×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

潜水艦による戦果が乏しかった頃 関係者すべてに希望を与えた「伊6潜水艦」の殊勲

海底からの刺客・帝国海軍潜水艦かく戦えり


伊号第6潜水艦(以下・伊6)は、昭和5年(1930)に締結された、ロンドン海軍軍縮条約の下、大日本帝国海軍が計画した第一次補充計画で建造された伊1型潜水艦の6番艦である。航続力と索敵に優れた巡洋潜水艦で、川崎重工業神戸造船所で起工し、昭和9年(1934)3月31日に進水。翌年の5月15日に竣工した。同時に横須賀鎮守府(ちんじゅふ)の所属となる。


伊6潜水艦の魚雷発射管は艦首に4門、艦尾に2門であった。サラトガへの雷撃を行った際、艦首の発射管が1門損傷していたため、不利な位置であったにもかかわらず、3本しか発射することができなかったのだ。

 

 昭和12年(1937)7月7日に起こった盧溝橋(ろこうきょう)事件は、日本と中華民国が全面戦争に踏み込む扉を開いた。8月21日になると伊6は伊1、伊2、伊3、伊4、伊5という同型の潜水艦と、戦艦長門(ながと)、陸奥(むつ)、榛名(はるな)、霧島(きりしまs)、軽巡洋艦五十鈴(いすず)とともに、長江河口で封鎖作戦を行っている。だが中華民国との戦いは、陸戦がメインだったため、戦果らしい戦果には恵まれなかった。

 

 アメリカとの戦争が決定的となった昭和16年(1941)1月、伊6は新たな艦長を迎えている。海兵51期の稲葉通宗(いなばみちむね)である。同期には、後に空母ワスプを撃沈する木梨鷹一(きなしたかかず)、軽巡洋艦ジュノーを轟沈させた横田稔(よこたみのる)、甲標的搭載艦を指揮した花房博志(はなぶさひろし)など、優れた潜水艦乗りがいた。

 

 同年1116日、横須賀を出港した伊6は、真珠湾(しんじゅわん)攻撃に参加すべくハワイ近海へと向かう。真珠湾攻撃の当日は、モロカイ島の北方海域で哨戒(しょうかい)に当たった。そして真珠湾攻撃後も、同海域にとどまり哨戒を続けている。9日にはカウアイ海峡に移動。すると空母1隻と重巡2隻、駆逐艦数隻による機動部隊を発見する。だが距離が離れていたことで、攻撃に移ることはできなかった。

 

 年が明けてもハワイ周辺にとどまっていた伊6は、次第に燃料の残量に危機感を覚えるようになっていた。そんな状態であった1月10日、レキシントン型空母発見の報が僚艦の伊18から届く。そこで僚艦とともに捜索列を形成し、空母が現れるのを待ち受けた。

 

 1月12日は敵の哨戒機が現れたことで、燃料の残量を気にしつつも、5回の急速潜航を行う。そしてその日の日没頃、ついにレキシントン型空母を発見する。しかしこの時も空母との距離が2万5000mもあった。

 

「我が方は水中で6ノットしか出せないが、敵空母は14ノットで航行中だ。このままでは襲撃に適した位置につけることができない」

 

 稲葉艦長は、今回も大きな獲物を逃してしまうのかと、歯がみする。この時、伊6が搭載していたのは八九式魚雷で、これは射程が7000m。とはいえ6本を発射して、確実に1本を命中させるためには、標的との距離を1500mまで縮める必要があった。

 

 空母が針路を変更するなどの幸運もあったが、周囲が暗くなり視認するのも難しくなってくる。そこで稲葉は空母との距離が4300mになったところで、4本の魚雷を発射することを決断。ところが艦首にある4門の発射管のうちの1門が故障、射出されたのは3本だけであった。稲葉は心中「1本も命中することはないだろう」と思っていた。ところがしばらくすると、伊6の艦内に2回の爆発音が響いた。護衛の駆逐艦から攻撃を受けてしまうので、浮上して戦果を確認することはできなかったが、稲葉艦長は状況から空母を撃沈したものと判断、報告を入れている。

 

稲葉艦長と伊6の帰投は喝采を持って迎えられた。潜水艦による大型空母を撃沈というニュースは、すべての潜水艦乗りの目標となった。稲葉は山岡荘八の取材を受け、『海底戦記』として発表されている。

 

 伊6が攻撃したのは、当時世界最大級の空母であったサラトガである。この日はエンタープライズと合流するため、ハワイを出港したところであった。魚雷は左舷中央のボイラー室付近に2本が命中。激しい衝撃の後に凄まじい浸水を起こし、乗務員は沈没に備え救命胴衣を着用したほどであった。

 

 だが沈没までには至らず、真珠湾に引き上げている。その後、6カ月にわたり戦列を離れることとなった。一方の伊6はその日のうちに哨戒海域を離脱し、22日にはクェゼリンの基地に帰投した。その時、燃料の残りはわずか800ℓという、まさに薄氷を踏むような航海であった。

 

 この時は空母撃沈と判断されていたため、伊6と稲葉艦長はなかなか戦果に恵まれなかった潜水艦関係者に、明るい希望を与えてくれたのであった。

1942年1月12日の伊6による雷撃で戦列を離れたサラトガは、その年の6月に戦列復帰。7月にはソロモン方面に出撃するが、8月31日に伊26からの雷撃を受け、またも航行不能となり3カ月戦列を離れた。伊26の艦長は稲葉と同期の横田稔であった。

KEYWORDS:

過去記事

野田 伊豆守のだ いずのかみ

 

1960年生まれ、東京都出身。日本大学藝術学部卒業後、出版社勤務を経てフリーライター・フリー編集者に。歴史、旅行、鉄道、アウトドアなどの分野を中心に雑誌、書籍で活躍。主な著書に、『語り継ぎたい戦争の真実 太平洋戦争のすべて』(サンエイ新書)、『旧街道を歩く』(交通新聞社)、『各駅停車の旅』(交通タイムス社)など多数。

最新号案内

歴史人2023年2月号

徳川家康の真実

いよいよスタートする大河ドラマ「どうする家康」に合わせて、徳川家康の生涯を徹底検証!タヌキオヤジ、我慢強い、などと言われてきた家康ですが、じつは最新研究で家康の評価や人物像が大きく変わっています。本特集では、その新しい歴史や人物像もふまえて、人質時代から織田信長との同盟、本能寺の変、秀吉時代、関ケ原の戦い、征夷大将軍と秀頼、そして大坂の陣まで、ドラマチックな一生を最新バージョンにアップデートして解説していきます。大河ドラマ時代考証担当の小和田哲男氏と平山優氏の特別寄稿も掲載!知っているようで知らない現在の家康がわかる1冊です。