×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

天下人・家康は初陣をどう戦ったのか?

「歴史人」こぼれ話・第32回

 松平家の家臣団を歓喜させた初陣


家康が初陣で攻めた寺部城跡の石碑。寺部城は鈴木重辰の祖父重時によって建立され、後に尾張徳川家家老の居城として活用された。

 武将には誰しも初陣があります。もちろん、それは、後に天下人となった徳川家康(とくがわいえやす)も例外ではありません。松平元康(まつだいらもとやす/後の徳川家康)の初陣は、永禄元年(15582月のことでした。

 

 当時、元康は駿河国(するがのくに)の大名・今川義元(いまがわよしもと)の部将でしたが、その義元の命令を受けて、出陣したのです。最初の攻撃目標は、突如として、尾張の織田方に寝返った寺部城(てらべじょう/愛知県豊田市)主・鈴木重辰(すずきしげたつ)。三河は、今川氏と織田氏の対立の最前線となっていました。重辰には、広瀬(豊田市)城主の三宅高清も加勢しています。

 

『三河物語(みかわものがたり)』(江戸時代初期の旗本・大久保彦左衛門著)によると、元康は岡崎から寺部城に向けて、進軍。外曲輪(そとぐるわ)を破り、城に放火して、また岡崎に戻ったといいます。

 

 元康軍の動きはそれに止まらず、梅が坪城にも攻め寄せ、敵を退散させました。同城からは、敵兵が打って出てきたようですが、それを追い散らしたのです。敵兵が退却した隙をつき、城に攻め入り、外構に敵軍を追い込んでいきます。

 

 二の丸・三の丸を焼き払い、元康軍は多くの敵を討ち取ったようです。再び、岡崎に戻った元康軍は、広瀬城、挙母(ころも/豊田市)の城へも押し寄せていきます。そして、先ほどと同じく、多くの敵兵を討ち、城構えを壊し、火を放って、岡崎に退いていきました。その後、元康は駿河に帰り、見事、初陣を勝利で飾ったのです。

 

 この元康の活躍に、譜代の家臣団は歓喜したといいます。「苦しいなかでお育ちになり、軍略は如何かと朝夕、案じていたが、松平清康様(きよやす/元康の祖父)の威勢にそっくりになられたことよ。めでたい」と涙を流して喜んだのでした。以上が、『三河物語』が描く元康の初陣です。

 

 では、徳川幕府が編纂した史書『徳川実紀(とくがわじっき)』には、元康の初陣はどのように記されているのでしょう。そこにも同じく、鈴木氏が籠る寺部城を攻めた、これが元康の初陣であったと書かれています。

 

 元康は陣中において、諸将を集め、次のように言ったようです。「敵はこの一城とは限らぬ。諸所の敵城より、後詰めがあったならば、由々しき大事じゃ。先ず、枝葉を刈り取り、それから後で根を断つべし」と。

 

 元康はそう言うと、城下に放火し、一旦、引き上げます。元康に従う宿老(酒井氏、石川氏)などは、元康のこの采配を見て「我々もこれまで戦場において戦をしてきたが、これほどまでの深謀遠慮はしなかった。若くしての初陣において、既にこのようなお心構え。後々、どのような名将となられるであろうか」とこれまた涙を流したとのこと。

 

 この寺部城の戦いは、同年4月下旬には、終結したと考えられています。今川義元も、元康の初陣での武功を称し「旧領のうち、山中三百貫の地」を返還したといいます。元康の初陣は、成功のうちに終わったのです。これは天下人・家康に相応しい初陣と言えるでしょう。

 

 今川義元の死後、元康は三河平定の戦に乗り出すのですが、その時にも再び、寺部城を攻撃し、城を乗っ取っています(『三河物語』)。この時、元康は初陣のことを思い出したでしょうか。

 

監修・文/濱田浩一郎

KEYWORDS:

過去記事

歴史人編集部れきしじんへんしゅうぶ

最新号案内

歴史人2023年2月号

徳川家康の真実

いよいよスタートする大河ドラマ「どうする家康」に合わせて、徳川家康の生涯を徹底検証!タヌキオヤジ、我慢強い、などと言われてきた家康ですが、じつは最新研究で家康の評価や人物像が大きく変わっています。本特集では、その新しい歴史や人物像もふまえて、人質時代から織田信長との同盟、本能寺の変、秀吉時代、関ケ原の戦い、征夷大将軍と秀頼、そして大坂の陣まで、ドラマチックな一生を最新バージョンにアップデートして解説していきます。大河ドラマ時代考証担当の小和田哲男氏と平山優氏の特別寄稿も掲載!知っているようで知らない現在の家康がわかる1冊です。