×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

IV号戦車短砲身型[独軍]vs.T34/76[ソ軍]【独ソ兵器対決】

独ソ戦で戦った戦車から拳銃まで ~その評価は~ 第1回


第2次大戦でもっとも激しい地上戦が繰り広げられた独ソ戦。戦いの中で活躍した両国の兵器を取り上げ、その性能、戦歴を比較検証していく。


T34/76の試作車。同時代の他国の戦車に比べて傾斜面が多い美しい外観をしている。だが、ご覧の通り被弾確率を下げるために砲塔が小さく設計されており、砲塔に乗る乗員が2名に限られたことが、実戦下では大きな弱点となった。

 19416月、ドイツ軍は自慢のパンツァートルッペン(装甲部隊)を先頭に立ててソ連への侵攻を開始した。当時の同軍は、2cm機関砲搭載のII号戦車、短砲身5cm砲搭載のIII号戦車、短砲身7.5cm砲搭載のIV号戦車、3.7cm砲搭載のチェコ製38t)戦車を装備していた。

 

 順調にソ連領内を進撃するドイツ軍の前に、やがてソ連軍戦車部隊が立ちはだかった。主力のT26BT7に、ひときわスマートな戦車も混じっていたが、これがT34/76であった。長砲身で高威力の76.2mm砲を搭載し、車体各部には、避弾経始と称される敵弾を滑らせるための傾斜が付けられ、優れたディーゼル・エンジンを搭載して、走行性能も秀でていた。

 

 特に2cm機関砲や3.7cm砲では撃破不能で、かろうじて砲塔と車体の結合部(ターレット・リング)や、車体前面操縦手席ハッチの隙間などを狙い撃ちした場合に限って、戦闘能力を奪って後退させることができ、短砲身5cm砲と短砲身7.5cm砲ならば、比較的近距離から車体側面や車体後部、砲塔側面や後部などに命中弾を与えれば、撃破することができた。

 

 ドイツ軍は、まさかこのような高性能の戦車をソ連軍が装備しているとは思わず、「T34ショック」と称される危機感を抱き、後のドイツにおける戦車や対戦車兵器の開発に大きな影響を及ぼすことになる。

 

 だが、実際にT34/76が本当にそれほどドイツ軍戦車の脅威だったのかといえば、確かに機械的・性能的に優れているのは事実だが、マンパワーが影響する運用面が圧倒的に劣っていた。そこでこの点を突いて、ドイツ軍は、性能で劣る自軍戦車を運用でカバーしてT34/76を仕留めることができた。それに、この運用にかかわる装備に問題がある点も、T34/76の弱点となり、ドイツ軍につけいられる原因となった。

 

 具体的には、T34/76には操縦手、車体銃手、車長兼砲手、装填手の4名が乗っていたが、ドイツ戦車では、チェコ製の38t)ですら、あとから砲塔に1席を足して車長を独立させ4人乗りから5人乗りに改造したほど、車長の独立性を重視していた。その理由は、戦闘状況下に戦場や敵の様子を正確に把握して戦い方の指示に専念する人間がいないと、視界が悪く車内での意思疎通も難しい戦車では、効率的な戦い方ができないという事実を、戦前の演習や実験によって検証済みだったからだ。

 

 また、T34/76に限らず独ソ戦初期のソ連製戦車のペリスコープは技術的問題のせいで透明度が悪く、それが、ただでさえ劣悪な戦車の視野をさらに悪化させていた。加えて、戦車用無線機が中隊長車から小隊長車のレベルまでしか搭載されておらず、それですら低品質と乗員の操作練度不足のせいで故障が多く、戦車個車同士の連絡ができないせいで、ドイツ戦車に比べて連携戦闘はほとんど不可能であった。

 

 このような理由により、確かにドイツ軍は「T34ショック」という技術上の脅威こそ受けたものの、独ソ戦初期の練度の高いドイツ軍戦車兵は、T34/76が内包したこれらの欠点を突いて、短砲身7.5cm砲搭載のIV号戦車なら互角以上の戦いぶりを示した。

 

 とはいえ、やはりII号戦車や38t)戦車では、火力不足のためT34/76との交戦時にはひどい苦戦を強いられたのは事実である。

 

KEYWORDS:

過去記事

白石 光しらいし ひかる

1969年、東京都生まれ。戦車、航空機、艦船などの兵器をはじめ、戦術、作戦に関する造詣も深い。主な著書に『図解マスター・戦車』(学研パブリック)、『真珠湾奇襲1941.12.8』(大日本絵画)など。

最新号案内

歴史人 2022年10月号

戦国大名の勢力変遷マップ

応仁の乱から大坂の陣まで、戦国武将の勢力変遷を「戦国変遷マップ」で読み解く一冊。約150年にもわたる戦国時代には、明応の政変や三方ヶ原合戦など、節目となった合戦や出来事があった。それらを交えながら、北条早雲や織田信長、武田信玄、豊臣秀吉、伊達政宗、そして徳川家康らがしのぎを削った時代の勢力図を分かりやすく解説。特別企画では、「早わかり日本史」などの書籍で知られる歴史作家の河合敦氏が、戦国時代の魅力について新しい視点で語ってくれる。人気の戦国時代を頭から終わりまで見通せる、保存版の一冊。