそんな大役が務まるわけがない。そうなれば皇帝の側近を務める、前述の王莽のような外戚が力を持つのは当然だ。

 

権力をふりかざす外戚に対し、反発が起きた

 

 これに反発したのが、正規に登用された一般の官僚たち。さらに、そこへ宦官(かんがん)も加わった。あとに述べるが、宦官とは皇帝の身の回りを世話する上で不祥事を起こさぬように去勢された男性官僚で、中には外戚と同等の権力を持つ者もいた。

 

 建国から半世紀が経ち、第12代・霊帝(れいてい)の時代に「党錮(とうこ)禁」が起こる。清流派」を名乗る外戚や有力豪族が宦官やその一派を「濁流派」と呼んで攻撃し、排斥にかかったのである。

 

 この両派の争いは宦官一派が勝った。清流派の面々は捕らわれ、死に追い込まれた。時に西暦169年。すでに後漢も末期を迎え、曹操や劉備、呂布といった英雄たちも、この頃には世に生まれていた。

 

 こうして朝廷内の権力争いが続くうちに政治は混乱し、世は乱れた。それから15年後の184年、三国志の始まりといわれる「黄巾(こうきん)の乱」が起こるのである。

 

(続く)

KEYWORDS:

過去記事

上永哲矢うえなが てつや

神奈川県出身。日本の歴史、および『三国志』をはじめとする中国史の記事を多数手がけ、日本全国や中国各地の現地取材も精力的に行なう。著書に『三国志 その終わりと始まり』(三栄)、『偉人たちの温泉通信簿』(秀和システム)、共著に『密教の聖地 高野山 その聖地に眠る偉人たち』(三栄)など。

最新号案内

歴史人 11月号

戦国武将の国盗り変遷マップ

応仁の乱から大坂の陣まで戦国史を地図で読み解く