×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

「特攻」という悲劇はこうして始まった

沖縄戦と本土決戦の真実⑨

■圧倒的な戦力差を埋める戦法として誕生

知覧平和公園(鹿児島県南九州市知覧町)にある、旧帝国陸軍一式戦闘機「隼」の復元制作機。若き特攻隊員の青春を描いた映画「俺は、君のためにこそ死にに行く」の撮影で、実際に使用された機体が展示されている。

 特攻が本格的に開始されたのは、フィリピン防衛戦だった。太平洋戦争開始直後、日本はフィリピン全域を占領したが(昭和17年・1942年5月)、2年余り後(同19年・1944年10月)には米軍がフィリピン奪還を目指して押し寄せてきたため、それを断固阻止しようした。そのため防衛戦と定義づけられる。

 

 だが、すでに迎え撃つだけの空母艦隊はなかった。この年6月のマリアナ沖海戦で壊滅していたのである。地上基地にも航空機はわずかしか残っていなかった。そこで、マニラの第1航空艦隊司令長官・大西瀧治郎(おおにしたきじろう)中将は、東京での軍令部との打ち合わせ通りに、零戦(零式艦上戦闘機)で編成した神風(しんぷう)特別攻撃隊を10月21日に出撃させたのである。

 

 最初は、体当たりすべき艦船が見つからず、何回も引き返した。

 

 ルソン島マバラカット飛行場から5回目の出撃となった10月25日、敷島隊(しきしまたい)5機は、ついにレイテ島北東岸タクロバン東方90浬(かいり・換算すると約167㎞)沖に米空母群を発見した。隊長・関行男(せきゆきお)大尉以下は高度2000m付近から、次々と急降下して体当たりした。

 

 5空母それぞれに大きな被害を与えたが、「セント・ロー」だけは撃沈に成功した。そして、このことは特攻隊員との約束通りに、ただちに天皇陛下に報告された。

 

 天皇はびっくりしつつも、「かくまでやらせなければならぬということは、まことに遺憾であるが、しかしながら、よくやった」と言った。

 

 指揮官の大西としては、「しかしながら、もうやめよ」という言葉を期待していたようだが、「よくやった」といわれたら、体当たり特攻をやめるわけにはいかなくなった。特攻はその後、普通の攻撃法となっていくのである。

 

■長い期間をかけて特攻を正当化された理念「悠久の大義」

 

 戦争は殺し合いだが、運がなくて戦死することと、最初から死ぬために出撃することは異なる。

 

 後者は当時としても異様だった。もう少し後になると、爆弾を命中させたら生還してよいかと質問した隊員を「まかりならん」と叱るようになり、帰ってきた特攻隊員は何回も出撃させられるようになった。

 

 大西に限らず、当時の軍人は天皇のために命を投げ出すことこそ名誉であると、厳しく教育されていた。だから、成算のない出撃でも、それは永遠に続く天皇への忠義の証しとなると、信じるように仕向ける教育を行った。

 

 天皇への忠義が足りないと非難されることほど、不名誉であり、屈辱的なことはなかった。「それが我が身を滅ぼそうとも、結果は悠久の大義に生きることになる」と信じて生きていた。

 

 大西長官が特攻隊員に訓示して送り出したというわけではない。このような教育は、つけ焼き刃では隊員も納得しなかっただろう。長い期間をかけて、教育勅語や軍人勅語を、暴力とともに浸透させた結果だったのである。

 

 特攻も命令で出撃させないというのが建前だったが、そんなことはいつしか忘れられていった。

 

 フィリピン特攻はのちに陸軍航空隊も参加した。陸軍は軽爆撃機や重爆撃機などを使い、日本で編成され、フィリピンに進出した。名称は八紘隊とか一宇隊、護国隊などとつけられ、昭和20年(1945)1月まで続いた。

 

 どれほどの出撃機数だったか、また戦果のほどは研究者によってさまざまだが、特攻隊慰霊顕彰会によると、海軍特攻333機、戦死420人、陸軍特攻202機・戦死251人だったという。悲劇というほかに言葉が見つからない。

 

監修・文/森山康平

(『歴史人』2022年6月号「沖縄戦とソ連侵攻の真実」より)

KEYWORDS:

過去記事

歴史人編集部れきしじんへんしゅうぶ

最新号案内

歴史人 2022年10月号

戦国大名の勢力変遷マップ

応仁の乱から大坂の陣まで、戦国武将の勢力変遷を「戦国変遷マップ」で読み解く一冊。約150年にもわたる戦国時代には、明応の政変や三方ヶ原合戦など、節目となった合戦や出来事があった。それらを交えながら、北条早雲や織田信長、武田信玄、豊臣秀吉、伊達政宗、そして徳川家康らがしのぎを削った時代の勢力図を分かりやすく解説。特別企画では、「早わかり日本史」などの書籍で知られる歴史作家の河合敦氏が、戦国時代の魅力について新しい視点で語ってくれる。人気の戦国時代を頭から終わりまで見通せる、保存版の一冊。