×
日本史
世界史
連載
ニュース
エンタメ
誌面連動企画
通販

極北フィンランドで大活躍した戦闘機「トリコロールの空の騎士」:モラン・ソルニエMS406

フィンランド空軍戦闘機列伝 第4回 ~祖国を守った極北の異色ファイターたち~


同盟国のドイツ経由で、降伏したフランス空軍機を手に入れたフィンランド空軍。フランス生まれの華麗な戦闘機は、撃墜した敵戦闘機のエンジンを搭載することで、高い戦闘力を持つファイターに変身した。


ソ連との継続戦争時、積雪の飛行場で出撃準備中のフィンランド軍で運用されるモラン・ソルニエMS406。

 

 フランス航空省は19347月、新型単座戦闘機開発計画C1を発表。これに、同国の航空産業界の名門モラン・ソルニエ社が提出したプランが選ばれた。

 

 本機の尾部の降着装置には、尾輪ではなく前大戦時の航空機で多用されたテールスキッドが使われ、機体構造も鋼管フレームで組まれた胴体に外板を張り付けるというもので、特に胴体後部から尾部にかけては羽布張りという、当時でもやや古い設計だった。搭載されたエンジンは、860馬力のイスパノスイザ12Y31液冷である。

 

 193588日、試作機MS.405-01の初飛行が成功。続くフライトテストの結果を各部に反映させたMS.40515機、19382月から6月にかけて生産された。そしてその後に、量産型となる本命のMS.406の生産が始まった。

 

 第二次世界大戦が勃発した193991日の時点で、MS.406はフランス空軍の主力戦闘機だった。しかしドイツの主力戦闘機メッサーシュミットBf109の敵ではなく、かなりの苦戦を強いられた。

 

 フィンランドは、ソ連との戦争に際して、1940年にフランスから直接MS.406を入手すると戦闘に投入。さらにフランス降伏後は、ドイツを経て追加の本機を入手した。しかし、戦時下の航空機の性能向上は著しく、本機の旧式化は否めなかった。

 

 最良の改善策は、航空機にとっての「心臓」であるエンジンを、より高性能のものに換装することだ。そこでフィンランド航空技術陣は、とんでもない奇策を考えつく。それは、なんと撃墜したソ連機のエンジンを回収し、それを修理してイスパノスイザ12Y31と載せ替えるというものだった。

 

 実は当時、ソ連機に搭載されていたクリモフM-105P液冷エンジンは、かつて同国がM-100の名称でライセンス生産していた12Y31を、同国で独自に発展させた改良型だったのだ。そのため、12Y31と容易に換装できたのである。

 

 かくして12Y31に代えて出力が向上したM-105Pを搭載したところ、MS.406の性能も向上。フィンランド空軍ではメルケ・モランまたはラグ・モランの愛称で呼ばれ、大いに活躍したのだった。なお、前者のメルケとはフィンランド語で「幽霊」の意、また、後者の「ラグ」はソ連製LaGG-3戦闘機のエンジンが、換装に用いられたM-105Pだったことによる愛称である。

 

 

KEYWORDS:

過去記事

白石 光しらいし ひかる

1969年、東京都生まれ。戦車、航空機、艦船などの兵器をはじめ、戦術、作戦に関する造詣も深い。主な著書に『図解マスター・戦車』(学研パブリック)、『真珠湾奇襲1941.12.8』(大日本絵画)など。

最新号案内

歴史人 2021年12月号

武田三代 栄華と滅亡の真相

戦国最強騎馬軍団を率いた甲斐源氏・名門武田家はなぜ滅亡したのか? 甲斐統一から甲州征伐まで、その全軌跡を追う。 甲斐統一を成し遂げた武田信虎、戦国の世にその名を轟かせた武田信玄、父の名声と戦い続けた武田勝頼。甲斐武田家に隆盛をもたらした三代に改めて迫る。信玄の天才ぶり、君主を支えた家臣団の実力、武田家にかかわった女性たち…など、武田家にまつわるすべてを徹底解説する。