×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画

五大老と五奉行の上下関係に疑問符!? 実は五奉行の方が偉かった!【前編】

歴史研究最前線!#003


安土桃山時代に豊臣政権の中枢として機能したメンバーとして「五大老」と「五奉行」が知られている。両者が誕生した背景と、実際の関係性について考察してみたい。


 

簡単な上下関係ではない? 五奉行・五大老の格

関係図

徳川家康・前田利家・小早川隆景・浅野長政・石田三成・増田長盛/国立国会図書館蔵、上杉景勝/都立中央図書館特別文庫室蔵

 関ヶ原合戦を語るうえで重要なことは、五大老と五奉行の存在である。通説では、五大老と五奉行がどのように認識されているのだろうか。

 

 五大老のメンバーは、最初は徳川家康、前田利家、毛利輝元、宇喜多秀家、小早川隆景の5名だった。慶長2年(1597)6月に小早川隆景が没すると、上杉景勝が代わりに五大老に加わった。慶長4年閏3月に前田利家が死去すると、嫡男の利長が跡を継いで加わった。こうして五大老の面々が固定化する。

 

 五奉行のメンバーは、最初から前田玄以、浅野長政、石田三成、増田長盛、長束正家の5名で構成されていた。

 

 五大老や五奉行が設置された理由は、秀吉の病に伴って、後継者である幼い秀頼をサポートする必要が生じたからだった。とはいいながらも、五大老と五奉行については、巷間ではいささかの誤解があるようだ。

 

 いささか古い説によると、格上の五大老が豊臣政権の中枢を担い、格下の五奉行がその下で実務を担当したようになっている。五大老は数十万石の大名なので格上、五奉行は数万石から十数万石程度の大名なので格下、という考え方になろう。ごく普通に考えると、所領規模や動員できる軍勢を考慮すれば、そのような印象を持つのはいたしかたない。

 

 ところが、最新の研究では、五大老が格上で五奉行が格下という見解に異議が唱えられている。そのカギを握るのは、五大老と五奉行の職務上の役割になろう。その前に、まず五大老と五奉行の呼称について考えておきたい。

 

 五大老、五奉行という呼称は、そもそも江戸時代以降に用いられた一般的な名称に過ぎない。当時、五大老は「奉行」、五奉行は「年寄」と呼ばれていたと指摘し、通説に異議を唱えたのが阿部勝則氏の研究である(阿部:1989)。

 

 「年寄」は「宿老」とも称され、大名家の重臣に相当した。一方、「奉行」はそれよりも一段低く、上位者の命令を執行する立場にあった。「年寄」のほうが、「奉行」よりも一段高い存在だったといえる。阿部氏の指摘に従えば、これまでのイメージが覆る。

 

 阿部氏の研究を批判したのが、堀越祐一氏である(堀越:2016)。堀越氏は五奉行を「年寄」とする史料が存在する一方、あるときは「奉行」とする史料も数多く確認できたという注目すべき事実を指摘した。したがって、阿部氏によって指摘されたことは、決して正しいとは言えなくなったのである。では、どのような場面で、彼らは「年寄」あるいは「奉行」と呼ばれたのだろうか。

 

 石田三成ら五奉行のメンバーは、五大老のことを「奉行」と呼んでいた。しかも彼ら五奉行は、自分たちのことを決して「奉行」とは呼ばず、自分たちを指して「年寄」と呼んでいた。逆に、家康らの面々は、五大老を決して「奉行」と呼ぶことはなく、五奉行のことは「奉行」と呼んでいた。そして、五奉行のことを決して「年寄」と呼ばなかったことが明らかになっている。

 

 つまり、家康ら五大老は三成らが「年寄」であるとは認めておらず、自分たちが「奉行」であるとは思いもしなかっただろう。五大老にとって、三成ら五奉行は格下の存在に過ぎなかった。

 

 一方、三成ら五奉行は、相対的に自分たちの方が身分の高い「年寄」であることを自認し、家康ら五大老を「奉行」と呼んでいたのである。それは、五奉行こそが豊臣家の重臣たる「年寄」であることを強調し、家康ら五大老は秀頼に仕える「奉行」に過ぎなかったことを示したかったと考えられる。

 

 結論を言えば、「年寄」あるいは「奉行」という呼称は、それぞれの政治的な立場を自認して用いられたと指摘されている。

 

 

【主要参考文献】
 阿部勝則「豊臣五大老・五奉行についての一考察」(『史苑』49巻2号、1989年)

 堀越祐一『豊臣政権の権力構造』(吉川弘文館、2016年)
 渡邊大門『関ヶ原合戦は「作り話」だったのか―一次史料が語る天下分け目の真実―』(PHP新書、2019年)

KEYWORDS:

過去記事

渡邊 大門わたなべ だいもん

1967年生。佛教大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。現在、株式会社歴史と文化の研究所代表取締役。『本能寺の変に謎はあるのか? 史料から読み解く、光秀・謀反の真相』(晶文社)、『清須会議 秀吉天下取りのスイッチはいつ入ったのか?』(朝日新書)『真田幸村と大坂夏の陣の虚像と実像』(河出ブックス)など、著書多数。

最新号案内

歴史人 2022年10月号

戦国大名の勢力変遷マップ

応仁の乱から大坂の陣まで、戦国武将の勢力変遷を「戦国変遷マップ」で読み解く一冊。約150年にもわたる戦国時代には、明応の政変や三方ヶ原合戦など、節目となった合戦や出来事があった。それらを交えながら、北条早雲や織田信長、武田信玄、豊臣秀吉、伊達政宗、そして徳川家康らがしのぎを削った時代の勢力図を分かりやすく解説。特別企画では、「早わかり日本史」などの書籍で知られる歴史作家の河合敦氏が、戦国時代の魅力について新しい視点で語ってくれる。人気の戦国時代を頭から終わりまで見通せる、保存版の一冊。