×
日本史
世界史
連載
エンタメ
誌面連動企画

劉備たちが守った漢とは、どんな国だったのか?

ここからはじめる! 三国志入門 第3回

「漢」という圧倒的な長命政権の時代の影響

 

 一般に知られる三国志の舞台は「三国時代」ではなく、その主要なところは漢(後漢)の時代であった。前回までの話で、そのあたりはご理解いただけたと思う。

 

                                                         

 

 漢は、いったんは滅びているため「前漢」と「後漢」に区分けされており、三国志の時代は「後漢」末期にあたる。

 

 今回はその漢がどんな国家で、どんな時代であったのか。簡潔ではあるが説明したく思う。

 

 まず「漢字」や「漢民族」に代表されるように、この時代に生まれた文化は強い影響力を持った。中国大陸に住む人は、みずからを今でも「漢人」「漢族」と呼ぶことがあり、その割合は中国の全人口の9割以上を占めるという。

 

 そして、劉備や曹操といった三国志の英雄たちも漢に生きた人たちだ。彼らは漢のために生き、漢の皇帝を護り、漢という国の再興をスローガンに掲げ、戦っていた。

 

 最初から「魏」や「蜀」という国を作ろうとか、三国分立のために戦っていたわけではない。漢の存在なくして、彼らの存在意義や行動指針などはなかったといえる。

 

 なぜなのか。それは、ひとつには「漢」が非常に長く続いたからだ。紀元前206年から紀元220年まで、前漢と後漢を合わせれば、実に400年も続いた。

 

 中国の王朝は短命なものも多い。遣隋使で有名な隋(ずい)は37年で滅びたし、司馬炎の西晋は51年。フビライが建てた元も100年に満たない。だが、漢の前に存在した秦は、中でも断トツの短命政権であった。

 

 秦は漫画『キングダム』で知られる秦王・嬴政(えいせい)が、紀元前221年に六国を倒して中国を統一して建てた国だ。

 

 嬴政は史上初、始まりの皇帝を意味する皇帝(始皇帝)となった。その権力は絶大であったが、その反動もあってか、始皇帝が50歳で急死した途端に瓦解。わずか2代15年で滅びたのである。

 

 始皇帝は画期的な政策を次々と打ち出したが、あまりの短命政権だったため、後に残ったものは少ない。

 

 始皇帝死後、急速に衰えた秦を滅ぼしたのが、項羽(こうう)と劉邦(りゅうほう)の両名である。力を合わせて秦を倒した両雄も、ほどなくその後の覇権をかけて相争うことになり、その結果、劉邦が勝利した。

 

漢の国号の由来となった漢水

 

 紀元前206年、劉邦は新たな皇帝となり、拠点としていた漢水という河の中流域「漢中」(現在の陝西省)の名前をとった漢帝国を建てる。

 

長江最大の支流として知られる漢水

 

 そして2代15年で終わった秦とは違い、漢は長く続いていった。

 

 ことに第7代皇帝・劉徹(武帝)は積極的な外征で、それまで悩まされていた異民族・匈奴(きょうど)などを圧倒。将軍の衛青(えいせい)や霍去病(かくきょへい)らを用いて打ち破り、西は敦煌、東は朝鮮半島北部、南はベトナム、北は外蒙古までにいたる大帝国を築き上げた。

 

 こうして前漢は劉邦から7代にして最盛期を誇る強大な国へと成長した。当然、漢の皇帝の権力は絶大であり、それに従う官僚や将軍たちも有能で、よく働いた。

 

 だが、何事にも終わりは来る。盤石を誇った漢帝国にも少しずつ綻びが生じ始め、紀元8年に一度は滅びてしまうのである。

 

(続く)

KEYWORDS:

過去記事

上永哲矢うえなが てつや

神奈川県出身。日本の歴史、および『三国志』をはじめとする中国史の記事を多数手がけ、日本全国や中国各地の現地取材も精力的に行なう。著書に『三国志 その終わりと始まり』(三栄)、『偉人たちの温泉通信簿』(秀和システム)、共著に『密教の聖地 高野山 その聖地に眠る偉人たち』(三栄)など。

最新号案内

歴史人 10月号

日本史の偉人200

日本史の偉人たちは、国難や危機をどのように乗り越えてきたのか?