×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

呉の国の基礎をつくった孫策の暗殺には「宗教団体」が関わっていた?

ここからはじめる! 三国志入門 第59回


孫策(そんさく/175200)は三国時代の一角、呉の礎を築いた人物だ。10代で軍勢を率い頭角を現し、わずか数年間で江東地方を制圧した名将であったが、道なかばで倒れ、26歳の若さで散った。突然の最期には、いかなる理由があったのか。歴史書(正史『三国志』)を中心に紐解きたい。


 

中国湖北省武漢市にある孫策の像。左は孫権。撮影/上永哲矢

■天性の戦上手、カリスマ性で快進撃

 

 魏・蜀・呉の三国の一角、呉の君主・孫権(そんけん)が統治していた領土のほとんどは、彼の兄・孫策の代に獲得されていた。孫権はそれを継いだにすぎない。魏の事実上の創業者が曹丕(そうひ)ではなく、父・曹操(そうそう)だったのと同様、呉の創業者も孫策と言ってよい。

 

 その孫策だが、彼はとにかく戦(いくさ)に強かった。武勇も統率力も抜群。その強さは、黄巾(こうきん)の乱や董卓(とうたく)軍との戦いで大戦果を挙げた父親の孫堅(そんけん)譲りと思われる。一説に、呉郡の孫家は「孫子兵法」で知られる孫武(そんぶ)の末裔といわれていたが、あながち間違いではなかったのかもしれない。

 

 しかも美男で話し上手。性格はおおらかで包容力があり、人を使うのもうまかったという(美姿顏、好笑語、性闊達)。出自は怪しくとも、彼の周りに人が集まってきたのは頷ける話だ。ところが、この一族には共通の欠点があった。三国志本文に「輕佻果躁」とある通り、軽はずみで注意力に欠けたのである。

 

 その象徴が195年、単騎で偵察に出ていた太史慈(たいしじ)とバッタリ出くわし、一騎打ちに応じてしまった逸話である。この戦いは小説(三国志演義)のみならず正史にもあり、孫策の武勇伝だが、一軍の総大将としては軽はずみといえよう。取っ組み合いのさなか、両軍の兵が来て引き分けたが、そのまま続いていたら孫策は討たれていた可能性もあった。

 

 しかし、周りの気苦労も何のその、孫策は劉繇(りゅうよう)、王朗(おうろう)、劉勲(りゅうくん)といった諸侯を次々と撃ち破り、領土を拡げていく。とくに劉勲の討伐戦では、鮮やかな手並みを見せた。劉勲は実力者で、大勢力を誇った袁術(えんじゅつ)の死後、その残党らが、こぞって彼を頼ったという。まともに攻めるのは愚策とみて、孫策は一計を案じた。

 

「上繚(じょうりょう)に、一万余戸を構える宗民(そうみん=宗教勢力か?)を協力して討ちましょう」と持ちかけ、応じた劉勲が拠点の皖(かん)城を開けた隙に、これを奪ったのだ。汚いやり方だが、乱世では常道。かの大喬(だいきょう)・小喬(しょうきょう)の姉妹を手に入れ、周瑜(しゅうゆ)と分け合って妾(めかけ)にしたのもこの時のこと。こうして旧袁術軍の残党も、孫策はそっくり手に入れた。

 

■北上を見据えたタイミングで暗殺

 

 しかし、そんな孫策の行く手に暗雲が立ち込める。きっかけは呉郡太守・許貢(きょこう)の殺害だ。あるとき許貢は、急激に勢力を伸ばす孫策を警戒し、朝廷に対して「孫策は傑出した勇武の持主で、項羽(こうう)に似ています。地方に放っておけば禍いとなりましょう」と上表。これを知った孫策は激怒して許貢を殺害してしまった。

 

 もちろん許貢にも縁者がいる。彼の息子(末っ子)は、父の食客の手を借りて密かに逃れ、復讐の機をうかがう。すると、ほどなく好機が到来。ノコノコと単騎で出ていた孫策と、許貢の食客がばったり遭遇。油断していた孫策は致命傷を受け、まもなく息を引き取った。折しも曹操が袁紹(えんしょう)との激戦(官渡の戦い)に臨むところで、孫策はその背後を突こうと画策していた。まさに「これから」というタイミングで退場してしまうのだ。

 

 孫策を討った、手練れと思われる食客の名前は伝わっていない。待ち伏せしていたのかもしれない。護衛の周泰(しゅうたい)は、すでに孫権にSPとして張り付いていたし、防ぐすべもなかった。

 

実在の道士・于吉は、孫策の死に関与したのか?

 

 小説『三国志演義』では、この孫策の死にアレンジが加わる。それが于吉(うきつ)という道士の出現である。于吉は不思議な術を使い、民の人気を集めた。それを妬んだ孫策は彼を殺してしまい、その亡霊に悩まされる。刺客に襲われるのも于吉の祟りだったかのように描かれている。だがこの話、まったくの作り話でもなく、正史『三国志』に引用される『捜神記』(そうじんき/4世紀の怪異譚)にも同様の話がある。

 

 複数の歴史書に登場する于吉は、実在した人物と思われる。先の連載に紹介した太平道(たいへいどう)の張角(ちょうかく)、五斗米道(ごとべいどう)の張魯(ちょうろ)と同門あるいは先輩かもしれない。

 

 于吉は道教の修行をし、神書『太平清領道』百余巻を手に入れた。のちの寺院のような精舎(しょうじゃ)を建て、香を焚き、符や神聖な水を用いて病気の治療は、太平道などと同様の呪(まじな)いと思われる。

 

 先に述べた劉勲討伐の話に「宗民」という1万余の戸数を構える勢力が登場する。「宗民」が宗教勢力であったのか不明だが、そのような独立勢力がいたのは事実であった。孫策は躍進のなかで、ただでさえ敵を多くつくっていた。

 

 あくまで仮説ながら、許貢の食客とは彼ら信者が放った「刺客」であり、「于吉」とは信者の象徴的な存在だったのかもしれない。英雄孫策も宗教勢力とは無縁ではいられず、彼はそれをうまく制御できなかった。それが若さゆえの最期となってしまった、というのは考えすぎであろうか。

KEYWORDS:

過去記事

上永哲矢うえなが てつや

歴史著述家・紀行作家。神奈川県出身。日本の歴史および「三国志」をはじめとする中国史の記事を多数手がけ、日本全国や中国各地や台湾の現地取材も精力的に行なう。著書に『三国志 その終わりと始まり』(三栄)、『戦国武将を癒やした温泉』(天夢人/山と渓谷社)、共著に『密教の聖地 高野山 その聖地に眠る偉人たち』(三栄)など。

最新号案内

歴史人 2022年10月号

戦国大名の勢力変遷マップ

応仁の乱から大坂の陣まで、戦国武将の勢力変遷を「戦国変遷マップ」で読み解く一冊。約150年にもわたる戦国時代には、明応の政変や三方ヶ原合戦など、節目となった合戦や出来事があった。それらを交えながら、北条早雲や織田信長、武田信玄、豊臣秀吉、伊達政宗、そして徳川家康らがしのぎを削った時代の勢力図を分かりやすく解説。特別企画では、「早わかり日本史」などの書籍で知られる歴史作家の河合敦氏が、戦国時代の魅力について新しい視点で語ってくれる。人気の戦国時代を頭から終わりまで見通せる、保存版の一冊。